新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘

ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのようなリアルな造形。そして、発射、合体、変形といったギミックの数々。昭和49年(1974年)に誕生した「超合金」は、それまでの玩具を遥かに超えたインパクトで少年たちに夢を与え、第1号となる「マジンガーZ」は年間で50万個を売り上げ、この年の大ヒット商品になりました。

1997年には、「少年の心を持った大人たちへ」をコンセプトに、造形やギミックをより進化させた「超合金魂」シリーズがスタートします。第1弾商品として発売した「超合金魂 GX-01マジンガーZ」は、累計20万個を売り上げるロングセラー商品となり、大人のコレクションホビーという、新しい玩具の楽しみ方を開拓していきました。

そしてこの夏、これまでの「超合金」や「超合金魂」から、さらなる進化を遂げた新製品が発売されます。大胆なアクションポーズを再現するため、斬新な可動ギミックを搭載した新製品「超合金魂 FULL ACTION(フルアクション)」です。第1弾は、1977年~1988年に放映され、骨太なストーリーで大人までも魅了したロボットアニメーション「超電磁マシーン ボルテスⅤ」。12月には「無敵鋼人ダイターン3」(1978年放映)、2019年1月には「闘将ダイモス」(1978年放映)と、ロボットアニメの王道が登場します。かつてテレビで夢中になったアクションシーンを再現することで、ヒーローに憧れた少年時代の熱い思いがよみがえります。

バンダイ『超合金魂 GX-79 超電磁マシーン ボルテスV F.A.』

1万5120円(税込)
2018年8月25日発売


全身の関節に技術力を結集し、かつてない驚くほど広い可動域を実現。自然で躍動感あふれる「超電磁マシーン ボルテスⅤ」のポージングが楽しめます。立ち姿はもちろんのこと、天空剣や超電磁ゴマを振るうポーズや、ボルテスバズーカを構えるポーズなども再現可能です。数十年ぶりに手遊びの楽しさと超合金の最先端技術が実感できます。全高約180mm。

付属品/交換用手首左右各4種、超電磁ストリング×2、超電磁ゴマ×2、チェーンナックル×2、ガトリングミサイル×2、グランドファイヤー発射口パーツ、ボルテスバズーカ、天空剣、専用台座一式。(C)東映

バンダイ『超合金魂GX-82 無敵鋼人ダイターン3 F.A.』

1万5120円(税込)
2018年12月発売予定

富野喜幸(現 由悠季)氏が総監督をつとめ、メカニックデザイナーとして大河原邦男氏が参加したロボットアニメ「無敵鋼人ダイターン3」。フルアクションが実現する抜群の可動域をいかし、ダイターンザンバーなど武器の構えをアニメ通りに再現。あの決め台詞「日輪の力を借りて、今必殺のサン・アタック!!」の叫びを表現できる表情パーツも付属しています。全高約180mm。

付属品/交換用手首左右各5種、交換用表情パーツ、ダイターンジャベリン、ダイターンザンバー×2、ダイターンファン開×2、ダイターンファン閉×2、専用台座。(C)創通・サンライズ

バンダイ『超合金魂 GX-83 闘将ダイモス F.A.』

1万5120円(税込)
2019年1月発売予定

格闘技の養素を取り込んだ、「闘将ダイモス」の激しいアクションシーンをほぼ完全に立体化。真空回し蹴りや必殺烈風ダイモキックといった空手ワザのポージングも見事に決まります。さらにダイモスの特長である表情の変化や、胸部のファンで竜巻を起こし敵を吹き飛ばすダブルブリザードも再現可能です。全高約180mm。

付属品/交換用手首左右各5種、交換用表情パーツ、双竜剣×2、・ダイモシャフト×2、三竜棍、バトルブレイク×2、ダブルブリザード用胸部パーツ、ファイヤーブリザード用胸部パーツ、専用台座。(C)東映

 

【超合金魂 FULL ACTIONスペシャルページ】

https://tamashii.jp/special/soc_fullaction/

文/安藤政弘

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 超合金魂|スーパーロボットの原点「マジンガーZ」! 1972年の…
  2. 「大和」「金剛」「雪風」|接着剤・塗装不要で組み立てられる「軍艦…
PAGE TOP