最近よく聞くようになった“腸活”。人間だけでなく、犬にも効果的だということはご存じでしたか? 犬の寿命は平均で14、15歳ぐらいと言われていますが、少しでも長くそばにいて欲しいという気持ちは飼い主なら誰でも思うものです。

そんな要望に応えて林美彩獣医師が考案したのが犬に長生きしてもらうためのご飯。林先生は病気にならない体作りを目指し、東洋医学を取り入れた代替療法を提唱しています。今回は最新刊『獣医師が考案したワンコの長生き腸活ごはん』(世界文化社)から、生活習慣が与える犬への影響についてご紹介。犬とのより良い生活のために参考にしてみてください。

文/林 美彩

生活習慣が“モノ”をいうワンコの腸に良い日常生活

腸に悪影響を与える生活習慣は、いわば健康の大敵。愛犬への接し方、または生活習慣を変えることが腸に優しい生活につながっています。

【口腔内の環境が整っている】

ワンコの口腔内はアルカリ性に傾いており、人間のように虫歯にはほとんどなりません。しかし、歯垢が歯石になるスピードが速く、3~5日ほどで歯石になってしまいます。また、ワンコの歯周病も、近年、問題になっています。歯周病菌による慢性炎症が歯の組織の破壊のみならず、全身疾患を誘発する危険因子になる可能性も。それらの疾患の多くが腸内細菌に関連するということも判明しています。

【適度な運動量】

犬の運動量は、年齢や犬種、ライフステージ、体型によっても異なり、個体差で調整しなくてはいけません。以下が目安です。
●超小型犬の運動量 1日2回(1回20~30分)
●小型犬~中型犬の運動量 1日2回(1回30分~1時間)
●大型犬の運動量 1日2回(1回1時間以上)

【適切な睡眠】

運動量同様に個体差はありますが、ワンコの1日の平均睡眠時間は約12~15時間! 1歳未満の成長期のワンコやシニア犬の場合は、さらに睡眠時間が長くなる傾向にあり、1日18~19時間ほど寝ることも!

【ストレスフリーな生活】

例えば、家の環境が変わったり、引っ越しをしただけでも、神経質なワンコはストレスに。
大事なのは家族みんなが穏やかに過ごし、快適な生活環境にしてあげることです。外部の音などにも気をつけましょう。また、適度なコミュニケーションを取ることも重要です。甘やかしすぎもよくありませんが、ワンコはいつもコミュニケーションを取りたがる性格ということを忘れずに。そして、ワンコにとって適切な運動量の散歩をすることも重要です。
自分のしっぽを噛んだり、追い回したり、皮膚炎を起こすほど体を執拗になめ続けたり、激しい脱毛、下痢、血尿、嘔吐などの不調はストレスがたまっているサインです。

【添加物の少ない食事、腸を冷やさない温かい食事】

保存料や人工甘味料などの食品添加物は腸内環境を悪化させます。また、熱すぎる食べ物はワンコの火傷のもとに。人が食べて「ぬるいな」と感じる程度の温かさを保ちましょう。

生活習慣が“モノ”をいうワンコの腸に悪い日常生活

ワンコの腸内環境に悪影響を与えるかもしれない原因を紹介します。

【口腔内のケアができていない】

先にも述べましたが、犬は3~5日で歯石ができますので、歯のお手入れは絶対必要です。犬の歯磨きは“ゆっくり”、“優しく”が基本。歯磨きガムでは、歯磨きをすることと同じ効果は得られないので、できるだけ歯磨きをすることを基本にしてください。終わったらご褒美を忘れずに。

【生活リズムの乱れ(睡眠不足、運動不足など)】

運動不足は悪玉菌の増殖につながるといわれています。また、ワンコも、睡眠不足は自律神経が乱れる原因となり、腸にも悪影響を及ぼすといわれています。

【ストレス過多】

ワンコが下痢や腹痛を引き起こしたりしたら要注意。ストレスを感じているときは交感神経が優位になることが多く、腸の動きが悪くなるといわれています。

【添加物が多い食事、冷えた食事】

食生活の乱れは、腸内環境を悪化させます。ワンコの腸内にも、ビフィズス菌・乳酸菌・酪酸菌など、多くの種類の腸内細菌が生息していますが、それらの細菌の多様性を保つことが、すこやかな腸内環境を保つポイントです。食物繊維が多い食生活に変えてみて! 冷えた食事はダイレクトに体を冷やすのでおすすめしません。

*  *  *

『獣医師が考案したワンコの長生き腸活ごはん』
著/林美彩 監修/古山範子
世界文化社 1,925円(税込)

林 美彩(はやし・みさえ)
獣医師。毎日の食べるもので体が作られていくという両親の教えのもと、学生時代に飼っていた愛犬・茜を迎えたことをきっかけに、手作り食を学ぶ。大学卒業後は、西洋医学、代替療法両方の動物病院の勤務、サプリメント会社での相談対応に従事。西洋医学と代替療法の良いところを融合させた治療、病気にならない体作り、家庭でできるケアを広めるため、2018年3月に「chicoどうぶつ診療所」を開院。現在、全国より数々の相談を受けている。獣医保健ソーシャルワーク協会、比較統合医療学会所属。

古山範子(ふるやま・のりこ)
獣医師。麻布大学獣医学部獣医学科卒業。愛猫と保護猫と暮らし、手作り食を中心に犬猫の養生法を提案する、「犬猫養生Harmony」を主宰。中山動物病院(茅ヶ崎市)非常勤獣医師。アニマルホリスティックケアセラピスト養成講座講師。日本獣医ホメオパシー学会認定獣医師。日本ペット栄養学会会員。日本獣医動物行動研究会会員。国際薬膳師。獣医保健ソーシャルワーク協会所属。

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店