2023年12月5日、海外ファンドによる、日本の富裕層向けの運用商品の提供拡大が報道された。2024年、カナダ系の不動産関連会社・ブルックフィールドは海外の不動産やインフラを対象とする公募投資信託を国内で販売予定だ。アメリカの投資運用会社・ブラックストーンや、KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)などに続き、資金の調達先を分散して運用を安定させる狙いがあるのだという。

日本が貧しくなったというニュースをよく見るが、富裕層は増えていると感じる。調査会社・野村総研の2023年の発表によると、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の「富裕層」、および同5億円以上の「超富裕層」を合わせると148.5万世帯で、この推計を開始した2005年以降最多だという。

友紀夫さん(65歳)は、3月末まで大手企業の取締役をしていた。役員に定年はないが、辞めたのだという。金融資産、不動産資産は数億円に及び、一生かかっても使い切れないそうだ。

「ウチなんか、まだまだだけど、一応富裕層だから老後は安泰。何の心配も問題もないけど、とにかくヒマなんだよ」という。

「別れてほしいという女房に、2億やったよ」

友紀夫さんは現役時代、異業種交流会を主宰したり、予約が難しいレストランでの食事会幹事などをしていた。派手で自信満々だったこともあり、リタイア後は華やかな生活をしているかと思いきや、一人での行動が多いという。

「昨日は天気が良かったから、退職金で買ったフェラーリで三浦半島までドライブしちゃったよ。帰りに直売所に寄ったら、1m近くある大根や、丸々と太った白菜を買ってきたんだけど、家だと料理しないから、どうしようかと思って。家政婦さんにあげようとしたら、“ウチの会社はモノをいただけないんです”って突っぱねられちゃってさ」

友紀夫さんには妻がいたはずだ。薬剤師をしており、家庭内別居は20年に及ぶとかつて語っていた。2人の間に子供はいない。

「俺の定年退職の日に、離婚届を持ってきたよ。ご丁寧にも、俺が昔、女房に言った“俺は出世がしたいから、離婚はしない。退職の日に離婚してやる”と言った音源を持って、弁護士と迫ってきた。こうされたらNOとは言えない。財産分与分についてもうるさいから、2億円やったよ」

友紀夫さんがここまで資産を持っているのは、日本とアメリカで会社を経営していた父親が残した資産があるからだ。友紀夫さんには他に2人きょうだいがいたが、いずれもこの世にいない。10年前、父が亡くなった時、兄は突如として入った億単位の遺産に舞い上がり浪費を重ねた後に、離婚。最後は自死同様の状態で亡くなっていたという。妹は14年前に49歳という若さで、すい臓がんで亡くなっている。

「医師からはステージ4で現代の医学では助からないと言われたんです。当時、生きていたオヤジが、それでも助けたいと、金に糸目をつけず、祈祷師を読んだり、ヘリをチャーターして怪しげな治療に通っていたけど半年もたたないうちに死んじゃった。それからすぐに母が亡くなり、父も亡くなった」

【甥と姪に世間を教えてやろうとしたが……次のページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店