新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

問い合わせ窓口、利用してますか?|7割が「電話」で問い合わせたい

【問い合わせ窓口の利用に関するアンケート調査】直近3年間の利用者は5割強。
問い合わせ時に利用したい手段は「電話」が7割弱、「メール」「問い合わせフォーム」が各40%台。「チャットサポート」は2割弱

スマートフォンやネットショッピング、インターネットアプリなど、わからないことを質問するのに必要な各企業の問い合わせ窓口。あなたは利用したことがありますか?

マイボイスコム株式会社(https://www.myvoice.co.jp/)は、『問い合わせ窓口の利用』に関するインターネット調査を2019年10月1日~5日に実施し、10,271件の回答を集めました。今回は、その調査の結果をご紹介します。

◆問い合わせ窓口の利用手段

直近3年間に問い合わせ窓口を利用した人は5割強です。問い合わせ手段は(複数回答)、「電話」が42.0%、「Webサイトの問い合わせフォーム」「メール」が各2割強となっています。チャットサポートやチャットボットで問い合わせたことがある人は1割強です。問い合わせ窓口の利用手段

◆チャットサポート・チャットボットで問い合わせた理由

直近3年間にチャットサポートやチャットボットで問い合わせたことがある人に、その手段で問い合わせをした理由を聞いたところ(複数回答)、「時間や場所に関わらず、いつでも相談できる」が57.7%、「気軽に問い合わせができる」「待たされない」「Webサイトなどから、チャットサポートやチャットボットに誘導された」が各4割前後となっています。10~30代では、「気軽に問い合わせができる」の比率が高くなっています。

◆問合せ窓口利用時の重視点

問い合わせ窓口利用時の重視点は(複数回答)、「電話のつながりやすさ」が60.0%、「通話料・通信料がかからない」「説明のわかりやすさ」「たらい回しにされない、待たされない」「土日祝日や夜間に問い合わせ可能」が各4割弱となっています。「通話料・通信料がかからない」「説明のわかりやすさ」「誠実な対応」は、女性高年代層で高い傾向です。チャットサポートやチャットボットで問い合わせたことがある層では、「たらい回しにされない、待たされない」「問い合わせ方法の充実度」の比率が高くなっています。問合せ窓口利用時の重視点

◆今後問い合わせ時に利用したい手段

今後問い合わせ時に利用したい手段は(複数回答)、「電話」が65.9%、「メール」「Webサイトの問い合わせフォーム」が各40%台、「チャットサポート」が15.9%、「チャットボット」が4.5%です。高年代層では、「電話」の比率が高くなっています。今後問い合わせ時に利用したい手段

回答者のコメント

◆問い合わせ時にチャットサポートやチャットボットを利用したい理由、利用したくない理由(全5,809件)

『利用したい』

・スマホの料金プランの問い合わせで何度か使ったが、返答も的確で快適だった。(男性40歳)
・電話だと緊張して、用件をうまく伝えられないこともあるのでチャットサポートは利用しやすい。(女性39歳)
・文字として残ることで指示がメモとして残るので自分で作業をすることになった場合に助けになると思うので。(女性50歳)

『利用したくない』

・早くタイピングできないので、チャットは難しい。(女性55歳)
・返信が来るまでにタイムラグがあるのが気に入らないです。(男性25歳)
・文章だけでうまく説明出来るか心配だし、事務的な感じがしていいイメージがない。電話での対応でその企業の好感度が上がり次も同じ企業の製品を買った経験があるから。(女性67歳)

『どちらともいえない』

・土日や夜間はAI対応だったりして、結局問い合わせの回答が得られないことが多い。土日や夜間も対応してくれると良い。(女性38歳)
・チャットを利用するのは即答を求める場合で、しっかり検討なり調査を欲している場合には不向きな気がするから。(女性57歳)

* * *

どうしてもわからないことがあった時に利用する問い合わせ窓口。電話での利用が多いのは、やはり、口頭の方が伝えやすく、回答も早くもらえるから、といった理由でしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP