新着記事

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

商人同士の口喧嘩が笑いのネタに!酢売りと薑(はじかみ)売り【狂言のなかの職人・商人 5】

『職人尽歌合(しょくにんずくしうたあわせ)』より酢造。国立国会図書館所蔵。

『職人尽歌合(しょくにんずくしうたあわせ)』より酢造。国立国会図書館所蔵。

中世の市(いち)には様々な物売りが店を開き、時には、商人同士の諍(いさか)いもあったようだ。『酢薑(すはじかみ)』は、酢売りと薑(はじかみ)売りが都の市で言い争いをする。

津の国からやってきた薑売り(アド)。同じ市で商いをしようとやってきた酢売り(シテ)に対し、自分の先祖は宮中から「商人司(あきうどづかさ)」という称号を頂戴しているから、「身共(みども)へ断りなしに売らすことはならぬ」と嫌がらせをする。すると酢売りは自分の先祖も商人司だと言い返し、お互いの系図自慢が始まる。

ここからは狂言らしい言葉遊びで、薑売りは、「唐橋を打渡り、から門に入り、唐竹椽(えん)に畏(かしこ)まる、その時唐紙障子をからりとあけ…」と薑の「辛さ」に掛けた言葉で物語る。酢売りも負けじと、「推古天皇の御時」と語り始め、「かすこまってすうらふ」などと「す」尽くしで対抗。

さらに、酢と薑の秀句(しゅうく)、今でいうダジャレの応酬を重ねるうち、互いに心が通って一緒に商売をしようと笑い合う、微笑ましい狂言だ。

薑は現在、生姜の別名と認知されているが、かつては山椒の別名だったという。また古い狂言本には、この狂言、『酢辛皮(すからかわ)』という曲名で記載されている。辛皮とは山椒の小枝を塩漬けにしたもので、調味料や薬として食されていた。

一方の酢売りは、「和泉の堺の酢売り」と名乗る。シテの台詞に「和泉酢は名物」とある通り、桃山時代まで酢と言えば、和泉酢がもっとも上質な銘柄として知られていたようだ。

西暦400年頃、朝鮮半島から酢の製法が港町・堺へと伝えられ、泉州(せんしゅう)・山直郷(やまたべごう)、今の岸和田あたりが和泉酢の産地として栄えたと伝わる。

酢売りと薑売りの、「毎年おびただしう売る事でござる」と言う台詞からも、中世の市の賑わいが見えてくるようだ。

写真・文/岡田彩佑実
『サライ』で「歌舞伎」、「文楽」、「能・狂言」など伝統芸能を担当。

※本記事は「まいにちサライ」2013年10月2日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP