新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

寒さが足元から上がってくる季節は、靴下を重ね履きをするとほっこりと暖かい。そこで本品では、シ…

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

生きていく上で必要な、労働すること、そしてその結果である報酬を得ること。この2つの意味を考え…

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

文/池上信次レコード登場の当初から長らく続いた「3分しばり」ですが、ついにそのしばりが解ける…

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

胸ポケットにもすんなり収まる牛革のとてもコンパクトな小銭入れだ。小型サイズながら、ちょっとし…

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

日本では65歳以上の高齢者の人口は年々増加傾向にあり、総人口に占める割合は世界1位です。また…

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

平素より『サライ』をご愛読いただき、誠にありがとうございます。新型コロナウイルス感染…

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

共働き家族が急増している現在、忙しいパパ・ママのサポートのために、「孫育て」に関わるじぃじや…

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

季節は冬から春に移り変わりつつあり、花粉が増える時期になりました。洗濯物も夏場に比べて外に干…

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

ワンタッチで開閉する傘は特段珍しくはないが、本品はそれを電動で行なう。電動開閉の利点はふたつ…

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

2020年2月号

  1. 代表曲『神田川』を熱唱する南こうせつさん。「僕の音楽を聴いて、ひとりでも元気を出してもらえるなら、喉が続くかぎり歌っていきたい」  

    【インタビュー】南こうせつ(フォークシンガー・70歳)「誰にもある“楽しかった思い出”。懐かしむのは、明日の生きる薬です」

         

    【サライ・インタビュー】南こうせつさん(みなみ・こうせつ、フォークシンガー)――ファンに見つけてもらった曲を歌い続けて50年――「誰にもある“楽しかった思い出”。懐かしむのは、明日の生きる薬です」※この記事は…

  2. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。  

    トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 飾り気はないが、世界一まじめな高性能を誇る。日本車史上屈…

  3. 直径9cmの磁器の豆皿。園芸品種の江戸椿の中でも名品の『太神楽』の絵柄。華麗さの中に堂々たる風格を具えている。  

    【『サライ』2020年2月号特別付録】堀文子さん画『太神楽』が豆皿になりました

         

    1月9日発売の『サライ』2020年2月号特別付録は、日本画家・堀文子さんの画『太神楽』の絵柄を豆皿に…

PAGE TOP