サライ.jp

思い出に残る旅行に欠かせないものといえば、手軽な価格でご当地の味を楽しめる「駅弁」。津々浦々の個性ある駅弁を車窓とともに味わうのも、鉄道旅行の大きな楽しみだ。

JR東日本では、地域の特色を活かした駅弁を紹介しつつナンバーワンを選ぶ企画、「駅弁味の陣」を毎年開催している。これまで4回開催され、総合評価第一位に選ばれた駅弁には「駅弁大将軍」の称号が与えられてきた。

これまでに、いったいどんな駅弁が駅弁大将軍の座に輝いてきたのだろうか? ちょっと振り返っていこう。

■初代:『鱈めし』(新潟)

まず「駅弁秋の陣」初開催の2012年に、初代・駅弁大将軍の称号を手にしたのは、新潟のホテルハイマートが自信を持って送り出した「鱈めし」だった。

2012-鱈めし02

2012-鱈めし01

中身は「棒タラ」「塩タラコ」「タラの親子漬け」とまさにタラ尽くし。甘辛に煮た棒タラと塩気の利いたタラコのコンビネーションに箸が止まらなくなること請け合い。親子漬けは鱈とタラコの和え物となっており、鱈だけでも甘味・鹹味・酸味の三味わえる。

■2代:『牛肉どまん中』(山形)

続いて2013年。2代目の駅弁大将軍に選ばれたのが、山形・新杵屋の『牛肉どまん中』である。

2013-牛肉どまん中02

2013-牛肉どまん中01

山形のお米「どまんなか」を使用した王道の牛肉弁当は、そぼろと牛肉煮がふんだんに使用されたボリューム満点の弁当。一方のおかずは小いも、人参、ニシンの昆布巻き、卵焼き、かまぼこ、桜付けと優しい内容となっている。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア