関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、肉親を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

***

書置きを残し、40歳の独身娘が姿を消した……

今回の相談者は、不動産オーナーの神原正親さん(仮名・72歳)。40歳の娘が「探さないでください」という意味の手紙を残して、家出してしまったことから、私たちに調査を依頼。

「警察に行ったんですが、“書置きもあるし、お嬢さんは明確に家を出る意思がある”と言われて、調査はしてもらえませんでした。地元の探偵さんに頼んでも見つからず、あなたならできると思って恥を忍んでここまで来たのです」

正親さんは甲信越地方の自宅から、クルマを飛ばして横浜までいらっしゃいました。まず、家族関係について伺いました。

「妻と長男と娘です。妻も娘のことは心配しています。長男はドイツ人女性と結婚して、向こうにいます。もう15年以上も会っていません」

そう言って、正親さんはタバコに火をつけました。私たちの事務所は禁煙なのですが、あまり気にされないようでした。

お話されている様子から、かなりの亭主関白と拝察します。

「娘は大学を出てからずっとウチで仕事をしています。もともと体が弱いので、外の会社に勤めるなんてムリなんですよ。さっさと結婚させようと思って相手を見つけてくると、難癖をつけて断ってしまう。コロナの前までは、妻や友達と一緒に、海外旅行に行ったり買い物したりと楽しんでいたのですが、ここ1年くらいは友達も結婚し子供ができたりして、ふさぎ込むようになってしまった」

娘さんには、恋人がいたことはあるのでしょうか。

「そりゃいますよ。東京に一人で住んでいたこともあったし、結婚したいという男が3人くらいウチに来たことがありました。彼らの勤務先は、商社勤務、官僚、広告代理店だったかな。でもどいつもこいつもダメ。顔はいいかもしれないけど、年収が低すぎる。娘に“この男と結婚したら、オマエが外で働いて生活費を払うんだぞ”と言ったら、娘は“それは嫌だ”と言うので、断ってしまった」

父である正親さんが、家の格が釣り合う男性を探してくると、今度は娘が気に入らない。

「そうこうするうちに、15年が経過し、このままずっと娘はウチにいるのだろうと安心していたら、突然、いなくなってしまったのです」

家出人の調査のキモは、パソコンの履歴次のページへ続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品