新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

「物忘れ」「筋力の低下」「排尿トラブル」|加齢と向き合うシニア男女のリアルな悩み


年齢を感じさせず元気ハツラツに過ごしている人もいれば、実年齢より老け込んでしまっている人もいる。果たしてその差は何なのか?

ヘルスケア領域のマーケティングリサーチなどを行なう株式会社アンテリオが全国の16~79歳の男女2632人を対象に、「健康」に関する意識と実態の調査を行なった。今回はその中から、50~70歳代の男女の回答に注目し、シニア層の健康意識について紹介する。

60、70歳代の悩みは「自分の健康について」が1位!

自身の生活で悩んでいることに関しては、50~70歳代の各性・年代全てで「自分の健康」と「家族の健康」が3位内にランクインした。特に、「自分の健康」は60、70歳代の男女で悩みの1位となっている。一方、「家族の介護」の悩みについては、唯一50歳代女性のみ5位にランクイン。自分や家族の健康も心配だが、それと同時に両親の介護に関する悩みを持つ方が多いようだ。

気になる症状は「物忘れ」「老眼」「筋力の低下」「高血圧」

関心がある(気になる)症状について聞いたところ、男性は「老眼」と「高血圧」が、どの年代にもランクイン。また、年代が上がるにつれ「筋力の低下」や「排尿のトラブル」といった症状への関心も高くなってくることがわかった。一方、女性はどの年代の回答にも「物忘れ」「筋力の低下」がランクインした。

アクティブシニアは「体重測定」「血圧測定」「運動」が日課!?

健康のために行っていることとして「体重測定」「血圧測定」「運動の頻度」を聞いた。

70歳代男性では三項目とも「ほとんど毎日」行っている人が最も多かった。特に運動については、「ほとんど毎日」と「週に4~5日程度」、「週に2~3日程度」を合わせると7割近くの人が何らかの運動を定期的に行っていることが判明した。

一方、まだ働いている人が多い50、60歳代では、運動を「週に2日以上」行っている人の割合は4割以下にとどまる。「週に2日以上」運動をしている割合を男女別で比較すると、50歳代は男性約3割:女性約4割、60歳代は男性約4割:女性約5割と、女性の方が運動をする頻度の高い方が多いようだ。

定年を迎える時期と、体の悩みが多くなる時期は、ほぼ同じタイミングでやってくる。それ故、退職することで得られた余暇を、運動など健康のための活動の時間に充てている人も多いようだ。どんなにお金があっても心と体が健康でなければ、やりたい事はできない。シニア世代こそ、体が資本! 自分の体と向き合う時間をもちたい。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP