新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

昆虫記で有名なファーブルは実は「キノコおたく」だった

文/柿川鮎子

「昆虫記」で有名なアンリ・ファーブル(1823 – 1915)が、実はキノコについても超一流の研究者だったなんて、ご存じでしたか?

キノコの分類学が専門のキノコ博士こと根田仁先生に、ファーブルとキノコの知られざる深イイ関係について教えていただきました。

「南フランスで生まれたファーブルは、3歳のときに山村にある祖父母の元に預けられたのですが、そこで自然と親しむことになりました。とくにキノコ類は、そのさまざまな色合いで、幼いファーブルを惹きつけました。

初めてキノコを採った際の天にも昇るような嬉しさについて、晩年になってからも思い出して著書に書いているほどです」(根田さん)

サン・レオンのファーブルの生家と銅像(Wikimedia Commonsより引用)

そんなファーブルの“キノコ大好き”ぶりを伝えるエピソードをいくつかご紹介しましょう。

■1:昆虫も「キノコの食べ方」で分類した

日本ではファーブル昆虫記というと、フンコロガシのエピソードが即座に思い出されますが、実はそのフンコロガシの一節は昆虫記のごく一部で、ほかにもノミや蜂などたくさんの記述があるのです。

ファーブルは昆虫を分類する際も、キノコを噛んで飲み込む虫(甲虫と衣蛾の幼虫)と、キノコをスープにして飲む虫(蛆など)というように、キノコの食べ方で分類しました。キノコ好きのファーブルは、昆虫の分類にキノコの食べ方を採用したのです。

■2:昆虫を使ってキノコを見つけることができた

高級食材として名高いキノコ「トリュフ」と昆虫との関係も、詳しく調べていました。

「ファーブルが住んでいた村では、犬にトリュフを探させていたのですが、犬より虫のほうがキノコのにおいに敏感だということをファーブルは知っていました。

例えばアメバエの一種がトリュフの近くに卵を産み付けることを知っていましたし、フランスムネアカコガネは特定の地下キノコを取り出すのが上手で、この虫の行動を観察するとキノコを見つけることができたと書かれています」(根田さん)

■3:キノコを使って多くの実験を試みた

ファーブルは、キノコの姿・形や生態について詳しく観察するだけでなく、キノコを使った様々な実験を試み、多くの発見を書き残しました。

たとえば食用キノコであるヤマドリタケに関して、長時間煮沸したり炭酸ソーダを入れても形が崩れなかったのに、あるコバエ(キノコバエ)の消化酵素を使えば短時間のうちにドロドロになってしまうということを突き止めました。

■4:膨大なキノコのスケッチを残した

ファーブルは美しいキノコの水彩画を描き続け、生涯で約700点以上のキノコの精密な実物大の水彩画として残しています。美しいキノコのスケッチのうち221点は、90年後にコサネルによって解説を加えて出版されました。

ファーブル昆虫記10巻の初版でも、アカモミタケの近縁種とツキヨタケの近縁種のスケッチが掲載されていましたが、なぜか死後の改訂版では、食菌性昆虫の図に差し替えられてしまいました。これも、ファーブルからキノコのイメージを遠ざける一因になったかもしれません。

ファーブルが描いたキノコのスケッチ、第一版のもの。改訂版では削除されてしまいます

■5:残念ながら……

前述のとおり、ファーブル昆虫記の中にも、キノコについては二章にわたって記述されていますが、「残念ながら、きのこの話はこれぐらいでおしまいにしておこう」という記述を最後に、昆虫の話題に戻っています。

この「残念ながら」に込められたファーブル先生の溢れんばかりのキノコ愛。たまりませんね。ファーブルはもっとキノコについて書きたかったのではないでしょうか。

*  *  *

以上、昆虫記のファーブルが、じつはキノコに首ったけだったというエピソードをご紹介しました。ファーブルはもっとキノコの研究家として知られるべき存在だったのかもしれません。

「ほかにも、ファーブルの著書にキノコに関する記述は多く、たとえばツキヨタケの近縁種の発光を観察したりしています。炭酸ガスや窒素ガスのなかでは消えることや、空気を含んだ水の中では光っているけれど、煮沸することで空気を失った水の中では光らないこと、そして、蛆虫や衣蛾、コウラナメクジはこの光に誘引されないことを初めて発見しています。

しかし、もしファーブルの昆虫記ならぬ『キノコ記』がもっと広まっていたら、世界中で中毒を起こしてしまう人が増えて、大問題になっていたかもしれません。というのは、ファーブルは毒キノコについて、塩を一つまみ入れて沸騰させた湯の中でキノコをゆで、それを冷たい水で何度か洗うと毒抜きできると記し、読者にもそうやって毒抜きをすすめているからです。

彼の住んでいた村ではこの方法で毒抜きをしていたようですが、この方法では無毒化されないことが多いのです」(根田さん)

なんと、ファーブル先生、キノコの毒にあたらなくてよかったですね!

解説/根田 仁
国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所、研究ディレクター(生物機能研究担当)。1957年東京生まれ。1980年東京大学農学部林学科卒業。博士(農学)。1982年から農林水産省林野庁林業試験場(現・森林総合研究所)に勤務。きのこの分類・栽培などの研究に従事。著作に全国農村教育協会発刊「たのしい自然観察 きのこ博士入門」など。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. いつも食べてるきのこは花!意外と知らない「きのこ」本当の姿
PAGE TOP