新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『ペロペロ』『あめや瓶』『ニッキ水瓶』|ブーム到来で数万円!?不揃いが愛しい「レトロガラス」の魅力【その2】

取材・文/前川亜紀

今、レトロなガラスアイテムが人気を集めています。戦前に流通した駄菓子のニッキ水の瓶、砂糖菓子の容器である『ペロペロ』、キューピーなどの形をした金平糖容器、家庭で使われていた『あめや瓶』など様々なガラス容器が注目されています。

そこで、駄菓子容器をはじめとする、レトログッズのコレクションで知られる入山喜良さんのコレクションルームを取材しました。

※コレクションルームの全容はその1で紹介しています。

1973年(昭和48年)ごろから45年以上かけて収集した貴重なコレクションの中から、今、ブームとなっている和ガラス見せていただきました。

入山喜良さん。明治から昭和初期にかけてのガラス瓶、ブリキのおもちゃ、時計、ランプ、ガラス瓶、駄菓子屋物など一万点以上所有。

入山喜良さん。明治から昭和初期にかけてのガラス瓶、ブリキのおもちゃ、時計、ランプ、ガラス瓶、駄菓子屋物など一万点以上所有。

●マニア垂涎の『ペロペロ』は市場に出回らない希少品

今、市場にほとんど出回らないほど人気が出ているのが、『ペロペロ』

「これは、大正時代から昭和20年ごろにかけて作られたものです。駄菓子屋売られており半固形状の水あめがはいっていました。食べた後は、ままごと道具として遊ぶ子供が多かったようです」(入山さん・以下「」内同)

ペロペロは捨てられることが前提。だから、今はほとんど残っていないのです。

ペロペロは詳しい文献がほぼ残されておらず、当時を知る人に話を聞くしか調査方法はないという。左奥にあるオレンジ色のものは、ガラスのこま。これも今はとても人気が高い。

ペロペロは詳しい文献がほぼ残されておらず、当時を知る人に話を聞くしか調査方法はないという。左奥にあるオレンジ色のものは、ガラスのこま。これも今はとても人気が高い。

「戦前に日本のガラス製品や食器が輸出されていました。特に、海外向けに作られた、ままごとセットは模様や、繊細な彩色が魅力です。30年ほど前までは、日本各地の骨董市で売られていましたが、今は人気のためにめったにお目にかかれません」

美しいガラス製のままごとセットは、ガラス特有のはかない質感も魅力。当時は緩衝材がないために、麻紐で固定されている。輸出用に作られており、ハイカラなデザインが特徴的。箱のサイズは縦26cm×24cm。

美しいガラス製のままごとセットは、ガラス特有のはかない質感も魅力。当時は緩衝材がないために、麻紐で固定されている。輸出用に作られており、ハイカラなデザインが特徴的。箱のサイズは縦26cm×24cm。

●1本数万円の値段が付く、ニッキ水の瓶

大正時代から戦前まで、駄菓子屋で売られていたニッキ水。ひょうたんや一升瓶を模したデザインが多いですが、入山さんが持っている特徴的なデザインのものを見せていただきました。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 神奈川県横浜市内にある入山さんのコレクションルーム。戦前に制作されたものが中心。かつて、庶民の生活にあり、いつの間にか消えてしまったものがここに集まっている。 『ペロペロ』『あめや瓶』『ニッキ水瓶』|ブーム到来で数万円!?不…
PAGE TOP