まったく帰って来ない義父の援助で大学に進学

仲良くなるきっかけがないまま愛花さんは反抗期を迎え、母親ともあまり会話をしないように。高校生になった頃には母親とは再び会話をするようになりますが、そのときには義父はほとんど家に帰って来なくなっていたとか。

「本当にゲームでいうならレアキャラみたいな存在でした。家にいたら、逆にびっくりしてしまうような。両親がケンカしているような様子もなかったし、私が父のことを気にしていると思われたくない気持ちもあって、母親に父のことを聞けなかった。母親も父の話をまったくしてこなかったので、なぜ帰って来なくなったのかの理由は知りません。

一応、『お父さん』とは呼ぶようにしていたけど、距離感は親戚の叔父さんぐらいで、叔父さんに対して会えなくても寂しいなんて思うわけないですよね。私の中では同じなので、居てもいなくても一緒でした」

愛花さんは大学への進学を目指しており、進路を母親に相談したときに母親は「あの人」と義父のことを口にします。結果、進学費用は義父が出してくれたものの、愛花さんは複雑な思いを抱えてしまったそう。

「私大へ進学したいと母親に伝えたら、『あの人に聞いてみないといけない』と言ったんです。あの人って、父のこと。そのときには父はまったく帰って来ていなかったのですが、お金の面ではまだ頼っているんだなって思いました。

母親だけでなく私とも希薄な関係なのに、大学費用という都合の良いときだけ父に頼っていいのかなって申し訳ない気持ちになって……。結果、奨学金にも頼らずに大学には進学させてもらえたので恩はとても感じていますが、いっそ大学を諦めるべきだったのかなって思いに囚われた時期がありました」

愛花さんの中でも母親の中でもいなかった存在になっていく義父。母親にまた女の雰囲気を感じたとき、娘は何を思ったのか。【~その2~に続きます】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
5月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店