新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由緒ある古社で、秋に素敵なクラシックの演奏会が催されるのをご存知だろうか。毎年恒例となっているJR東海プレゼンツ「都のかなで」コンサートである。

演奏の舞台となる「細殿」は、寛永5年(1628年)造替の国指定重要文化財。細殿前には、白砂で円錐形に盛られた一対の「立砂」がある。上賀茂神社の御祭神である「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)」が天から地上に御降臨した、神山(こうやま:上賀茂神社の北側にある山)を模したものとされている。鬼門にまく「お清めの砂」の起源ともいわれている。

今年、この聖なる場で音楽を演奏するのは、ヴァイオリニストの松田理奈さん。才色兼備の若き俊英だ。その他、個性豊かな4名のアーティストとともに奏でるクラシック音楽を、荘厳な雰囲気の中で楽しめる異色のクラシックコンサートである。

なお主催者のJR東海では、この「都のかなで」コンサートに抽選で合計ペア 1,000 組 2,000 名(各回ペア 500 組 1,000 名)を招待するという。応募はJR東海「都のかなで」ホームページ(http://k-concert.jr-central.co.jp/)の専用応募フォームから、締切は2018年6月8日(金)だ。ぜひふるってご応募いただきたい。

【イベント概要】
JR東海 presents「都のかなで」
日時:2018年 10 月 6 日(土)
第1部  15 時 00 分~16 時 15 分(予定)
第2部  18 時 15 分~19 時 30 分(予定)
場所:上賀茂神社(賀茂別雷神社)細殿

※イベントについて詳しくは「都のかなで」の下記ホームページをご覧ください。
http://k-concert.jr-central.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP