サライ.jp

年末年始の宴会シーズン。もう、予定が組まれているでしょうか? 株式会社リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)が、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象に、今年度(2019年12月~2020年1月)の忘年会・新年会(以下、忘・新年会)についての消費者アンケートを実施しました。
結果から見えてきた年末年始の宴会シーズンの動向を見ていきましょう。

■今年度の忘・新年会への参加回数は昨年度並み~微減の見込み

今年度(2019年12月~2020年1月)の忘・新年会の参加回数の見込みは「昨年と変わらない」という回答が首都圏・関西圏・東海圏の3圏域合計で78.9%。過去最高の数字を記録した2017年度に次いで、2012年の調査開始以来2番目に高い数字となっています。「昨年より大きく増えそう」「昨年よりやや増えそう」の“増加派”は計9.0%(前年同調査では10.1%)、「昨年より大きく減りそう」「昨年よりやや減りそう」の“減少派”は計12.1% (前年同調査では11.1%)で、減少派が増加派をやや上回りました。全体として大きな変化はなさそうで、横ばい~微減といった傾向が見られます。後述する昨年度の参加実績では、忘年会で平均参加回数1.07回、新年会で同平均0.59回(共に0回含む)となっており、今年度も同程度の平均参加回数になりそうです。

・今年度<2019年12月~2020年1月>の忘・新年会の参加回数の見込み(単一回答)

■忘・新年会予算(1回当たり)は3年連続で増加の見込み(前年比+54円)。今年度の1回当たりの平均想定額は4,449円

忘・新年会の予算について、昨年度に実際に使った金額と今年度の想定予算を聞きました。想定予算では、1回当たり「5,000円~6,000円未満」(32.1%)が最も多く、「3,000円~4,000円未満」(22.4%)と「4,000円~5,000円未満」(22.2%)と合わせてボリュームゾーンとなっています。 1回当たり「5,000円~6,000円未満」 の数値は2012年の調査開始以来、最高の比率を記録しました。「0円(自分では払わない)」を除く今年度の想定額は4,449円(前年比+54円、増減率+1.2%)と3年連続してプラス予想となりました。実際に使った金額を見ても経年で増加傾向にあるため、今年度も参加費は増加の予想と言ってよさそうです。ただし、今年度は10月に消費税の増税があり、上記の増減率では増税分に匹敵しないため、実質では前年比マイナスと捉えることもできます。
圏域別では、東海圏のみが前年度比の増減率で増税分を超える単価アップ(4,448円、前年比+96円、増減率+2.2%)の予測となっています。過去の実績(同じ年の参加費と想定額の差)を見ると、実際の参加費は事前の想定より高くなる傾向があるため、結果的には増税分を超えて増額という可能性もあるかもしれません。

・忘・新年会の1回当たりの参加費(支出実績)と想定予算(想定額)
(2012年忘年会~2020年新年会、実数回答)
※想定額は参加する機会がありそうな人の回答、参加費は参加者の回答

<3圏域計>

・忘・新年会1回当たりの参加費(支出実績)と想定予算(想定額)
(2012年忘年会~2020年新年会・圏域別、実数回答)
※想定額は参加する機会がありそうな人の回答、参加費は参加者の回答

<首都圏>

<関西圏>

<東海圏>

※平均は「0円(自分では払わない)」を除いて集計。
※各費用の上下0.1%の範囲のデータを無効回答として集計している。
※想定額は「自分で払ってもいい額」として聞いている。
※参加費は「自分で払っていなくても会にかかった1人当たりの金額」を聞いている。

■「会社・仕事関係」で実施する忘・新年会の予定が過去最高の45.1

今年度、誰と忘・新年会を行う予定かを聞いた結果、3圏域合計で最も多かった相手は「会社・仕事関係」で45.1%と過去最高値を記録し、次いで「友人・知人関係」が36.0%でした。昨年度の調査でも「会社・仕事関係」は過去の調査結果と比べて最高値だったが、2年連続で過去最高値を更新したことになります。「会社・仕事関係」の忘・新年会参加予定が多いのは、30~50代男性であり、逆に50・60代女性では少なく、就業率との関連が強そうです。一方、「友人・知人関係」は前年比‐1.3ポイントと、調査開始以来、年々減少している。他では、経年で減少傾向にある「家族・親族関係」(14.4%、前年比‐1.2ポイント)、「趣味・サークル関係」(9.7%、前年比‐1.2ポイント)は今年度もマイナスの傾向でした。

・今シーズンに参加する機会がありそうな忘・新年会の相手 (複数回答)

***

今年度の忘・新年会への参加回数は昨年度並み~微減の見込みであること、そして1回当たりの予算は平均4,449円(前年比+54円)で3年連続で増加の予測であることがわかりました。今年度実施予定の忘・新年会は「会社・仕事関係」(45.1%、前年比+0.2ポイント)が最も多く、「友人・知人関係」「家族・親族関係」「趣味・サークル関係」は経年で減少傾向であることも見えました。
「友人・知人関係」「家族・親族関係」「趣味・サークル関係」が減少傾向であることは寂しくもありますね。飲み過ぎには注意しながら、楽しい忘・新年会を過ごしましょう。

 

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア