新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

文/印南敦史

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

「定年なんて、ずっと先のこと」と思っていたのに、ふと気がつけば、もうあと数年。ましてや「老後2000万円問題」が持ち上がったりすると、老後についての不安は瞬く間に現実味を帯びるものだ。

ファイナンシャルプランナーである『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』(畠中雅子著、大和書房)の著者も、老後資金の準備は早くスタートする必要があると主張している。

準備を先送りにするほど老後資金は貯めにくくなるし、資金準備を確実なものにするためには、お金の基本的な知識や家計のやりくり方を身につける必要があるというのだ。

その際の重要なポイントは、自分の実力に見合った目標額を定めること。過度に高額な目標を掲げると、老後に至るまでの生活に無理な節約を強いる可能性が高いというのがその理由だ。

 実際に定年後の生活設計のご相談を受けていると、目標額が定まらない方が少なくありません。「3000万円あれば、足りますか?」「できれば7000万円くらい貯めたいんですけど」など、目標額で悩む方がたくさんいるのです。このような質問を受けた時に私は、「一般論で語られている金額を参考にしても意味がありません」と答えるようにしています。必要な老後資金額は、各家庭の「年間の赤字額」をもとに計算するものだからです。(本書「はじめに」より引用)

そこで、「家計の見なおし方」を解説した本書が役に立つわけである。とくに注目したいのは、第1章「老後資金、我が家の場合、結局いくら必要ですか?」で明らかにされている老後資金の目標額の求め方だ。

なぜならここで著者は、聞くに聞けない老後資金についての不安に答えてくれているからである。とくに冒頭の「老後の資金は3000万円ぐらい必要って本当?」という問いは、「老後2000万円問題」に直結するだけに興味深いところだ。

だが、老後資金は「最低でも3000万円必要」なのかという問題に対する返答は、「イエスでもあり、ノーでもあります」という意外なものでもある。

 老後資金の必要額は、人によって異なります。たとえば、生活費は家族構成、収入やこだわりによって大きく違います。また退職金や年金額など、老後の収入も人によって異なりますから、一概に3000万円などとはいえないのです。(本書21ページより)

言われてみればたしかにそのとおりだが、では「年金問題」についてはどうだろう?「年金制度は破綻するからあてにできない」という意見が多いと、やはり不安になってくるものである。

 相談業務の中で「年金は破たんしますよね?」と聞かれることもありますが、そのような時には「年金の支給率については、目減りするしかありませんが、年金制度そのものが破たんしているわけではありません」とお答えしています。(本書23ページより)

年金制度が破たんしてしまうのであれば、健康保険制度や介護保険制度など、年金以外の制度も相当おかしな状況になってしまうはずだというのだ。それに、自分の力でどうにもならないことを嘆いていても、具体的なプランを立てる妨げにしかならない。

仮に年金制度が破たんするのであれば、公的年金なしでの生活設計を立てなければならないことになる。だが年金がもらえないとして計算した場合、老後の生活は成り立つだろうか?

 多くの方の答えは、ノーだと思います。年金制度の先行きを嘆いたり、政策の不備をあげつらうよりも、年金だけでは不足してしまいそうな金額を見積もり、その金額を貯める方法や生活費を抑える方法を考えることに力を注いだほうが、ずっと建設的だと思います。(本書24ページより)

つまり、考え方の方向性を変えることこそが重要なのだ。そして、そう考えた場合、老後の生活設計は“年金制度ありき”を基本にすべきだというのである。

* * *

たとえばこのように、純粋な疑問に対して簡潔に答えてくれているだけに、読んでみればかなりの不安材料を解消できるはず。不安の少ない豊かな老後を実現するためにも、ぜひ読んでおきたいところだ。

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

畠中雅子著

大和書房

本体1,300円+税

発行年2017年3月

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2019年還暦人を徹底調査 60歳の格差広がる|還暦人の貯蓄額平均は2,956万円、一方4人…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  4. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
  5. 親の終の棲家をどう選ぶ?|3度の脳梗塞に襲われた妻。夫の決断とは【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|3度の脳梗塞に襲われた妻。その時、夫が…
PAGE TOP