取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです

厚生労働省が発表した「令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)」では、2020年度の婚姻件数は 52万5490組、離婚件数は19万3251組。婚姻件数、離婚件数ともに前年よりも減少しているものの、今もどこかで夫婦が誕生して、夫婦が他人になっている。日本の非婚化がメディアなどで多く取り上げられているが、今回は離婚を経験後に再び家族を求める人たちに、その理由を伺っていく。

「小さい頃から私には心から信じられる存在がいませんでした。母親のことは好きだと思っていましたが、それも無理やりだったのかなって。親を嫌うなんておかしいことだと思っていましたから」と語るのは、江里菜さん(仮名・42歳)。現在は夫との2人暮らしをしている。2人は未入籍期間が長かったのだが、その理由には母親が影響している。

母親しかいなかったから、頼るしかなかった

江里菜さんは埼玉県出身で、母親との2人家族。父親は江里菜さんが小学2年生のときに離婚。元々あまり帰って来ず、「母親の目を気にして父とは仲良くしていなかった」と振り返る。

「覚えている中ではずっと両親は仲が悪くて、母親が一方的に怒っていて、父親はそれを無視して家を出て行くといった感じでした。父の悪口を母親から刷り込みのように聞かされていて、父のことを嫌いになるというよりも、仲良くしたら母親から嫌われるんじゃないかという不安が大きくて、父親とうまく話せませんでしたね。そんな子、父からしたらかわいくないですよね。父親がいなくなったときも、やっぱりそうかという思いしかありませんでした」

母親と2人きりの生活になってから、母親の口癖は「私は子どものために犠牲になった」だった。

「母はちゃんと子育てもしてくれたし、仕事で遅いときには晩ご飯を用意してくれていました。基本的には優しかったと思います。でも、私に向かって、電話している誰かに向かって、『子どものために私の人生は犠牲になっちゃったから』というようなことを笑いながらよく口にしていました。私のことが邪魔なんだって認識しつつも、私は母親しか頼れる人がいませんでした。邪魔にならないようにいい子だったと思います。

祖父母は存在も知りません。死別なのか、折り合いが悪かったのかもわかりません。兄妹などもいないから、母親だけだったんです」

【離婚した娘に「自分の人生を犠牲にしてまでちゃんと育ててやったのに」。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品