新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

ブームの食パン、女性では4人に1人が「ほぼ毎日」食べている

4月12日は「パンの記念日」です。日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(https://www.planet-van.co.jp/)は、ニュースレター『From プラネット』(https://www.planet-van.co.jp/news/from_planet.html)にて、今ブームの「食パン」をテーマにアンケートを実施。
話題の“高級食パン”についても調べ、男女別やエリア別の傾向を探りました。

まずは、どのぐらいの頻度で食パンを食べるかを聞きました。
すると、「ほぼ毎日」が2割超。男女別では女性のほうが高く、4人に1人程度が「ほぼ毎日」食べていました。

性年代別では、「ほぼ毎日」も「週1回以上」計も、年代が上がるほど高くなっています。70代以上の男性では4割近く、女性では4割を超えました。高齢層の人は和食を好むというイメージに反する結果です。加齢に伴い、和食より手間が少なくボリュームも軽い食パンが好まれるのかもしれません。また、もしかしたら若年層では、食パンより、ほかのパン(クロワッサン、菓子パンなど)をもっと食べている可能性もありそうです。

マーガリン派 vs バター派!

次に、食パンに塗ったりトッピングしたりするものを調べました。
すると1位は「マーガリン」、僅差で「バター」が2位。健康志向の影響か、バターが注目されていますが、「マーガリン」が「バター」を制しました。ただし、女性では「マーガリン」と「バター」はほとんど同率。さらに性年代別では、男性の20代と30代、女性の20代~40代と70代以上では「バター」が1位でした(30代では「マーガリン」と同率1位)。中年以下の層や女性にバター人気が広がっています。男女別では、「チーズ」が女性で高いことも特徴的です。

気になるのが3位の「ジャム」。男性の30代と70代以上で他の性年代より高く、特に70代以上では「マーガリン」を抑えて1位。甘い物を食べる習慣が少ない男性の高齢層にも食べやすいのかもしれません。

パン好きなら食べたい“高級食パン”…よく食べているのは男性?女性?

近年、各地に専門店ができている“高級食パン”。行列ができるほどの人気ぶりです。とはいえ、2斤で800円以上するなど、少々高めの価格設定。実際にどの程度の人が食べているのか気になります。そこで、“高級食パン”を食べたことがあるかを聞いてみました(表3)。

すると、「(日常的にではないが)食べたことがある」が半数超。「食べたことはない」の4割を上回りました。また男女別では、女性のほうが「食べたことがある」が高くなっていました。多少高くても、食べている人がけっこういますね。続いて、“高級食パン”を食べたことがある人に、食べる頻度を聞きました(表4)。すると、「上記(2~3か月に1回程度)以下の頻度(または、これまで1~2回食べたことがある程度)」が半数近く。男女別では、女性のほうが上回っていました。気になって試してみたものの、1~2回しか食べたことがない人が多いようです。

とはいえ、裏を返せば残りの半分は、一度食べたらまた食べたくなり、定期的に食べている“リピーター”だということ。最も多いのは「2~3か月に1回程度」食べている人で、男女ともに2割強。一方で、男性では「週に1回以上」食べている人も約1割と、女性を上回りました。「食べたことがある」人は女性のほうが多いのに、より日常的に食べているのは男性でした。

“プチぜいたく感”がいい

さらに、“高級食パン”を食べる(食べた)理由を聞いてみたところ、最も高かったのは、シンプルに「おいしいから」。次いで「パンが好きだから」でした。素材や製法にこだわっている“高級食パン”の豊かな味わいと香りや食感が、一度食べたらまた食べたくなる魅力となっているようです。

続く3位は、「たまのごほうび・プチぜいたく」。ちょっと高めの価格とそれに見合うおいしさが“自分へのごほうび”にぴったりなのでしょう。この項目は特に女性で高く、ほぼ3人に1人が回答。男性を大きく上回っていました。

食パンをよく食べている都道府県は?…意外に食べているあの米どころ

ふだん食パンを食べる頻度を聞いた結果、そして“高級食パン”の食経験を聞いた結果をエリア別にまとめました(表6、表7)。すると、表6のふだん食パンを食べる頻度が「ほぼ毎日」、表7の“高級食パン”を「食べたことがある」ともに、「近畿エリア」で最も高くなっていました。実は関西には“パン好き”が多いと言われ、総務省統計局による家計調査でも、パンへの年間支出金額トップ3を近畿エリアの都市が占めています(※)。
さらに都道府県別では、ふだん食パンを「ほぼ毎日」食べている割合が「兵庫県」「滋賀県」「京都府」の順で高くなっていました。また、“高級食パン”の食経験については、「滋賀県」と「奈良県」では「食べたことがある」が全体平均を大きく上回り、7割に迫っています。「兵庫県」では“高級食パン”を「ふだん食べている」が、関西エリアで唯一1割を超えました。食パンブームの先駆けともなった“高級食パン”専門店が大阪でスタートしていることもあり、関西にはその味に親しんでいる人が多いようです。

注目したいのが「新潟県」。新潟県といえば有数の米どころで、パン好きのイメージはありません。しかし、食パンを “週1回以上”食べている割合は高く、約8割に上っています。“高級食パン”についても、「食べたことがある」が全体平均を大きく上回っていました。お米はおいしくてあたりまえ、その反動でパンが食べたくなるのでしょうか? ちょっと気になる結果です。

こだわりのフレンチトーストにキッシュ風も…やっぱり“そのまま”がいちばん!?

“高級食パン”ブームにより、トーストせず、食パンの味や香りをそのまま味わう“生食”という食べ方が注目されました。そこで、食パンを食べるなら「トースト派」か「そのまま(生食)派」かを聞いてみました。すると、結果は「トースト派」が圧倒的でした。この結果を裏付けるかのように、食パンのおおすすめの食べ方を自由回答で教えてもらったところ、トーストのバリエーションが多数集まりました。それぞれのこだわりがうかがえる回答は、読んでいるだけでパンのいいにおいがしてきそうです。ぜひ試してみたいですね。

《 私のおススメ! お気に入りの食べ方 》

【やっぱりトースト!】

● パンの表面に三温糖を敷きつめ、トーストする。(女性・60代)
● ヨーグルトを塗ってトーストすると、ふんわりおいしい。(女性・60代)
● ちょっとぜいたくですが、ゴルゴンゾーラチーズをのせてトーストするのがお気に入りです。(女性・40代)
● チーズと白子を乗せてトーストして食べる。(女性・70代以上)
● トーストにバター、オニオンスライス、チーズをのせ、焼のりを巻いて食べる。(女性・70代以上)

【バターにこだわって】

● 北海道バターを使用することにこだわっている。(女性・40代)
● エシレバターやカルピスバター、手作りの抹茶バターで食べています。(女性・60代)

【こだわりのレシピ】

● 濃いめの牛乳とき卵をしみこませて弱火で火を通し、全体がプリン状になったら強火で焦げ目を付け、火を消してからバターで風味をつけたフレンチトースト。初めの加熱にはオリーブオイルを使います。(男性・60代)
● 1分程度軽く焼き、マーガリンを塗ってまた1分焼く。何回か繰り返し、程よい焼き加減になったら、最後にもう一度マーガリンを塗る。サクッとして、マーガリンがジュワーっとあふれ、すごくおいしい。(女性・40代)
● 岩塩を少量とオリーブオイルをかけてトーストしたり、厚切り食パンの耳以外を少し押して皿のようにして、ほうれん草・ベーコン・生クリームを少量入れた卵液を注ぎトースターで焼きキッシュ風に。(女性・50代)

【シンプル・イズ・ベスト!】

● 焼きたてのふわふわがいちばん好き。手でちぎって食べるのが最高!(女性・70代以上)
● 買ってきたらすぐに冷凍する。食べるときに1枚ずつ冷凍庫から出してトースターで焼くと、外はカリッと中はふんわりした食感で、できたての味のようになりおいしい。(女性・50代)
● 食パンをトーストしてお気に入りの高級バターを塗る。いちばんシンプルでパンの味を楽しめる。(女性・60代)
● とにかく生で食べます。シンプルに何もつけずに食パンのみ食べるのがいちばんお勧めです。(男性・40代)

調査機関:株式会社プラネットによる調査企画をもとに、株式会社ネオマーケティングにて「食パン」に関する意識調査を実施。

期間:2020年3月2日~4日、インターネットで4,000人から回答を得ています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP