サライ.jp

不倫する人の行動特徴は何? 不倫を疑った方が良い相手の行動を男女100名に調査。9パターンの行動を紹介。

弁護士相談プラットフォーム「カケコム」を運営する株式会社カケコム(http://company.kakekomu.com/)は、配偶者に不倫をされた経験を持つ男女100名を対象に、「不倫された経験を踏まえ、パートナーがどんな行動をしていたら不倫を疑った方が良いと思うか」をアンケートしました。

「突然優しくなる」「特定の曜日に外出が増える」「口数が急に減る・増える」は危険信号?

実際に不倫された経験者100名が語る実際に不倫をしていた配偶者の行動9パターンご紹介します。
「不倫を疑っているけれど確信が持てない」「実際に不倫していた人の行動がどんなものなのか知りたい」という人はぜひ参考にしてみてください。

【調査概要: 実際に不倫された経験者100名にアンケート】

1:生活パターンが変わった

不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動は、生活パターンが変わるというものです。
仕事を理由に外出の頻度が増えたり、今まではまったくなかったのに突然休日出勤が始まった場合は、警戒が必要かもしれません。

50代女性:いつもの生活パターンが変わること。いままで会社からまっすぐ帰ってきたのに、残業やら会食が増えていく。日曜出勤もほとんどないのに、ある日から、たびたび日曜出勤がある。
30代男性: 生活リズムの変化。いつも寝る時間が自分より早かったのにこちらが寝るのを確認するようになった。

特に、下記の意見のように、決まった時間に新しい習慣が加わった場合は特に注意が必要な場合があります。

30代男性:​妻に不倫をされました。毎週金曜日という決まった日に家をあけるようになりあやしいと感じました。

2:コミュニケーションに変化がある・機嫌を取るような言動をする

不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動は、不自然に口数が減ったり、反対に増えたりした場合、態度が妙によそよそしかったりする場合などです。
口数の変化だけでなく、こちらの機嫌を取るような発言をしている場合は、不倫の罪悪感からそのような言動をしていることも考えられます。

40代男性:​不可解な行動にたいして何も説明をせず口数がへってきたら。
20代男性:急に口数が増えたり不自然にこちらの機嫌をとるようになったらかなり怪しいです。
30代男性:​パートナーからちょっとした連絡が増え、機嫌を伺ってくるような言動をしてくると不倫を疑った方が良いです。
20代男性:自宅での会話がよそよそしい、電話の際に別の部屋に行ってしまうなどです。

さらに、突然、特定の異性の話題が出始めた場合も、要注意かもしれません。

40代女性:妙に口数が増える。いつもより浮かれている。一時、会社などの女性の話をサラっとしたかと思ったら、その後全くその話に触れなくなる。
40代女性:​ある特定の人の話題が増えてきたとき。

3:話している内容や行動に矛盾がある

不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動3つ目は、話している内容や行動に矛盾があるというものです。
不倫をごまかすために事実とは違う話や予定を伝えていた場合、後々確認してみると話や行動に矛盾が見つかる場合があるようです。

20代女性:話していたことが、前と違った時。
30代女性:出張といいながら違う行動をとっていた。

4:以前より身だしなみを気にしている

これは特に分かりやすい変化ですが、不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動4つ目は、以前より明らかに配偶者の服装やメイク、下着に気合が入り始めた場合も不倫を疑った方が良いそうです。

40代女性:​やたら身だしなみに気をつけるようになった。
​30代男性:やたらと下着にこだわるようになったとき。
30代男性:メイクを変えた時。

さらに、服装だけでなく、匂いの変化がある場合も不倫している可能性があるようです。

40代男性:服装や化粧や香水を気にすることが多くなる。
20代女性:残業といって遅くなった時に匂いが違ったとき

5:スマホを異常に持ち歩く・パスワード変更の頻度が高い

不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動5つ目は、スマホを異常に持ち歩いたり、パスワード変更の頻度が高いというものです。

20代女性:​​お風呂場やトイレにスマホを持って行ったりスマホの画面を下にして置いてあれば疑った方が良いと思います。 携帯を肌身離さず持ち歩いていることや、ロックをかけていること。画面を隠すように操作しているなど。

また、不倫相手とは会社等の身近な関係性の中だけで生まれるものではありません。
今は出会い系アプリやチャットアプリ等もあり、そこから関係が発生して不倫になる可能性も考えられるため、スマホに入っているアプリや通知にも注意が必要なようです。

20代女性:スマホにロックをかけ始めた、またはスマホのパスワードがたびたび変更されている。 パスワードが誕生日や記念日ではなくなったなども疑った方がいい。 また、見かけないチャットアプリや画像取得アプリの通知も見逃さないようにしたほうがいい。

6:性交渉に関して変化がある

不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動6つ目は、性交渉に関して変化があるというものです。
特にあからさまに頻度が少なくなった場合には注意が必要なようです。

20代男性:夜の営み等がなぜか急に少なくなってきた時は不倫を疑った方が良いと思います。
40代男性:セックス中に今までとは全然違う動きを要求してくるとき。
30代男性:Sexレスになった。

7:態度が冷たくなる

不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動7つ目は、相手の態度が冷たくなるというものです。

30代女性:あからさまに態度が冷たくなった。
20代女性:少し冷たく、何度も私の携帯をチェックしたり、「僕が浮気したらどうする?」などの普段しない質問をしてくるようになる。

8:連絡が取れない時がある

不倫された当事者が語る、相手が不倫していると疑うべき行動8つ目は、相手と連絡が取れない時があるというものです。
日中に数時間連絡が取れない程度であれば問題はないかもしれませんが、夜で仕事などの都合がないのに連絡が取れなかったり、何度連絡しても出なかったりする場合は、注意が必要かもしれません。

30代女性:急に携帯にロックをかけたり、どこに行くにも持っていき、遊びに行くと言って行き先を言わずに夜中まで帰らず連絡がとれない時。
40代男性:連絡がとれなくなるときがしばしばでてくる(電話にでない)。

9:その他

こちらは少なかった意見ですが、ある時期から急に優しくなったり、手伝ったりし始めた場合は、不倫を疑った方が良いようです。

30代女性:普段ならしないような家事なども手伝い始めました。

また、お金の使い方に変化がある場合も注意しましょう。

40代女性:お金の使い方が荒くなったりした時。
50代女性:夜の帰りが遅く、お酒を飲んで帰ってくることが続いたら怪しむべき。タクシーの領収書が高いと相手の家まで送ってきた可能性あり。

いかがだったでしょうか?

もし相手の不倫が発覚し、離婚や慰謝料請求を考えている場合は、弁護士へ相談することも視野に入れてみてください。
弁護士に依頼することで裁判でも認められる有効な離婚の証拠を集めたり、損せず、適正な金額での慰謝料請求が実現できる可能性があります。

些細なことでも相談に乗ってくれる弁護士もいますので、少しでも迷ったり、サポートしてほしい場合は、一度弁護士に相談してみましょう。

出典元:カケコムの記事(https://www.kakekomu.com/media/8686/
※法律相談プラットフォーム「カケコム(https://www.kakekomu.com/)」では、多数の弁護士が登録しています。些細なトラブルでも、ぜひお気軽にカケコム登録弁護士へご相談ください。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア