サライ.jp

oden1

鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は土鍋の優れた保温力を利用し、短時間の加熱でできる「おでん」の作り方をご紹介しよう。

おでんの煮込み時間は通常、1時間ほどが目安だ。時間をかけて火を入れ、充分に味を染み込ませるためである。しかし、土鍋の優れた保温力を利用し、短時間の加熱で済む方法がある。

その手順はこうだ。土鍋に材料を入れ、沸騰したら火を止めてしまう。そして、すぐに土鍋を新聞紙と大きめのタオルで包む。土鍋を二重にくるむことで、土鍋内は高温を長時間保ち続ける。昼間に仕込んでおけば、夕飯どきに食べ頃を迎えるという算段だ。
16ページに登場した『長谷園』の長谷康弘さんは、こう話す。

「余熱を利用した調理は、土鍋が最も得意とするところ。煮物は火を止めたあとに味が染み込むとよくいわれますが、高い余熱を保ち続ける土鍋は、よりじっくりと味を含められるのです」

余熱だけで具材の芯まで味が染みたおでんは、想像以上のおいしさ。加熱時間が短いから省エネが可能なうえ、煮すぎてしまう失敗もない。この冬の定番に加えたい。

次のページからはそのレシピをご紹介。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア