サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、ドラックストアでパートの仕事をしながら、旦那さまと小学生の娘さんとの3人で暮らしている麻子さん(仮名・39歳)。大阪府出身で、両親との3人家族。元々良くなかった両親の仲は父親の不倫が決定的になったことでさらに悪化。母親はわかりやすく父親の悪口を娘の麻子さんに言うようになり、離婚しない足かせになってしまっていると麻子さんも自分を責めるようになってしまいます。

「母親は昔から私のことを否定し続けていました。でも、母親も仕事をしていたからその言葉を浴びるのはたまにでよかった。でも、父親の不倫がわかると母親は私により干渉するようになりました。一方の父親のほうは私が不倫の事実から気持ち悪いと思って避けるようになってからは何の会話もありません。ただ一緒に同居しているだけ。そんな父親のことを母親は『財布』と呼んでいました」

「家に居ろ」「あんな男と結婚するな」と自由を奪い続ける母親

大学卒業後は実家から通える距離の輸入雑貨を扱う企業に就職。仕事を始めてから何度も実家を出ることを計画したものの、母親から懇願されて断念することが続いたとか。

「思えば、最初から実家から通える距離で選んだことが間違いだったんですよね。いっそのこと東京とかに行けばよかった。最初はお金もないとか自分で家に居ることに何か理由をつけていました。それが正しい選択だと自分で思い込みたかったんです。でも、どんなに仕事で遅く帰ったとしても寝ずにご飯を待っている母親を見ると、申し訳ない気持ちと負担が強くなっていって……。仕事が忙しくなるからと、1人暮らしをしたい旨を遠回しに伝えると、母親は駅まで車で迎えにくるようになりました。そこまでされたら家を出るなんてできないですよ」

麻子さんが家を出るきっかけは結婚でした。職場で出会った男性と付き合い、交際期間2年で結婚に。実家に挨拶に連れて行った時は愛想良くしていた母親ですが、相手が帰ってからは文句が続いたそう。

「挨拶は母親にしかしていません。夫の家は母子家庭で、弟は異父兄弟など少し複雑な感じで、私の家族のこともすべて話していました。だから父親には私が会ってほしくないと伝えたらそれを受け入れてくれました。

母親は夫がいる時は愛想良く、いつも通りに『こんなかわいくない娘をもらってくれてありがとう』とか悪口を挟んでいたんです。私はいつものことだと、夫に対しては失礼がなければそれでいいと受け入れていたんです。それなのに、夫が帰った後は自分の家のことを棚に上げて、母子家庭のことや、私が稼いでいないことも合わせて皮肉る感じで同僚の相手が稼いでいるわけない、苦労すると散々夫の悪口を言いました。父親のことを『財布』だと呼ぶ人に夫の良さがわかるわけもないんです。この件できっぱり親を捨てる覚悟ができました」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア