新着記事

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

テレビ放送には、従来からあった地上波放送とBSとCSの衛星放送があります。衛星放送の中でもBS放送は基本的に無料で視聴でき、楽しんでいる方も多くいらっしゃることでしょう。

さて、BS放送のテレビ番組ですが、どのような局や番組が好まれているのでしょう? CCCマーケティング株式会社は、BS放送を視聴している全国の男女を調査対象とし、2019年6月3日(月)~6月30日(日)の期間中、BS民放5局をライブ・録画問わず視聴した人のデータを世代別に集計し、1か月間の視聴データを使って調査しました。すると、世代ごとに好きなTV局がはっきり分かれていることがわかりました。

それでは、さっそく結果をご紹介しましょう!

世代によって視聴しているテレビ局は様々!? BS民放5局視聴者分析BS民放5局視聴者分析BS民放5局視聴者分析

まずはテレビ局別の平均視聴時間の比率を表したデータから検証しました。横軸は全国の15~69歳の視聴傾向を基準(0%)としたときの、年代別の視聴傾向を棒グラフで表しています。

0%より低ければ、全国の視聴傾向より視聴している割合が少ない。高ければ、多いという見方になります。

10~40代では男女ともにBS日テレが存在感を示しており、地上波と同じくBSでも日テレ系列が人気ということがわかります。

一方、男性の視聴傾向に注目すると、10代はBS-TBS、20代はBS朝日、30代・40代はBSフジ、50代・60代はBSテレ東の視聴の割合が多いことがわかりました。世代ごとに好きな局がはっきりと分かれる面白い結果が表れました。BSを視聴する人は、BS各局でしか見ることができない番組を明確な目的をもって視聴しているのかもしれません。

各局の視聴傾向が年代で分かれていることを考えると、同じBS放送と言ってもそれぞれの年代の興味を引くコンテンツを持っていることが想像できます。この結果をさらに深堀りして、特に特徴が出ていた男性の各年代が視聴している番組をランキングで比較してみました。

各世代の男性が見ているBS放送番組はこれだ!世代によって趣味趣向がハッキリと表れる結果に

このランキングでは、2019年6月3日(月)~6月30日(日)の期間中に放送された番組を、視聴率が高い順に紹介しています。

今回はBS民放5局での放送時間が10分以上の番組を対象にデータを集計しています。全国のBS放送を視聴している男性20~60代はどのような番組を視聴しているのでしょうか。視聴率が高い順

20代のTOP5は、すべて野球番組という結果になりました。10年ほど前までは地上波を中心に放送されていたプロ野球中継ですが、最近はスポーツ専門チャンネルで試合終了まで放送されることが多くなっています。地上波放送が減った分、BS放送で野球を楽しむ人が増えているということがうかがえます。

 

30代のTOP5続いて30代のTOP5では、3つがスポーツ番組でした。1位は20代の野球中継とは異なり、サッカーワールドカップとなっております。しかし、特徴的なのは全世代のランキングで唯一「アンパンマン」がランクインしていることです。子育て世代でもある30代は、お子さんと一緒に視聴しているのかもしれません。

 

40代のTOP540代はサッカーワールドカップに大ヒット映画、車番組にゴルフ番組と、実に様々な種類の番組がランクインしていて、それぞれの趣味趣向がうかがえる結果になりました。様々な番組を楽しんでいる40代男性はテレビ好きなのでしょう。

 

50代のTOP5さらに50代では、TOP5のうち4番組が「おぎやはぎの愛車遍歴」でした。調査期間の放送回がほとんどランクインしているので、毎週欠かさず見ているのでしょう。BS放送を視聴する50代は、車が大好きな人が多いのかもしれません。

 

60代のTOP5最後に60代はTOP5すべてゴルフ番組という結果になりました。BSでしか放送されないゴルフトーナメントが上位に入りましたが、4位と5位の「ゴルフサバイバル」は女子プロゴルファーたちが賞金をかけてゴルフで争う番組です。ゴルフトーナメント以外でもゴルフ番組の存在感は際立った結果になりました。

世代ごとの番組ランキングを見ても、野球、アニメ、車、ゴルフなど、特徴的な視聴傾向があることが明らかになりました。BS放送のコアターゲットはシニア層と言われていますが、実は幅広い年代に楽しまれるコンテンツが豊富ということが明らかになりました。今回の分析結果からも、BS各局で放送されている多ジャンルな番組に対する視聴者それぞれの楽しみ方が表れています。

結論
男性のBS視聴は目的視聴!ここでしか見ることができない番組を見ている!

地上波放送と違いBSでしか放送していないからこそ、その放送局を選び番組を視聴しているのかもしれません。日テレ系列が強い地上波とは少し異なった分析結果となりました。健康食品や保険などのCMが流れているため、どちらかというと年配の方が視聴する傾向が強いというイメージを持たれるBS放送ですが、番組のジャンルごとに世代を超えた固定の視聴者層があることがうかがえます。これまであまり知られてこなかったBS放送について、興味深い知見を得られたのではないでしょうか。

※記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
※本調査では、個人を特定しない方法により統計データとして分析しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP