選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

クラシック音楽の世界も、いまどんどん変わってきている。名門音楽一族の出身で、ウィーン・フィルやウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのメンバーでもあるチェリスト、マティアス・バルトロメイが、ジャズや民族音楽にセンスある活動を続けてきたヴァイオリニストでマンドラ奏者のクレメンス・ビットマンと組んだ弦楽デュオ、バルトロメイ&ビットマンのアルバム『新構築』は、それを象徴する1枚である。

粘っこく鋭角的なリズム。セクシーでクール。彼らの音楽は、もはやジャンル分けなどというものが無意味であることを示している。

彼らは決してクラシック音楽のポップス化をやっているのではない。伝統に敬意を払いつつも、すべてがユニークなオリジナル曲ばかりであり、そこにあるのは、弦楽器が本来持っていた野性の解放である。

あるときはバリバリと激しく、またあるときは静かに甘く歌う。誰もが楽しめる、ワクワクするような音楽。こんな新しさ、若々しさもまた、ウィーンの一面だ。

【今日の一枚】
『新構築』
バルトロメイ&ビットマン
2017年録音
発売/THE MUSIC PLANT
http://www.mplant.com/bb/
商品番号/RUCD171
販売価格/2300円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品