新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?親と別居している方は多くいると思います。
昨今、孤独死が話題に上がりますが、2019年の大阪府警の調査によると、誰にも看取られずに屋内で死亡し、1か月以上経ってから見つかった遺体は382体にも上っていると判明しました。
死後2日以上経ってから見つかった独居者(自殺者含む)は集計すると2,996人に上ります。

もしもの時に備えて、親と貴重品や遺品の話し合いはできていますか?

そこで今回、株式会社GoodService(https://www.kataduke-kaitori.com/)は、40歳以上の全国男女を対象に「遺品整理」に関する調査を実施しました。

親と一緒に暮らしていない人は〇割!

「自分の親と同居していますか?」と質問したところ、8割近くの方が『いいえ(76.4%)』と回答しました。

夫婦で住宅を購入したり、勤務地の関係があったりと、親と一緒に住んでいる方は少ないようです。
では、別で暮らしている親はどのようにして過ごしているのでしょうか?

「現在あなたの親はどのように過ごしていますか?」と質問したところ、『両親ともに実家で暮らしている(30.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『一人暮らし(26.3%)』『老人ホーム・介護施設に入居している(7.8%)』『病院もしくは中長期で入院している(1.7%)』と続きました。

両親が一緒に暮らしている、または一人暮らしをしているケースが多いということが分かりました。

自分の親とどのくらいの頻度で会えてますか?

自分の親と別々で暮らしている方は、どのくらい離れたところで暮らしているのでしょうか。

「親の住まいとの距離はどのくらいですか?」と質問したところ、『車(1時間以上)(33.1%)』と回答した方が最も多く、『徒歩・自転車圏内(18.8%)』『公共交通機関利用(1時間以上)(18.8%)』『車(30分未満)(13.5%)』『車(30分以上~1時間未満)(7.6%)』『公共交通機関利用(30分以上~1時間未満)(5.2%)』『公共交通機関利用(30分未満)(3.0%)』と続きました。

車で1時間以上かかるという方が多いことがわかりました。勤務地や嫁ぎ先によっては離れてしまうこともあるのかもしれません。
では、離れて暮らす親とは、どのくらいの頻度で会っているのでしょうか?

そこで、「別居している親とどのくらいの頻度で会っていますか?」と質問したところ、『1年以上会っていない(39.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『月1日程度(13.0%)』『2~3か月に1回程度(12.0%)』『半年に1回程度(11.0%)』『週1日程度(10.9%)』『1年に1回程度(7.8%)』『ほぼ毎日(5.8%)』と続きました。

1年以上会っていない方が多い結果になりました。仕事を休めなかったり、育児があったりとなかなか時間を割くのが難しいのかもしれません。
また、今の時代テレビ電話やLINEといったコミュニケーションツールですぐ連絡を取ることができるのも関係しているのかもしれません。

親の”孤独死”を心配に思う人が〇割!?

話題にも上がった「孤独死」ですが、離れて暮らす方はどう思っているのでしょうか。

「親の孤独死は心配ですか?」と質問したところ、約半数の方が『心配(21.8%)』『やや心配(24.1%)』と回答しました。

親と会う回数が少ないほど心配になりますよね。ましてや親が高齢だと尚更です。
久しぶりに顔を見せたり、近況報告をしたりするのも親孝行です。しばらく会っていない方はこの機会に会いに行ってみるのもいいかもしれませんね。

遺品整理・生前整理のことしっかり相談できていますか?

親が高齢になるにつれて、生前整理や遺品整理について考える機会があるのではないでしょうか?

「生前整理・遺品整理について、親と話し合ったことはありますか?」と質問したところ、『はい(18.7%)』『いいえ(81.3%)』といった結果になりました。

8割以上の方が話し合いをしたことがないとわかりましたが、話し合ったことがある方はどのような話をしたのでしょうか?

「どのような話がメインでしたか?」と質問したところ、『財産分与について(38.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『貴重品をどうするか(28.4%)』『契約について(16.8%)』『形見について(10.6%)』『その他(5.3%)』と続きました。

財産分与や貴重品は、あとから揉める原因にもなり得るので、しっかりと話し合うことが良いでしょう。
さらに身の回りの契約関係に関しても、解約の手続きに苦労したり、損をしてしまったりと様々なトラブルが出てきてしまうことがあります。
そのため、親の生活感や貴重品の場所など事前に把握していることが大切です。

そこで、「親の「生活感」や「貴重品がどこにあるのか」を把握していますか?」と質問したところ、8割近くの方が『いいえ(76.9%)』と回答しました。

把握できていない方がほとんどという結果になりました。後で苦労する前に話し合えることは話しておいた方が良いでしょう。

話し合いができてない人8割!「生前整理・遺品整理って大変そう…」実際に困ることとは?

生前整理・遺品整理に対してどういったイメージを持っている方が多いのでしょうか?

「親の生前整理・遺品整理と聞いて何が思いつきますか?(複数回答可)」と質問したところ、『契約や手続きなど全て処理できるか心配(43.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『貴重品や重要書類など区別できるのか(40.9%)』『整理する量が多くて大変そう(33.5%)』『思い入れのあるものは処分しづらそう(28.3%)』『整理の時間が取れるか(24.9%)』『業者に頼む場合の費用面の不安(19.1%)』『業者に頼んだ場合、貴重品や重要書類など区別されず処分されてしまわないか(17.0%)』と続きました。

契約関係や重要書類などどうすればいいのか心配になる方が多いようです。さらに、整理にも時間がかかってしまう印象があり、不安に思っている方も多いのかもしれません。
では、実際に生前整理を始めている方はどのくらいいるのでしょうか?

「実際に生前整理についての状況は?」と質問したところ、『考えていない(60.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『検討し始めた(19.1%)』『少しずつ整理し始めている(12.4%)』『万全である(8.0%)』と続きました。

生前整理を始めている方は約2割と少ない結果が出ました。
生前整理と遺品整理について、「大変そう」と心配しているにも関わらず、あまり着手していない方が多いようです。

後回しにしたら大変なことに…。今からでもできることを始めましょう

今回の調査で、遺品整理や生前整理について、話し合いができていない方が約8割いることが判明しました。

貴重品や重要書類などの把握をしていないと、後々大変なことになってしまいます。直接家に行って確認してみたり、相談してみたりするといいかもしれませんね。

調査概要:「遺品整理」に関する調査
【調査日】2020年3月6日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,152人
【調査対象】40歳以上の全国男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP