新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

手つかずのポリネシア文化が残る島|南太平洋の楽園、クック諸島へ[PR]

ニュージーランドとハワイのちょうど中間に位置するクック諸島。ポリネシア文化が色濃く残るこの島々には、美しい海と人々の優しい笑顔があふれている。何も飾らないそのままの姿がそこにある。

美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。

美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。

人々が「キア・オラナ」(こんにちは)と屈託のない笑顔で話しかけてくる。ここは南の楽園と呼ばれるクック諸島の中心地、ラロトンガ島。15の島々からなる人口1万8000人のクック諸島は、年間16万人が訪れるリゾートアイランド。その旅行者のほとんどはニュージーランド人で、日本人の旅行者はわずか500人程度だ。

山沿いに広がるタロイモの畑。島の主食のひとつで、水を引いた畑で育てられ、さまざまな料理に用いられるポピュラーな食材だ。

山沿いに広がるタロイモの畑。島の主食のひとつで、水を引いた畑で育てられ、さまざまな料理に用いられるポピュラーな食材だ。

クック諸島の名は、かの「キャプテン・クック」に由来するが、彼はこの島には上陸しておらず、この海域の地図を製作したロシア人が命名したという。南太平洋に住むポリネシアの人々はアジアからタヒチを経由してニュージーランド、ハワイ、イースター島に至る広大な海域を旅し、定住した。

彼らはモンゴロイドに属しており、蒙古斑があるという。家族のつながりを尊重し、もてなしの心を大切にするという日本人に通ずるメンタリティがあり何か懐かしい感じを覚える。

ラロトンガ島は、マオリの言葉で「ラロ」が下の方向や果て、「トンガ」が南を意味する。この島は周囲約30kmの小さな島で、車で1時間もあれば一周でき、中心地のアバルアは銀行や警察、商店などが並ぶが繁華街のようなものはなく非常に質素だ。島には信号はなく、ヤシの木より高い建物もない。美しい海と豊かな自然、そして人々とのふれあいがこの島にはある。島の周囲は遠浅のラグーンが広がっており、美しい砂浜にはビーチリゾートが点在している。

島で公演されるポリネシアンダンスショー。ラロトンガ島の歴史を表現したダンスが披露される。

島で公演されるポリネシアンダンスショー。ラロトンガ島の歴史を表現したダンスが披露される。

カラフルなウクレレは土産物として人気がある。ラロトンガ島で作られており、専用の工房もあって輸出もされている。

カラフルなウクレレは土産物として人気がある。ラロトンガ島で作られており、専用の工房もあって輸出もされている。

興味深いことに、外資系の有名リゾートホテルは存在せず、地元のホテルのみだという。クック諸島では外国人への土地の売買が禁じられており、所有権も親族で相続する。ホテルが立つ土地もリースで、契約期間は60年となっている。この島には「作られたリゾート」という印象はなく、手つかずのポリネシア文化を肌で味わえる貴重な存在といっていいだろう。

クック諸島のコインは3種類。2クックドルコインは世界で唯一という三角形で、お土産にも喜ばれる。

クック諸島のコインは3種類。2クックドルコインは世界で唯一という三角形で、お土産にも喜ばれる。

ラロトンガ島へはニュージランドのオークランドから空路で約3時間半。他にシドニーやタヒチからの便もある。

ラロトンガ島へはニュージランドのオークランドから空路で約3時間半。他にシドニーやタヒチからの便もある。

美しい海と山、マオリの人々の暮らしと笑顔に触れる

装飾などに使われる「コピ」と呼ばれるジンジャーフラワー。

装飾などに使われる「コピ」と呼ばれるジンジャーフラワー。

海沿いのメインロードから一歩山側に入ると、バックロードと呼ばれる生活道路が通っている。通り沿いにヤシが生い茂り、タロイモやバナナ、キャッサバの畑などが点在する。道行く人は「キア・オラナ」と、笑顔で挨拶を交わし、のんびりとしたどこか懐かしい風景が広がる。

山沿いのバックロードにはヤシなど南国の植物が生い茂り、のんびりとした風景が広がる。

山沿いのバックロードにはヤシなど南国の植物が生い茂り、のんびりとした風景が広がる。

島には特産品の工房が多く、貝や木を用いた工芸品や特産のココナッツを使った個性豊かな製品が作られている。黒蝶貝を使ったアクセサリー、ウクレレやマオリの伝統的な木工品、ココナッツオイルに石鹸、ヤシの葉を編み込んだアクセサリーなど、島ならではの素朴な製品が揃う。見学できる工房もあり、その製法など興味は尽きない。

名産品のココナッツオイルは、繊維を乾燥させて水分を飛ばしてからオイルを搾り取る。

名産品のココナッツオイルは、繊維を乾燥させて水分を飛ばしてからオイルを搾り取る。

ココナッツの石鹸もクック諸島の名産品で、丁寧にひとつひとつ手作りされる。肌に優しく、保湿や抗菌作用に優れている。

ココナッツの石鹸もクック諸島の名産品で、丁寧にひとつひとつ手作りされる。肌に優しく、保湿や抗菌作用に優れている。

100%ピュアココナッツオイルや、唐辛子やライム風味を加えたフレーバーオイルが揃う。

100%ピュアココナッツオイルや、唐辛子やライム風味を加えたフレーバーオイルが揃う。

クック諸島の人々は、そのほとんどがクリスチャンだ。イギリスの宣教師がキリスト教を伝えて以来、マオリの人たちはそれまでの土着の信仰を捨てて、改宗したという。日曜日には正装をして村の教会へ礼拝に訪れるのが、彼らの習慣となっている。礼拝には旅行者も参加することができるので、マオリの言葉で歌われる讃美歌の美しいハーモニーに耳を傾けてはいかがだろう。

ラロトンガ島には村ごとに教会があり、日曜日には多くの人が教会へ礼拝に訪れる。マオリの言葉で歌われる讃美歌が響く。

ラロトンガ島には村ごとに教会があり、日曜日には多くの人が教会へ礼拝に訪れる。マオリの言葉で歌われる讃美歌が響く。

世界一美しいといわれる珊瑚の島、アイツタキ

アイツタキ島は、透明度の高い珊瑚礁に囲まれた穏やかな海でシュノーケリングが楽しめる。Photographer:David Kirkland

アイツタキ島は、透明度の高い珊瑚礁に囲まれた穏やかな海でシュノーケリングが楽しめる。Photographer:David Kirkland

ラロトンガ空港から飛行機で約40分で到着するアイツタキ島。広大な美しいラグーンが広がり、点在する島々を巡るクルーズが人気だ。クルージングで訪れるワンフットアイランドは、世界で唯一無人島に郵便局がある島として知られている。ここでは島名にちなんだ足形のスタンプを押してくれる。

船内ではマオリの伝統料理や特産の果物が味わえるランチが用意されている。

船内ではマオリの伝統料理や特産の果物が味わえるランチが用意されている。

足形のスタンプつきの絵はがきは旅の記念に最適だ。

足形のスタンプつきの絵はがきは旅の記念に最適だ。

クック諸島7日間ツアーの概要

クック諸島へ安心して旅行できる、添乗員同行の阪急交通社のツアー例を紹介する。ラロトンガ島、アイツタキ島の2島を巡って美しい景色を堪能し、島の人々の暮らしを垣間見られる。7日間プランで38万9800円~。

クック諸島7日間ツアー

クック諸島へは快適で安全なニュージーランド航空で

日本路線は、主にボーイング787-9型機が運航。ニュージーランドへの直行便、東京(成田)~オークランド線は毎日運航。フライトは約10時間半。

日本路線は、主にボーイング787-9型機が運航。ニュージーランドへの直行便、東京(成田)~オークランド線は毎日運航。フライトは約10時間半。

ニュージーランド航空はニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋、北米、ヨーロッパそして南米の18か国50以上の都市へ直行便を運航し、日本からニュージーランドへ唯一の直行便を運航している。商品・サービス・安全性の高さにより世界中で高い評価を得ており、5年連続エアライン・レイティングス・コムの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるなど、国際的な賞を多数受賞しているエアラインだ。機内エンターテインメントも充実しており、最新のシステムにより、映画・音楽の視聴や飲み物・スナックの注文、買い物などが楽しめる。

プレミアム・エコノミーは、オーダーメイドの豪華なレザーシートでゆったり快適。長時間のフライトも苦にならない。

プレミアム・エコノミーは、オーダーメイドの豪華なレザーシートでゆったり快適。長時間のフライトも苦にならない。

ニュージーランドなら ではの、あたたかくフレンドリーなおもてなし。乗った瞬間からニュージーランドの気分が味わえる。

ニュージーランドならではの、あたたかくフレンドリーなおもてなし。乗った瞬間からニュージーランドの気分が味わえる。

取材・文・撮影/石津祐介
協力/クック諸島観光局 http://www.go-cookislands.jo ニュージーランド航空 https://www.airnewzealand.jp/ 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP