新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ユネスコ世界遺産 シャンパーニュ通りの建築の粋(フランス・エペルネー)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)

シャンパーニュ愛飲家の巡礼地は北西部のランス(Reims)とエペルネー(Epernay)だ。この2つの町のシャンパーニュ製造元・流通元(メゾン)とそのカーヴは、シャンパーニュの丘陵とともにユネスコ世界遺産に登録されている。エペルネーはランスより小さいが、1キロに渡ってメゾンが続くシャンパーニュ通り(Avenue de Champagne)がある。メゾン、地下のカーヴとともに通り全体が世界遺産だ。シャンパーニュを買いに来るなら、せっかくだから通りの建築もじっくり見ていってほしい。

シャンパーニュ通りの建物群は、シャンパーニュ業者が自宅兼顧客接待の場として主に19世紀に建てたものだ。建物の様式に一貫性があることが世界遺産登録時に評価された。モデルになったのは主に貴族の館だという。地下にカーヴがある。通りからは見えないが、邸宅の裏側は庭園になっている。

シャンパーニュ通りの建物群

通りは、市庁舎(Hôtel de Ville)から始まる。品格のある白い建物は、シャンパーニュ業を営むオーバン・モエ家の新婚夫婦の邸宅として1858年に建てられた。

オーバン・モエ家の新婚夫婦の邸宅

イタリア様式を模した内装で、酒造業者らしく、酒の神バッカスの像が玄関正面にある。玄関脇の階段を上ると、踊り場と天井に幾何学模様のステンドグラスをはめた窓がある。

ステンドグラスをはめた窓

市庁舎になったのは1920年で、元食堂や元居間は会議室になった。

会議室

上階の使用人部屋に行く小さな階段も保存されており、住居として使われていた時代が偲ばれる。建物のシャンパーニュ通り側には、兵服姿の天使が羽を広げている彫刻があり、荘厳な雰囲気を出している。第一次世界大戦の地元の戦死者を弔う記念碑で、1924年に完成した。

建物のシャンパーニュ通り側

シャンパーニュの名門、ペリエ=ジュエ(Perrier-Jouët)家の跡継ぎで市長も務めたシャルル・ペリエが19世紀後半に建てた通称「ペリエ城」は町の美術館。2019年秋の新装オープンに向けて改装中だ。ねじり棒のような模様の塔があり、複数の建築様式の混合が独特の雰囲気を出している。

シャンパーニュをヨーロッパの上流階級に広めたモエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)の3代目当主、ジャン=レミー・モエは1793年に息子夫婦のためにトリアノン邸宅を建てた。フランス式庭園の奥にはオランジュリー(温室)がある。

トリアノン邸宅

トリアノンは超上流の顧客をもてなすための館で、ナポレオン1世と妻ジョゼフィーヌ、リヒャルト・ワーグナーも来たことがある。

トリアノン邸宅

庭園はナポレオン1世の庇護を受けた画家のジャン=バティスト・イザベーがデザインした。ヨーロッパ中の王侯貴族を顧客に持っていたモエにとって、ドイツにもフランスにも地の利が良いエペルネーは便利だった。1849年に鉄道が開通し、それまでマルヌ川を利用していたシャンパーニュの輸送が鉄道で可能になり、人の行き来も増えた。

19世紀半ばの建築のペリエ・ジュエ館はシャンパーニュ通りで一番古い。門の上にいるスフィンクスの彫刻は第一帝政時代に流行したものだが、どういう経緯で門の上に建てられたのかはわからない。

ペリエ・ジュエ館ペリエ・ジュエ館スフィンクス

ポル・ロジェ(Pol Roger)は1849年に18歳で初めてシャンパーニュを作った才人である。イギリスに販売網を持ち、ロジェのシャンパーニュはウィンストン・チャーチル首相から愛飲された。創業者の名前を冠したこのメーカーの建物はアール・デコ建築だ。

ポル・ロジェ

建物を見て歩いた後、1834年創業の比較的小さなメゾン、ボワゼル(Boizel)のカーヴを見学した。今の当主は兄弟で6代目。兄のリオネル氏は「気候変動の影響で収穫時期が早まっている。以前は10月だったが今は9月末。2018年はとても出来の良い年だった。農薬は減らす方向に進んでいる」と言う。

ボワゼル(Boizel)

地下のカーヴの「宝の間」には1834年のヴィンテージの瓶が10本ある。戦争中は破壊を恐れ、田舎の別の場所に隠しておいたという。壁のところどころにはプレートが貼ってあり、世界の主要都市名とそこに輸出した年が記されている。

地下のカーヴ

見学後、2009年のミレジメとブリュットを試飲した。ブリュットは爽やかで、ミレジメは一筋縄ではいかない味わいだった。シャンパーニュはフランスでもお祝いやパーティの時しか飲めない、特別なアルコールだ。それがこの町では当たり前のようにふんだんに出るので、別世界にいる気分になる。

試飲

* * *

年に1度、シャンパーニュ通りのメゾンが光の装飾に包まれ、大道芸人がパフォーマンスを繰り広げ、シャンパーニュ・バーが設置される祭り「光の装い(Habits de lumière)」がある。今年は12月13−15日の週末だ。週末だけで5万人の人出がある。リピーターが多く、1年前からホテルを予約する人がいるほど人気がある。シャンパーニュ通りは鉄道のエペルネー駅から歩いて10分。早くからホテルを予約しておいて見に行く価値は大いにありそうだ。

【関連サイト】
エペルネー観光局 http://www.ot-epernay.fr

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)
1991年から在仏。食・農・環境・文化のジャーナリスト。文化遺産ジャーナリスト協会、自然とエコロジーのためのジャーナリスト・作家協会、環境ジャーナリスト協会会員(いずれもフランス)。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP