更年期は、女性ホルモンが減り続けることで自律神経のバランスが崩れていき、様々な症状に悩まされる時期。家族ですら理解しがたい痛みや不調に悩む女性たちが、今日も「鍼灸師やまざきあつこ」の元を訪れています。“自律神経失調症の女性たちの駆け込み寺”と呼ばれる当院の院長、やまざきあつこさんは自身が「たいていいつも、どっかが痛い」と悩む、自称“不調を感じやすい女”。だから、患者たちの痛みや辛さは、他人事ではありません。

28年間で7万人を診てきたやまざきさんは、最近、あることに気付きました。不調を感じやすい女には、体だけではなく、心の“クセ”も関係しているのでは? そして、まじめで気遣いができる女性ほど、がんばり時と休み時の自分に合ったリズムを見つけられず、苦しんでいるのでは? と。やまざきさんは、そのクセ直しの方法を、著書『女はいつも、どっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン』にまとめました。

実際に施術した患者さんとのやり取りの事例を、ここからいくつか紹介していきましょう。あなたを悩ますその痛みが、少しでも、和らぎますように。

文/やまざきあつこ、鳥居りんこ

恐怖でしかない「漠然とした不安感」にどう対処すればいい?

更年期から来る自律神経の乱れに「理由もないのに不安になってモヤモヤする」というメンタル不調があります。
疲労が溜まる→神経が動きにくくなる→頭に血が回らない→酸素不足に陥る→不安に感じる……というサイクル、これが原因ということが多いようです。

不安を訴える方は同時に喉の詰まり、血圧不安定、胸が重い、胸のザワザワ、フラフラする、などという症状もお持ちです。これらは“気持ち”から来ているケースがほとんど。心と体は一心同体なので、その変な症状が余計に不安を煽る、不安になるとその症状が余計に出る、という悪循環にハマってしまうんです。

それにしても、「なんとも表現のしようがない漠然とした不安感」は恐怖でしかありません。何かのトラウマや潜在意識、思考的な問題で日常的に不安に襲われる人にはカウンセリングをおすすめしますが、自律神経の乱れから来る不安であれば、緊急避難的な対処法があるので試してみてくださいね。

それは「あっ、来た!?」って時に、急いで気をそらすという方法です。そこにとらわれず、自分の中に違う感覚を入れて、不安を上塗りして消すようにすることがポイントです。

ガムや飴、クッション、毛布で……とりあえずの避難法

トイレなどの違う部屋に移動する、ストレッチを始める、ガムをかむ、飴をなめる、クッションを投げつける、あるいは叩く、好きな香りをかぐ、毛布に頭からくるまる……などで、注意をよそに向けてみるということをやってみましょう。体をさすってみる、みぞおちをトントンと叩く方法も効果的です。

それでも去ってくれない場合、クッションや枕を強く抱きしめてください。「この不安感はいつまでもは続かない」と強く思いながら、抱きしめる。とりあえず、その場で出来そうなことをやってみる、そして繰り返しやってみるということで、いつの間にか、気持ちが落ち着いていくようになります。

共著者の鳥居りんこさんも、大きな不安を抱えて当院にやってこられました。突然の血圧急上昇に見舞われ、なんとも言えない胸のザワつきを感じ、近所のお医者様に診てもらったのですが、「病気ではない」と言われたそうです。つまり、自律神経失調症だったんですね。そのお医者様に鍼灸をすすめられ、自宅から通える鍼灸院をネットで検索し、当院に来られました。文字通り、“不安が不安を呼び込む”状況のまっただ中だったそうです。

そのとき私が、「その辛さ、分かります。だって同じ女だから」と言ったらしいんです。それがすごく気持ちをラクにした、と。

このパターン、じつはけっこう、多いんです。具合が悪いので病院に行く→検査しても問題はなさそう→年齢を聞かれ、「あ、じゃあ、更年期から来る自律神経失調症だね」と診断され、眠れないなら眠剤、血圧に問題ありなら降圧剤という具合にお薬が出て、気が付いたら5種類くらいを飲んでいる。でも、いつまで経っても、良くなっているようには思えない。「このまま残りの人生を、薬に頼って生きるの?」との思いがどんどん湧き出てきて、ネットで色々検索して、鍼灸に辿り着く……というコース。

女性鍼灸師が、女性鍼灸師の増加を願う理由とは

りんこさんともお話したのですが、更年期世代って、自分のことだけでも大変なのに、家族にも振り回されがちになりますよね。子どもの思春期や巣立ち、親の介護、夫のリストラや定年……。子どもがいないならラクかと言えば、そんなことはなく、親の老後に自分の老後、それ以前に自分の仕事でも悩みは増える一方な時期ですよね。

女たちは抱えるものが多過ぎて、訳が分からないストレスで潰れてしまいそうになるのは無理ないかなって思います。

自分ですら訳が分からないその不調を、男性に分かれ! っていうのは、やっぱり無理があるのかなと。子宮も生理もないですからね(笑)。なので、女性の体は女性が診るのが望ましい、と私は思うんですね。

だから、女性鍼灸師がもっと増えればいいなと常々思っています。鍼灸師の資格を持っていても、実際に看板を掲げて開業している女性鍼灸師はすごく少ないのが現状なんです。体力的にきついというのが一番の理由なんですけど……。女性鍼灸師が増えることにより、女性特有の自律神経の悩みを持つ人たちが、より救われるといいなと思います。

イラスト/渡邉杏奈(MONONOKE Inc)

* * *

『女はいつも、どっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン』
 やまざきあつこ 著
(小学館)

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

やまざきあつこ
鍼灸師。1963年生まれ。鍼灸師。藤沢市辻堂にある鍼灸院『鍼灸師 やまざきあつこ』院長。開業以来28年間、7万人の治療実績を持つ。1997年から2000年まで、テニスFedカップ日本代表チームトレーナー。プロテニスプレーヤー細木祐子選手、沢松奈生子選手、吉田友佳選手、杉山愛選手などのオフィシャルトレーナーとして海外遠征に同行。ほかにプロライフセーバー佐藤文机子選手、プロボディボーダー小池葵選手、S級競輪選手などプロアスリートの治療にも関わる。自律神経失調症の施術には定評がある。


関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品