新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

城戸真亜子さん/洋画家、タレント(53歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第13回】

「“表現者”という着地点は見失わなかった」

憧れの美術大学に入学したものの、時代の空気をつかみたいと芸能界入りをセンタク。洋画家とタレントの二足の草わらじ鞋を履いてきたが、常に着地点は“表現者”だった。

 

01_88A0110←きど・まあこ 昭和36年、愛知県名古屋市生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。大学在学中に化粧品会社のキャンペーンガールに選ばれ、芸能界入り。画業ではパブリック・アートなど作品多数。昭和56年に女流画家協会展、平成10年にはVOCA展に入選。

 

絵を描くのが好きな少女だった。それは中学・高校時代になっても変わらず、絵は一番楽しい“遊び”だった。はっきりと画家になりたいと意識したのは、大学受験の時。美術大学進学を希望する。だが、娘には平凡な幸せを願う両親は猛反対。それを押し切って、武蔵野美術大学油絵学科に入学した。
「憧の美大でしたが、周りは個性的な人ばかりで、入学と同時に居場所を失ってしまいました」
そんな時、雑誌の読者モデルに合格。『カネボウ化粧品キャンペーンガール』にも選ばれる。今という時代の空気を肌で感じたいと、大学を休学して芸能界の仕事を選ぶ。19歳だった。
「これが転機でした。ポスター制作ではアートディレクターや写真家の方々から表現者としての姿勢を学んだ。テレビの南の島のロケでは日本とは違う鮮やかな色彩を目にし、何もかもが新鮮でした」
森羅万象を、画家の目で見ていたのである。女優、歌手、司会と芸能界の仕事は順風満帆だったが、20代半ばで、画家とタレントの両立を前に立ち止まる。
「美大の大先輩である田名網敬一さんに相談すると、“芸能であれアートであれ、表現者にとって発表の場があるということは素晴らしいこと”と助言していただき、迷いが吹っ切れました」
両立を選ぶ。そんな時、パブリック・アートの仕事がくる。『宝塚観光100年記念』のアート・ディレクションだ。以来、東京湾横断道路の海ほたる内の壁画など、公の場で目にする作品も多い。
認知症の義母の介護が始まった10年ほど前から、芸能界の仕事は控えている。人の命は代わりがきかない。弱っていく命に寄り添うことが、今、自分ができるより良いセンタクだと思うからだ。
最近の絵のテーマは“水”や“湿り気のある空間”だ。輪郭がにじんでいるような“ 曖昧のリアル”を追求したいという。

02←自宅近くのアトリエで作品を制作する。近年の作品テーマは“水”。湿り気を帯びた空間を追求する。それは不確かなもの―― “ゆめうつつ” や“曖昧のリアル” にも通じる。

03_CIMG0198←次世代に表現する楽しさを伝えたいと、アートスクールを主宰。見て、触って、感じて、五感を刺激することで子供の想像力を膨らませる。現代の子供は色彩感覚が豊かだという。

 

 

 

●少女時代の絵の思い出や義母に宛てた画家ならではの介護日記など、ここでは書ききれない興味深い話は「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp/anohito/sarai/

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP