新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

マイルス・デイヴィス「ジャズ・ブルー・インク」をめぐる冒険

マイルスの名盤『カインド・オブ・ブルー』(ソニー)

前回より続く)
さて、「Miles Davis Jazz Blue Ink」(30mlボトル/税込1,944円)の存在は確認した。これは絶対手に入れたい。発売元のモンブランに問い合わせると、「すでに製造終了」「今後の入荷見込みなし」と丁寧な回答が。まあ、昨年発売されて、ふつうに世界じゅうで入手できたGOODSなのだから、知らなかった自分が悪い。調べてみると万年筆インクは限定商品も多く、それらは完売後には価値に応じて、プレミア価格で取引されるのが相場のようだ。まるで廃盤レコードだ。ならば廃盤レコードと同様の方法で探索だ。今の世の中、ネットとクレジットカードさえあれば手に入らないものはない(ハズ)。問題は価格だな。

まずはヤフオク。さすがyahoo!あった。が、インク・マニアではないジャズ・ファンとしては、想像を超えた高価格(約一万円)だ。ならばとeBayへいってみるが、こちらはヤフオクほどではないが、そこそこの値付け。さらに送料が商品以上に高い。かなりのレアものなのか?……で気がついた。これは廃盤レコードではないから、一般商品の販売サイトでいいではないか。まったくジャズ・ファン思考回路は困ったものだ。

しかし、流石に還暦も近い男が「メルカリ」に手を出すのは、躊躇する。で、日本のアマゾンではヒットせず、海外のアマゾンへ。まずはモンブラン本社があるドイツは……ヒットせず。フランス、イタリア、オランダ、オーストリア、フランス、UKにもない、ない、ない。ほかのモンブランのインクは扱っているのになぜだ? そんなにマイルス・ファンが欧州には多いのか? いや、インク・マニアか。残るはアメリカだけだ。

……で、ありました。amazonUSA。プレミア価格で31ドル。ちなみにモンブランのアメリカでの販売価格は20.5ドルだった。31ドルがプレミア価格として高いのか安いのかは判断がつかないが、送料込みで36.87ドル(購入時レートで4,236円)なら万々歳だ。ポチ。(なお、日本のアマゾンで商品名がなぜかイタリア語表記になっている商品を後日発見した。アメリカ発送のようである。)

アメリカからは1週間ほどで編集部に届いた。パッケージはご覧の通り超クール。開封してみるとボトル本体には文字が一切ない。キャップのブランド・ロゴの圧倒的な存在感は、さすがモンブラン。「リラクシン万年筆」の軸を外してコンバーターを取り付ける。ゆっくりとボトルのキャップを開け、ペン先を入れてコンバーターのスライドを動かしインクを吸い上げる。軸を元に戻して、キャップをして眺めてみる。おお、ついに「マイルス・ブラック」と「ジャズ・ブルー」の待望の共演が実現したのだ、とひとりでニンマリしてしまう。この原稿は原稿用紙にマイルス・ブルーで書いてみるか……。

「リラクシン万年筆」と「Miles Davis Jazz Blue Ink」のパッケージとボトル。

ジャズ・ブルーの色はかなり明るい。下のパーカーのブルーブラックと比較してみた。

手間はかかるが、煩わしくない。それどころか、なにか楽しい。うーん、これはどこかで体験したことがある感覚だと思ったら、そうだ、アナログ・レコードだ。ターンテーブルに載せ、レコードのホコリを拭いてスイッチを入れて、慎重に針を落とし、アンプのボリュームを上げる……あの「儀式」だ。「リラクシン万年筆」を手にした方はぜひ「インク吸い上げ体験」をしてほしい。ジャズ・ファンならきっとこの「儀式」も楽しみのひとつになるだろう。

なお、「ジャズ・ブルー」は、パッケージのシルエットのような澄んだ青だった。これはマイルスの名盤『カインド・オブ・ブルー』のタイトル文字の青だったのだ。

(本文中の情報は2018年8月現在の情報です。価格等は現在と異なる場合があります)

*「JAZZ絶対名曲コレクション」全巻予約特典「リラクシン万年筆」のご案内はこちらで。
「JAZZ絶対名曲コレクション」公式サイト:http://www.shogakukan.co.jp/pr/jazz4/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』
  2. 「若冲レッド」と「マイルス・デイヴィス・ブルー」
PAGE TOP