新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

らくだ亭

  1. 古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。年明け最初の2018年2月公演では古今亭志ん輔がトリを勤め、『お見立て』を演じます。吉原の花魁のところに、無粋な…

  2. 五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  3. 春風亭一朝がトリで『三井の大黒』を口演!「第74回人形町らくだ亭」は10月5日開催

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  4. 柳家さん喬がトリで『村正騒動』を口演!「第73回人形町らくだ亭」は8月4日開催

    古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」…

  5. 古今亭志ん輔師匠がトリで『愛宕山』を口演! 「第71回人形町らくだ亭」4月17日に開催

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2017年4月の公演では古今亭志ん輔が主任(トリ)を勤…

PAGE TOP