新着記事

紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

「物忘れ」「筋力の低下」「排尿トラブル」|加齢と向き合うシニア男女のリアルな悩み


年齢を感じさせず元気ハツラツに過ごしている人もいれば、実年齢より老け込んでしまっている人もいる。果たしてその差は何なのか?

ヘルスケア領域のマーケティングリサーチなどを行なう株式会社アンテリオが全国の16~79歳の男女2632人を対象に、「健康」に関する意識と実態の調査を行なった。今回はその中から、50~70歳代の男女の回答に注目し、シニア層の健康意識について紹介する。

60、70歳代の悩みは「自分の健康について」が1位!

自身の生活で悩んでいることに関しては、50~70歳代の各性・年代全てで「自分の健康」と「家族の健康」が3位内にランクインした。特に、「自分の健康」は60、70歳代の男女で悩みの1位となっている。一方、「家族の介護」の悩みについては、唯一50歳代女性のみ5位にランクイン。自分や家族の健康も心配だが、それと同時に両親の介護に関する悩みを持つ方が多いようだ。

気になる症状は「物忘れ」「老眼」「筋力の低下」「高血圧」

関心がある(気になる)症状について聞いたところ、男性は「老眼」と「高血圧」が、どの年代にもランクイン。また、年代が上がるにつれ「筋力の低下」や「排尿のトラブル」といった症状への関心も高くなってくることがわかった。一方、女性はどの年代の回答にも「物忘れ」「筋力の低下」がランクインした。

アクティブシニアは「体重測定」「血圧測定」「運動」が日課!?

健康のために行っていることとして「体重測定」「血圧測定」「運動の頻度」を聞いた。

70歳代男性では三項目とも「ほとんど毎日」行っている人が最も多かった。特に運動については、「ほとんど毎日」と「週に4~5日程度」、「週に2~3日程度」を合わせると7割近くの人が何らかの運動を定期的に行っていることが判明した。

一方、まだ働いている人が多い50、60歳代では、運動を「週に2日以上」行っている人の割合は4割以下にとどまる。「週に2日以上」運動をしている割合を男女別で比較すると、50歳代は男性約3割:女性約4割、60歳代は男性約4割:女性約5割と、女性の方が運動をする頻度の高い方が多いようだ。

定年を迎える時期と、体の悩みが多くなる時期は、ほぼ同じタイミングでやってくる。それ故、退職することで得られた余暇を、運動など健康のための活動の時間に充てている人も多いようだ。どんなにお金があっても心と体が健康でなければ、やりたい事はできない。シニア世代こそ、体が資本! 自分の体と向き合う時間をもちたい。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP