新着記事

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

定年後はクリエイティブに生きる|「パクること」から始める創作生活

文/鈴木拓也

リタイア後だからこそ、クリエイティブな活動がおすすめ|『定年クリエイティブ』
最近、リタイア後の人生に必要なのは「キョウイクとキョウヨウ」だと聞くことが多い。

これは、「教育と教養」ではなく、「今日行く所と、今日の用がある」という意味なのだそうだ。
日々、どこかに行く予定があり、用事もあることが、定年退職後も溌溂と生きる秘訣。もし、それがなくて暇を持て余し気味なら、どうすればよいのだろうか?

「クリエイティブ活動」をすすめるのは、『定年クリエイティブ』を上梓した中島正雄さんだ。

中島さんは、日本コロムビアの代表取締役社長を退任後、ブルースバンドを主宰してライブ活動を行う、クリエイティブなシニアの一人。著書の中では、「クリエイティブ」を「自分で、自分なりの『価値のあるもの』をつくり出すこと」、「自分を表現すること、自己表現」と定義。生来の才能に恵まれた人だけの特技ではない、誰でもできることだと力説する。巻末に実例が紹介されているが、「ボランティア活動」や「畑仕事」も、工夫次第では立派なクリエイティブ活動。なにも芸術的なことに限らないという。

そう言われても、「今からクリエイティブを始めるなんて」と腰の重い人に、中島さんは、いくつかのアドバイスを出している。

■「できること」より「やりたいこと」を探す

現役時代は趣味もなく仕事一筋で生きてきた人ほど、定年後はクリエイティブ活動という生き方にハードルの高さを感じるようだ。

中島さんは、最初の一歩として新しい趣味を見つけること、それも「やりたいこと」「好きなこと」を基準にした趣味探しをすすめている。
避けたいのは、自分が既に「できること」を基準にしてしまうこと。これだと考え方がマイナス思考に流れてしまうという。

この歳からドラムなんて叩けるようになるかな?
―無理でしょ。だって体力ないし、難しそうだし、家にドラムセット置けないし。
こんな不器用なのに料理なんてできるかな?
―いや、包丁で手を切るのが関の山かも。この歳でエプロン姿も恥ずかしいしな。
ほら、こんな感じになるのが想像できませんか。「できるかな?」と考えたら、まず「できない」という方向に流れてしまい、ついでに「できない理由」ばかり探すようになってしまうんですね。
(本書67pより)

定年後の「仕事」を見つけるのなら「できること」の棚卸しが大事だが、趣味はやってみないとわからないからチャレンジになる。そこは妥協しないよう、中島さんは説く。

■「パクること」から始める

「クリエイティブ」という言葉には、「今まで誰も考えたことのない、オリジナルなものを創る」というイメージがある。
しかし、「定年クリエイティブ」には、そんな厳密なオリジナリティは必要ないという。中島さんは、ピカソの「優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」といった名言を引用し、よその優れた作品を「パクる」のはまったくかまわないとする。

ただ盗むのではなく、そこに自分のアイデアを加えて、組み合わせて、新たなものをつくればいい。それが、正しい「クリエイティブな姿勢」なんです。
(本書131~132pより)

中島さんは、「パクる」ことの効用として素早い上達を挙げる。書道では「模書」といって、手本を半紙の下に置いてなぞり書きする練習法があるが、それと似ている。自分がリスペクトする作品を手本として、「どんどんパクって」上達を狙う。もちろん、盗作や海賊版として商売をしてはいけないと釘も刺す。

■創ったら発表する

「趣味」と「クリエイティブ活動」との境目は何なのだろうか?

それは、「自分だけで完結する」か「誰かに見てもらう」かの違いだと中島さんは述べる。まだファンもいないのに誰に見せるのかと訝るかもしれないが、最初は家族、友人、仲のいい近所の人で十分だという。とにかく、身近な人に見てもらう。そのメリットははかり知れない。

誰かに見てもらって感想や印象を聞かせてもらうことで、自分の作品のいいところやまだ足りないところ、これから目指すべき方向性などが明確になってきます。さらに「人に見せる」「人に聞かせる」「人に食べてもらう」といった目標ができると、それが適度な刺激となり、そこから適度な緊張感が生まれて、クリエイティブ活動のモチベーションがグンとアップするんですね。
(本書84pより)

さらに、何よりも大きいのが「楽しさ」。中島さんは、60代半ば過ぎの今も聴衆を前に演奏を披露するが、拍手をもらったときの楽しさは、部屋で独りギターを弾いている時とはまったく比べ物にならないという。特に今は、誰でもSNSやブログで発信できる時代。文明の利器を活用しない手はない。

*  *  *

定年クリエイティブの別の側面から見たメリットとして、中島さんは、「孤独の予防」と「脳の老化の防止」も挙げる。それらは地域活動や脳トレなど別の手段でも解決できるだろうが、クリエイティブ活動にはワクワクする高揚感という、ほかでは得にくい要素がある。その感情は人生を「もっと濃く、長くする」そうだ。定年後も楽しく生きたい方は、本書を参考にしてはいかがだろうか。

【今日の健康に良い1冊】
『定年クリエイティブ‐リタイア後の創作活動で後悔のない人生を‐』

https://www.wani.co.jp/event.php?id=6290

(中島正雄著、本体880円+税、ワニブックス)『定年クリエイティブ‐リタイア後の創作活動で後悔のない人生を‐』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP