関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、熟年夫婦、そして我が子や孫を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

2022年8月に厚生労働省は「2020年に離婚した夫婦のうち、20年以上同居した夫婦の割合が21・5%に上り、統計のある1947年以降で過去最高になった」と発表した。いわゆる「熟年離婚」が増えているのだ。

同居期間が20年以上の夫婦の離婚割合は、調査が始まってから約70年間、上昇傾向にある。1990年13・9%と比べても、約1.5倍に増えている。

今回の依頼者も「妻の様子がおかしいんです」と、山村氏のところに電話をかけてきた。

浩司さん(60歳・会社役員)は、妻とは結婚30年、特に問題もなく過ごしてきたというが、いったい何があったのだろうか。

妻はミュージシャンと交際していた

浩司さんと妻は、新卒で勤務した上場企業の同期社員だったと言います。まずは、出会いから伺いました。

「妻は港区で生まれ育ったお嬢様で、重役のコネでウチの会社に入ったという噂もありました。見た目は平凡なのですが、オーラが“高嶺の花”という感じ。頭がよくて、華やかで、機転が利く。人間としてのパワーがあって視野が広い。結婚する前は、人気ミュージシャンと交際していましたが、彼女が29歳のときに、別の女性と結婚してしまったんです」

妻はミュージシャンと結婚するつもりでいたのでショックを受ける。

「その頃は生活も荒れていたみたいですね。仕事も手につかなくなり、かなり深酒をしていたみたいなんです。僕は当時、青山に住んでいる女性と交際していたんですが、その子と大喧嘩をして、真夜中に帰宅することになりました。あれは深夜3時くらいかな。タクシーを拾うために大通りに出たのですが、彼女が道の片隅で寝ていたんです。これは危ないと家に連れて帰って介抱しました」

当時の妻は、失恋のショックを忘れるために、かなりの量の酒を飲んでいたそうです。

「土日はずっと僕の家にいて寝ており、翌日の月曜日に一緒に出勤しました。それを見ていた同期から“お前たち、付き合っているの?”と言われ、そういう流れになってしまったのです」

妻は創業一家の親戚だったので、一度そういう話が出ると、結婚に向かって進んでいったそう。

「向こうの両親にしてみれば、失恋して荒れ放題の娘を野放しにしておくなら、身元がしっかりしている僕に押し付けたかったんでしょうね。僕は両親が公務員だし、実家も埼玉で近く、兄がいる次男です。健康状態もよく、親類も似たり寄ったりな地味な家系。妻の親にしてみれば、もっといいところの息子と結婚させたかったんでしょうけれど、僕で手を打ったんでしょう」

【妻への束縛と、穏やかな結婚生活……次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店