新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

逸品

マイルス・デイヴィス「ジャズ・ブルー・インク」をめぐる冒険

マイルスの名盤『カインド・オブ・ブルー』(ソニー)

前回より続く)
さて、「Miles Davis Jazz Blue Ink」(30mlボトル/税込1,944円)の存在は確認した。これは絶対手に入れたい。発売元のモンブランに問い合わせると、「すでに製造終了」「今後の入荷見込みなし」と丁寧な回答が。まあ、昨年発売されて、ふつうに世界じゅうで入手できたGOODSなのだから、知らなかった自分が悪い。調べてみると万年筆インクは限定商品も多く、それらは完売後には価値に応じて、プレミア価格で取引されるのが相場のようだ。まるで廃盤レコードだ。ならば廃盤レコードと同様の方法で探索だ。今の世の中、ネットとクレジットカードさえあれば手に入らないものはない(ハズ)。問題は価格だな。

まずはヤフオク。さすがyahoo!あった。が、インク・マニアではないジャズ・ファンとしては、想像を超えた高価格(約一万円)だ。ならばとeBayへいってみるが、こちらはヤフオクほどではないが、そこそこの値付け。さらに送料が商品以上に高い。かなりのレアものなのか?……で気がついた。これは廃盤レコードではないから、一般商品の販売サイトでいいではないか。まったくジャズ・ファン思考回路は困ったものだ。

しかし、流石に還暦も近い男が「メルカリ」に手を出すのは、躊躇する。で、日本のアマゾンではヒットせず、海外のアマゾンへ。まずはモンブラン本社があるドイツは……ヒットせず。フランス、イタリア、オランダ、オーストリア、フランス、UKにもない、ない、ない。ほかのモンブランのインクは扱っているのになぜだ? そんなにマイルス・ファンが欧州には多いのか? いや、インク・マニアか。残るはアメリカだけだ。

……で、ありました。amazonUSA。プレミア価格で31ドル。ちなみにモンブランのアメリカでの販売価格は20.5ドルだった。31ドルがプレミア価格として高いのか安いのかは判断がつかないが、送料込みで36.87ドル(購入時レートで4,236円)なら万々歳だ。ポチ。(なお、日本のアマゾンで商品名がなぜかイタリア語表記になっている商品を後日発見した。アメリカ発送のようである。)

アメリカからは1週間ほどで編集部に届いた。パッケージはご覧の通り超クール。開封してみるとボトル本体には文字が一切ない。キャップのブランド・ロゴの圧倒的な存在感は、さすがモンブラン。「リラクシン万年筆」の軸を外してコンバーターを取り付ける。ゆっくりとボトルのキャップを開け、ペン先を入れてコンバーターのスライドを動かしインクを吸い上げる。軸を元に戻して、キャップをして眺めてみる。おお、ついに「マイルス・ブラック」と「ジャズ・ブルー」の待望の共演が実現したのだ、とひとりでニンマリしてしまう。この原稿は原稿用紙にマイルス・ブルーで書いてみるか……。

「リラクシン万年筆」と「Miles Davis Jazz Blue Ink」のパッケージとボトル。

ジャズ・ブルーの色はかなり明るい。下のパーカーのブルーブラックと比較してみた。

手間はかかるが、煩わしくない。それどころか、なにか楽しい。うーん、これはどこかで体験したことがある感覚だと思ったら、そうだ、アナログ・レコードだ。ターンテーブルに載せ、レコードのホコリを拭いてスイッチを入れて、慎重に針を落とし、アンプのボリュームを上げる……あの「儀式」だ。「リラクシン万年筆」を手にした方はぜひ「インク吸い上げ体験」をしてほしい。ジャズ・ファンならきっとこの「儀式」も楽しみのひとつになるだろう。

なお、「ジャズ・ブルー」は、パッケージのシルエットのような澄んだ青だった。これはマイルスの名盤『カインド・オブ・ブルー』のタイトル文字の青だったのだ。

(本文中の情報は2018年8月現在の情報です。価格等は現在と異なる場合があります)

*「JAZZ絶対名曲コレクション」全巻予約特典「リラクシン万年筆」のご案内はこちらで。
「JAZZ絶対名曲コレクション」公式サイト:http://www.shogakukan.co.jp/pr/jazz4/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「若冲レッド」と「マイルス・デイヴィス・ブルー」
PAGE TOP