新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話

東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形?

誰でも知っている「おにぎり」だが、じつは東西で形が違っているって知っていました?

株式会社山本山(https://www.yamamotoyama.co.jp/ )が2018年9月19日~24日に実施した、 『おにぎり海苔』に関するインターネット調査から、東日本と西日本の「おにぎり」に関する違いをご紹介しよう。

■気になる東西おにぎり海苔事情

東日本は、おにぎりのかたちは“三角型”、海苔は“半切”“焼海苔”。

西日本は、おにぎりのかたちは“たわら型”、海苔は“8切”“味付け海苔”

【普段食べるおにぎりのかたち】

普段食べるおにぎりのかたち
西日本・・・たわら型57% 、 三角型37%、 平たい丸型3%、 球体3%、 その他0%
東日本・・・三角型68% 、 たわら型9%、 平たい丸型14%、 球体8%、 その他1%

西日本ではたわら型、東日本では三角型という結果に。

【おにぎりに使う海苔の形】

おにぎりに使う海苔の形
西日本・・・8切35% 、 半切28%、 3切14%、 6切10%、 4切8%、 全型5%、 その他0%
東日本・・・半切34% 、 3切25%、 8切15%、 4切11%、 全型10%、 6切3%、 その他2%

西日本では8切、東日本では半切。これはおそらく、おにぎりの形が影響しているのだろう。

【おにぎりに巻く海苔の種類】

おにぎりに巻く海苔の種類
西日本・・・味付け海苔62% 、 焼海苔38%
東日本・・・焼海苔91% 、 味付け海苔9%

西日本では味付け海苔、東日本では焼海苔が主流のようだ。

【回答者のコメント】
・関東に来て、 おにぎりが三角形で驚いた!
・私は東北ですが、 小さい頃は祖母が楕円のおにぎりを作ってくれてました。
・いつも8切です。 俵型にちょうどいい。
・8切を三角おにぎりに着物の衿みたく飾ります。
・子供の頃からおにぎりには味付け海苔。 それ以外考えられない。
・関西でコンビニのおにぎりが味付け海苔でびっくり!
・本当はパリパリ派。 だけど奥さんの作るしっとりおにぎりが好き。
・パリパリ音がするとおにぎりが美味しく感じる。

* * *

いかがだっただろうか? 西日本は、たわら型で味付け海苔で8切を巻き、東日本では三角型で焼き海苔を半切で巻いたおにぎりが主流のようだ。

あなたの食べている「おにぎり」はどんな形?

【アンケート実施概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:山本山オンラインショップ会員(回答者数167名)
調査期間:2018年9月19日~24日
【調査結果】https://www.yamamotoyama.co.jp/special/onigiri

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP