写真はイメージです。

2021年6月に千葉県八街市の路上で、小さな子どもたちが飲酒運転のトラックにはねられる事故も起きるなど、飲酒を原因とした悲惨な事故は後を絶ちません。2022年の道路交通法の改正では、事業者の安全運転管理者に対してアルコールチェックが義務付けされましたが、飲酒してから数時間後には、アルコールが体内から抜けると思っているドライバーは少なくありません。そこで、飲酒が運転に与える影響や翌朝の酒気残りによる影響について、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は運転シミュレーターを使用し検証しました。
(JAFユーザーテスト:https://youtu.be/Wa0d8DdoOzM

飲酒による視覚への影響を検証するために トビー・テクノロジー社製アイトラッキングを使用
株式会社アイロック社製 T3R VRドライビングシミュレーター使用
実験に参加したモニター6人

テスト1:飲酒前と直後、翌朝における運転能力を比較検証

飲酒前と直後、翌朝(飲酒開始から10時間後)の運転操作を運転シミュレーターで確認し、飲酒による影響を検証しました。また、アルコール検知器で呼気アルコール濃度を測定し、歩行時のふらつきについても確認しました。

結果

飲酒直後は飲酒前と比べ、以下のような傾向が見られました。

・ハンドル操作が雑になり、壁にぶつかったり、まっすぐ走れなかったりした
・アクセル操作がスムーズにいかなくなり、急加速したり、またブレーキ操作が雑になった
・確認や判断ミスが多くなり、事故を引き起こす人もいた

飲酒直後だけでなく、翌朝も飲酒前と比べ、操作ミスや確認・判断ミスが増加。「呼気濃度は出なかったが、体にだるさが残っている。運転もいつもよりパフォーマンスが落ちている感じがあった」という意見があった。

テスト2:飲酒後、視覚機能(視野の広さや目の動き)にどのような影響があるのか?

飲酒による視覚機能の影響を調べるためにアイトラッキング(眼球の場所と向きからどこを見ているのかを表示できる装置)を使用し、飲酒前と直後、翌朝の状況を運転シミュレーターで検証しました。歩行者や自転車、対向車などの見落としがないか、首を振って注視をしているか、危険な運転操作や対応できなかったことはないかを検証しました。

結果

飲酒前は首を振って目視確認していたモニターも、飲酒直後、翌朝ともに左右やミラーの確認が疎かになり、前方の狭い範囲の確認となったため、死角から飛び出してきた子どもや自転車とぶつかりそうになったり、事故に発展したりしました。

飲酒は車を運転するために必要な視野を狭めたり、判断能力にも影響を及ぼし、飲酒した翌日にまで続く可能性があります。「お酒に強いから大丈夫」「短い距離なら事故なんてしない」ではなく、お酒を飲んだら絶対に運転せず、公共交通機関や運転代行を利用しましょう。飲酒した翌日にアルコールが検出されなくても、体調が優れない場合は運転を控えましょう。周りの人たちがこれから運転する人に飲酒を勧めない・飲酒した人に運転させないことも重要です。

 

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店