新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

メンバー自らがプロデュースした大規模世界巡回展「Exhibitionism-ザ・ローリングストーンズ展」開催中 !

文/堀けいこ

~結成からの歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、衣装、貴重なアーカイヴ、3Dコンサートを体感できるコーナーなど盛りだくさん~

Exhibitionism-ザ・ローリングストーンズ展
「GREAT! Keep on Rolling 」。永遠のロックンローラー、故・内田裕也氏がこんなメッセージを寄せたのが、東京で開催中の「Exhibitionism−ザ・ローリングストーンズ展」。2016年4月のロンドンを皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ラスヴェガス、ナッシュヴィル、シドニーと世界各地を回り、これまでの観客動員数は100万人を突破しているという大規模世界巡回展。日本がアジア唯一の開催国とあって、国内だけでなく海外からも大きな注目を集めている。

待ちに待った初日の3月15日には開場時間よりかなり前から多くのファンが集結。オープンされると、すかさずストーンズ・ワールドを満喫している人々の喜びがSNSで飛び交って話題になった。その開催もゴールデンウイーク最終日の5月6日(月)まで。ここで改めて、期間中盤となった今だからこそ語れる見所と情報を紹介しよう。

Exhibitionism−ザ・ローリングストーンズ展

「Exhibitionism−ザ・ローリングストーンズ展」の日本での会場は、東京・五反田駅から徒歩10分ほどのところにあるTOC五反田メッセ。敷地300平米の建物がまるごと会場になっていて、展示スペースは1800平米以上という広さ。大きなベロ像が置かれた建物入口を入ると、その全てがストーンズのメンバー自身がプロデュースした貴重なアイテムを堪能できる空間になっている。

会場には500点を超える展示物あり、その内容は、結成からの歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、衣装、貴重なアーカイヴなど、盛りだくさん。3Dコンサートを体感できるコーナーなどもあり、ストーンズとともに人生を歩んできたような熱いファンならずとも楽しめる催しになっている。

実際、会場では、アートやロックが好きな若い世代、親子や家族連れなど、どのコーナーでも幅広い世代の人たちと隣り合わせになる。そんな、空気感も新鮮だ。

多彩な展示の中でも、とりわけ人気となっているコーナーを挙げてみる。

まずは、体験型ミキシングのコーナー。「Miss You」や「Angie」などの代表曲8曲の中から好きな曲を選び、ヴォーカル、ギター、ドラムなどの個別の音源を、レコーディング・ミキサーになりきってミキシングすることができる。来場者たちの間では、へッドホン越しに「ミックのアカペラが聴ける!」と話題になっている。

好きな曲を選んで擬似ミキシング体験ができる。

好きな曲を選んで擬似ミキシング体験ができる。

実際に使用したレアな楽器の数々が展示されている

実際に使用したレアな楽器の数々が展示されている

ロンドンのオリンピックスタジオを再現

ロンドンのオリンピックスタジオを再現

さらに、誰もが楽しんでいるのがステージ衣装のコーナー。千鳥格子のジャケット・スタイルが初々しかったデビュー当時の1960年代から、世界最強のロック・バンドと呼ばれる現在に至るまでの、70点を超えるホンモノの衣装がずらりと展示されている。実際にライブ体験をしたことがあるファンなら「あのライブのミックの衣装だ」と興奮が蘇るだろうし、初めての人でも超一流デザイナーたちが手がけたストーンズの衣装の豪華さには驚いてしまう。

ステージ衣装のコーナー

そして一番の見ものといえるコーナーが、若き日のミック・ジャガーやキース・リチャーズが共同生活をしていたというイーディス・グローヴのアパートメントの再現。キッチンや居間がリアルに再現されていて、その散らかり様、汚れっぷりには失笑しまうほど。この様子を撮影して、SNSにアップする人も多いという。

イーディス・グローヴのアパートメント

とにかく、その楽しさ、充実ぶりに、「また観に来たい」という人が続出。平日、土曜、祝前日は最終入館が19時30分までのため、仕事帰りにも楽しめる。

会場内はすべて撮影が可能、というのも嬉しい。

会場内はすべて撮影が可能、というのも嬉しい。

ひとりでじっくり堪能するもよし、家族や仲間と喋りながら楽しむのもよし。史上最強のロックバンドとして50年以上にわたり世界的人気を誇るザ・ローリング・ストーンズの熱気を感じる、またとない機会。「GREAT! Keep on Rolling」の言葉を実感してはいかがだろう。

【Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展
delivered by DHL / official Japan sponsor 才能発掘アプリ Fairchance】

Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展

会場 TOC五反田メッセ (東京都品川区西五反田6-6-19)
開催は5月6日(月・振休)まで。
月~金・土・祝前日 11:00~20:00
日・祝日 11:00~18:00
※最終入館は閉館の30分前まで。
●トワイライト割引 : 平日夕方 17 時以降の来場者を対象にした割引が実施されています。
一般 3,500 円⇒3,000 円(500 円割引) ※会場での販売のみ、割引は一般券のみ対象、学生・VIP は対象外
●展示物は撮影可能。但し、フラッシュのご使用はご遠慮ください。
https://stonesexhibitionism.jp

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP