新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

メンバー自らがプロデュースした大規模世界巡回展「Exhibitionism-ザ・ローリングストーンズ展」開催中 !

文/堀けいこ

~結成からの歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、衣装、貴重なアーカイヴ、3Dコンサートを体感できるコーナーなど盛りだくさん~

Exhibitionism-ザ・ローリングストーンズ展
「GREAT! Keep on Rolling 」。永遠のロックンローラー、故・内田裕也氏がこんなメッセージを寄せたのが、東京で開催中の「Exhibitionism−ザ・ローリングストーンズ展」。2016年4月のロンドンを皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ラスヴェガス、ナッシュヴィル、シドニーと世界各地を回り、これまでの観客動員数は100万人を突破しているという大規模世界巡回展。日本がアジア唯一の開催国とあって、国内だけでなく海外からも大きな注目を集めている。

待ちに待った初日の3月15日には開場時間よりかなり前から多くのファンが集結。オープンされると、すかさずストーンズ・ワールドを満喫している人々の喜びがSNSで飛び交って話題になった。その開催もゴールデンウイーク最終日の5月6日(月)まで。ここで改めて、期間中盤となった今だからこそ語れる見所と情報を紹介しよう。

Exhibitionism−ザ・ローリングストーンズ展

「Exhibitionism−ザ・ローリングストーンズ展」の日本での会場は、東京・五反田駅から徒歩10分ほどのところにあるTOC五反田メッセ。敷地300平米の建物がまるごと会場になっていて、展示スペースは1800平米以上という広さ。大きなベロ像が置かれた建物入口を入ると、その全てがストーンズのメンバー自身がプロデュースした貴重なアイテムを堪能できる空間になっている。

会場には500点を超える展示物あり、その内容は、結成からの歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、衣装、貴重なアーカイヴなど、盛りだくさん。3Dコンサートを体感できるコーナーなどもあり、ストーンズとともに人生を歩んできたような熱いファンならずとも楽しめる催しになっている。

実際、会場では、アートやロックが好きな若い世代、親子や家族連れなど、どのコーナーでも幅広い世代の人たちと隣り合わせになる。そんな、空気感も新鮮だ。

多彩な展示の中でも、とりわけ人気となっているコーナーを挙げてみる。

まずは、体験型ミキシングのコーナー。「Miss You」や「Angie」などの代表曲8曲の中から好きな曲を選び、ヴォーカル、ギター、ドラムなどの個別の音源を、レコーディング・ミキサーになりきってミキシングすることができる。来場者たちの間では、へッドホン越しに「ミックのアカペラが聴ける!」と話題になっている。

好きな曲を選んで擬似ミキシング体験ができる。

好きな曲を選んで擬似ミキシング体験ができる。

実際に使用したレアな楽器の数々が展示されている

実際に使用したレアな楽器の数々が展示されている

ロンドンのオリンピックスタジオを再現

ロンドンのオリンピックスタジオを再現

さらに、誰もが楽しんでいるのがステージ衣装のコーナー。千鳥格子のジャケット・スタイルが初々しかったデビュー当時の1960年代から、世界最強のロック・バンドと呼ばれる現在に至るまでの、70点を超えるホンモノの衣装がずらりと展示されている。実際にライブ体験をしたことがあるファンなら「あのライブのミックの衣装だ」と興奮が蘇るだろうし、初めての人でも超一流デザイナーたちが手がけたストーンズの衣装の豪華さには驚いてしまう。

ステージ衣装のコーナー

そして一番の見ものといえるコーナーが、若き日のミック・ジャガーやキース・リチャーズが共同生活をしていたというイーディス・グローヴのアパートメントの再現。キッチンや居間がリアルに再現されていて、その散らかり様、汚れっぷりには失笑しまうほど。この様子を撮影して、SNSにアップする人も多いという。

イーディス・グローヴのアパートメント

とにかく、その楽しさ、充実ぶりに、「また観に来たい」という人が続出。平日、土曜、祝前日は最終入館が19時30分までのため、仕事帰りにも楽しめる。

会場内はすべて撮影が可能、というのも嬉しい。

会場内はすべて撮影が可能、というのも嬉しい。

ひとりでじっくり堪能するもよし、家族や仲間と喋りながら楽しむのもよし。史上最強のロックバンドとして50年以上にわたり世界的人気を誇るザ・ローリング・ストーンズの熱気を感じる、またとない機会。「GREAT! Keep on Rolling」の言葉を実感してはいかがだろう。

【Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展
delivered by DHL / official Japan sponsor 才能発掘アプリ Fairchance】

Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展

会場 TOC五反田メッセ (東京都品川区西五反田6-6-19)
開催は5月6日(月・振休)まで。
月~金・土・祝前日 11:00~20:00
日・祝日 11:00~18:00
※最終入館は閉館の30分前まで。
●トワイライト割引 : 平日夕方 17 時以降の来場者を対象にした割引が実施されています。
一般 3,500 円⇒3,000 円(500 円割引) ※会場での販売のみ、割引は一般券のみ対象、学生・VIP は対象外
●展示物は撮影可能。但し、フラッシュのご使用はご遠慮ください。
https://stonesexhibitionism.jp

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP