新着記事

子どもがいない場合の相続や自身の介護はどうすべきか|『子どもなくても老後安心読本』

老後も死後も揉め事ばかり!? 子どもがいない夫婦、独身者は、自分の「相続」「介護」「葬式」はどうすべきか?

いい夫婦の日

いい夫婦の日「ダイヤモンドのようにキラキラ輝く芸能人夫婦 2019」ランキング|1位はあの“美女と野獣カップル”

宝塚歌劇

100年を超える歳月に磨かれた、日本が誇るエンターテインメント・宝塚歌劇が導く、大人の上質な時間 ~夫婦で初めてのタカラヅカ~[PR]

LINEの無料スタンプを手に入れる方法【スマホ基本のき 第6回】

英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

子どもとお金

子どもが「今すぐYouTuberになりたい」と言ったら?|子どもがお金を稼ぐことを親たちはどう考えている

【ビジネスの極意】有能そうに見えないのに、給料が高い人。何が上司に評価されているのか?

【ビジネスの極意】有能そうに見えないのに、給料が高い人。何が上司に評価されているのか?

若々しい声は、良い姿勢から!

若々しい声は、良い姿勢から! 猫背を防止してはつらつと声を響かせる方法

20代恋愛

イマドキ20代社会人男性の恋愛事情|職場内に恋人・配偶者がいるのは約3割。お相手の4割は「先輩女性」!

認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは…

認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処しないと起こる最悪の事態とは?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 宝塚歌劇
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

問い合わせ窓口、利用してますか?|7割が「電話」で問い合わせたい

【問い合わせ窓口の利用に関するアンケート調査】直近3年間の利用者は5割強。
問い合わせ時に利用したい手段は「電話」が7割弱、「メール」「問い合わせフォーム」が各40%台。「チャットサポート」は2割弱

スマートフォンやネットショッピング、インターネットアプリなど、わからないことを質問するのに必要な各企業の問い合わせ窓口。あなたは利用したことがありますか?

マイボイスコム株式会社(https://www.myvoice.co.jp/)は、『問い合わせ窓口の利用』に関するインターネット調査を2019年10月1日~5日に実施し、10,271件の回答を集めました。今回は、その調査の結果をご紹介します。

◆問い合わせ窓口の利用手段

直近3年間に問い合わせ窓口を利用した人は5割強です。問い合わせ手段は(複数回答)、「電話」が42.0%、「Webサイトの問い合わせフォーム」「メール」が各2割強となっています。チャットサポートやチャットボットで問い合わせたことがある人は1割強です。問い合わせ窓口の利用手段

◆チャットサポート・チャットボットで問い合わせた理由

直近3年間にチャットサポートやチャットボットで問い合わせたことがある人に、その手段で問い合わせをした理由を聞いたところ(複数回答)、「時間や場所に関わらず、いつでも相談できる」が57.7%、「気軽に問い合わせができる」「待たされない」「Webサイトなどから、チャットサポートやチャットボットに誘導された」が各4割前後となっています。10~30代では、「気軽に問い合わせができる」の比率が高くなっています。

◆問合せ窓口利用時の重視点

問い合わせ窓口利用時の重視点は(複数回答)、「電話のつながりやすさ」が60.0%、「通話料・通信料がかからない」「説明のわかりやすさ」「たらい回しにされない、待たされない」「土日祝日や夜間に問い合わせ可能」が各4割弱となっています。「通話料・通信料がかからない」「説明のわかりやすさ」「誠実な対応」は、女性高年代層で高い傾向です。チャットサポートやチャットボットで問い合わせたことがある層では、「たらい回しにされない、待たされない」「問い合わせ方法の充実度」の比率が高くなっています。問合せ窓口利用時の重視点

◆今後問い合わせ時に利用したい手段

今後問い合わせ時に利用したい手段は(複数回答)、「電話」が65.9%、「メール」「Webサイトの問い合わせフォーム」が各40%台、「チャットサポート」が15.9%、「チャットボット」が4.5%です。高年代層では、「電話」の比率が高くなっています。今後問い合わせ時に利用したい手段

回答者のコメント

◆問い合わせ時にチャットサポートやチャットボットを利用したい理由、利用したくない理由(全5,809件)

『利用したい』

・スマホの料金プランの問い合わせで何度か使ったが、返答も的確で快適だった。(男性40歳)
・電話だと緊張して、用件をうまく伝えられないこともあるのでチャットサポートは利用しやすい。(女性39歳)
・文字として残ることで指示がメモとして残るので自分で作業をすることになった場合に助けになると思うので。(女性50歳)

『利用したくない』

・早くタイピングできないので、チャットは難しい。(女性55歳)
・返信が来るまでにタイムラグがあるのが気に入らないです。(男性25歳)
・文章だけでうまく説明出来るか心配だし、事務的な感じがしていいイメージがない。電話での対応でその企業の好感度が上がり次も同じ企業の製品を買った経験があるから。(女性67歳)

『どちらともいえない』

・土日や夜間はAI対応だったりして、結局問い合わせの回答が得られないことが多い。土日や夜間も対応してくれると良い。(女性38歳)
・チャットを利用するのは即答を求める場合で、しっかり検討なり調査を欲している場合には不向きな気がするから。(女性57歳)

* * *

どうしてもわからないことがあった時に利用する問い合わせ窓口。電話での利用が多いのは、やはり、口頭の方が伝えやすく、回答も早くもらえるから、といった理由でしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP