近年、「推し」や「推し活」という言葉を耳にすることが増えたのではないでしょうか? アイドルや俳優、アーティスト、二次元のキャラクターから人物以外のものまで、その対象は実に様々だと思います。

疲れた日に元気をもらったり、休日に会いに行ったり、グッズを集めたり……。「推し」がいる方の中には、そんな「推し活」を日々楽しんでいる方も多いのではないかと思います。

みなさんはどのような「推し」のいる生活を送っているのでしょうか?

そこで今回、脱毛サロン『恋肌』(https://www.koi-hada.jp/)は、全国の20代女性を対象に、「推し」に関する調査を実施しました。さっそく結果をご紹介しましょう。

あなたは何「推し」? 「推し活」をはじめたきっかけは?

はじめに、「推し」の対象に関して伺っていきたいと思います。

「あなたの『推し』を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『日本の男性アイドル(35.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『俳優・女優(24.0%)』『漫画・アニメ・ゲームのキャラクター(21.6%)』『アーティスト(17.8%)』『YouTuber(17.2%)』『海外の男性アイドル(14.3%)』と続きました。

好きだけど手が届かない存在であることが多い「推し」は『日本の男性アイドル』『俳優・女優』など実在する人物だけではなく『漫画・アニメ・ゲームのキャラクター』といった架空の人物にもあてはまるようです。

「推し」を見つけるまでには何かしらの過程があるかと思いますが、どのようなことがきっかけで「推し」になったのでしょうか。

「『推し』になったきっかけを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『テレビで見て(55.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『動画配信サービスで見て(33.2%)』『SNSで見て(31.2%)』『元から好きだったものの関連で(23.1%)』『生で見て(15.1%)』『音楽配信サービスで聴いて(11.7%)』と続きました。

テレビや動画、SNSといった1日のうちでも何度も目にする機会のある媒体がきっかけとなって「推し」となっている方が多いようです。

では、「推し」だと認識したのはどのようなタイミングだったのでしょうか。

■「推し」だと認識した瞬間のエピソード
・気づいたら意識して見てることを気づいた時(パート・アルバイト/兵庫県)
・優先事項がその人関連になったとき(会社員/兵庫県)
・視界に入った瞬間、テンションが上がる(学生/東京都)
・何があってもかわいい、好き…ってなった時(会社員/愛知県)
・夢中になってしまうほど関連動画を見漁って名前と顔も覚え、誕生日まで覚えた時(会社員/愛媛県)

などの回答が寄せられました。

「推し」に対して自分がどれほど興味を持っているか気付いたときに、「推し」として認識している様子がうかがえます。

あなたの「推し」の魅力は?

それぞれ「推し」に対しての思い入れがあるかと思いますが、どのような推しポイントがあるのでしょうか?

そこで、「『推し』の推しポイントを教えてください(上位3つ迄)」と質問したところ、『ルックス(63.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『人間性・性格(52.5%)』『声(27.5%)』『雰囲気(23.0%)』『芝居/ダンス/歌が上手い(20.5%)』『スタイル(18.5%)』と続きました。

ルックスや性格、声といった恋愛として人を好きになる時のポイントと似ている部分が多いことがうかがえます。
具体的にどのようなところに推したい魅力があるのでしょうか。

■「推し」の魅力
・セクシーなダンスと、落ち着いた雰囲気なのにいきなりぶっ飛んだ話を始めたり少し抜けているところがあってかわいい(会社員/神奈川県)
・顔が可愛くて声が良くて歌やダンスやお芝居などマルチに活躍していて見ていて飽きない、自然と応援したくなる(パート・アルバイト/大阪府)
・おじさんと呼ばれる年齢だが若手と同じくらいの勢いと熱量があって、常に走り続けている姿がとても素敵です(パート・アルバイト/北海道)
・過去の出来事をトラウマレベルで背負っているが、普段はそれを見せずに生きていること。それでも、人知れず後悔をにじませてしまうところ(学生/岡山県)

などの回答が寄せられました。

いずれの回答も、「推し」の魅力を伝えようとする気持ちが現れている様子がうかがえます。

みんながしている「推し活」とは

先程の調査で、それぞれの“推し”に対する思いが分かりました。「推し」を応援することを「推し活」や「推し事」と言いますが、どのような推し活をしているのでしょうか。

そこで、「どのような『推し活』をしていますか?(複数回答可)」と質問したところ、『グッズを買う(47.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『現場に行く(36.5%)』『円盤や配信を観る(31.9%)』『ファンクラブに入る(28.8%)』『特になし(24.4%)』『推しの事を想像する(24.4%)』と続きました。

グッズを買うというのは思いつきやすいですが、実際に現場に足を運んだり円盤や配信を観たりと、「推し活」は活動の幅が広いということがうかがえます。

日頃から「推し」を想ってしていることは?

「推し活」には様々な活動があることが分かりました。では、「推し活」の他に日頃から何か行っていることはあるのでしょうか。

そこで、「『推し』のために何かしていることはありますか?」と質問したところ、4割の方が『ある(41.0%)』と回答しました。推し活だけではなく、日頃から推しのことを想って何かしらの行動をされているようです。
実際にどのようなことをしているのでしょうか。

■「推し」のために行っていること
・自分磨きをする。お金を使えるところで使う。視聴率をあげるためにリアタイする(会社員/長野県)
・誕生日にケーキなどでお祝いしてSNSに載せる。公式のSNSを積極的に拡散したり、ハッシュタグの投稿をしたりして微力ながら応援する(学生/東京都)
・推し本人にも周りの人にも悪いファンがついてると思われないように、SNSでの発信は気をつけている(学生/山形県)
・推しが好きな物を自分も調べたりして、推しの話についていけるようにしている(会社員/東京都)
・可愛くなりたいと思ってダイエットしている(パート・アルバイト/東京都)

「推し」のために、また自身が楽しむためにどうすればよいのか、どこまでしたら満足なのかということを日々考えて生活している様子がうかがえます。また、「推し」に近づけるよう努力されている方もいるようです。

「推し活」で人生が豊かになった女性が約9割

先程の調査で、推し活以外での活動について分かりました。「推し」がいることによって日々充実しているように思えますが、“推し”がいることのメリットとはどのようなことなのでしょうか。

そこで、「『推し』がいることのメリットはどのようなところだと思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『元気になる(元気がもらえる)・癒される(79.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『楽しみが増える(58.5%)』『仕事や勉強のモチベーションになる(44.0%)』『ストレス発散になる(38.9%)』『ポジティブになる(33.6%)』『美意識が上がる(29.2%)』と続きました。

「推し」がいることが毎日の活力になり、楽しみが増えることでマンネリ化した日常から脱却できているようです。

そこで、「『推し』がいることで人生が豊かになっていると感じますか?」と質問したところ、9割近くの方が『はい(88.5%)』と回答しました。

「推し活」は、推している方の精神面や日常生活においてプラスに働いていることがうかがえます。

今回の調査で、“推し”という存在は20代女性において日常生活で欠かすことのできない存在となっており、「推し」がいることによって人生が豊かになったと感じていることが判明しました。「推し活」やその他の活動を行うことを生活のモチベーションとしており、自身が出来る範囲で、楽しみながら「推し」を応援しているようです。

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店