新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

バルトロメイ&ビットマン|ウィーンの弦楽デュオによる無類に楽しい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

クラシック音楽の世界も、いまどんどん変わってきている。名門音楽一族の出身で、ウィーン・フィルやウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのメンバーでもあるチェリスト、マティアス・バルトロメイが、ジャズや民族音楽にセンスある活動を続けてきたヴァイオリニストでマンドラ奏者のクレメンス・ビットマンと組んだ弦楽デュオ、バルトロメイ&ビットマンのアルバム『新構築』は、それを象徴する1枚である。

粘っこく鋭角的なリズム。セクシーでクール。彼らの音楽は、もはやジャンル分けなどというものが無意味であることを示している。

彼らは決してクラシック音楽のポップス化をやっているのではない。伝統に敬意を払いつつも、すべてがユニークなオリジナル曲ばかりであり、そこにあるのは、弦楽器が本来持っていた野性の解放である。

あるときはバリバリと激しく、またあるときは静かに甘く歌う。誰もが楽しめる、ワクワクするような音楽。こんな新しさ、若々しさもまた、ウィーンの一面だ。

【今日の一枚】
『新構築』
バルトロメイ&ビットマン
2017年録音
発売/THE MUSIC PLANT
http://www.mplant.com/bb/
商品番号/RUCD171
販売価格/2300円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【…
  2. プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑…
  3. カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするよう…
  4. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
  5. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
PAGE TOP