新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

相田翔子さん/歌手、女優(45歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第20回】

「上がり性に克つために、芸能界入りを選んだ」

芸能界に憧れてはいたものの、生来の引っ込み思案から自分はテレビに出る側の人間ではないと思っていた中学時代。けれど、幸運にも18歳で歌手デビュー。以来27年、山あり谷ありの芸能生活を語る。

_D6A0375←あいだ・しょうこ 昭和45年、東京都生まれ。同63年、女性デュオ「Wink」としてデビュー。翌年、日本レコード大賞受賞。平成9年の活動停止以降は、映画・ドラマ・CM・舞台で女優として活動。人気バラエティ番組のレギュラーや司会を務めるなど、幅広く活躍。同25年9月に16年半振りのオリジナル・ソロアルバム『This Is My Love』を発表。

 

ロボットのような振付で、無表情に歌うアイドルデュオ「Wink」。昭和の終わりから平成にかけて活躍した相田翔子さんと鈴木早智子さんのふたり組である。アイドルスマイルを振りまかないことが、かえって新鮮でもあった。

相田さんの芸能界入りのきっかけは、友達に連れられて行ったオーディションである。
「上がり性で人前に出るのは苦手。芸能界に入ったら、その上がり性を克服できるかなって、オーディションを受けたんです」

その会場で芸能事務所の人に声をかけられ、ボイストレーニングや芝居のレッスンを受けるようになる。まだ14歳。今までの人生で最も大きな「センタク」だった。

高校を卒業した年の4月、鈴木早智子さんとWinkを結成。1曲目、2曲目は思ったほど売れず。ところが、これが最後と思って出したシングル3曲目の『愛が止まらない』が大ヒット。トップアイドルの仲間入りを果たす。さらに5作目となる『淋しい熱帯魚』で第31回日本レコード大賞を受賞。人気は不動のものとなったが、「4年が過ぎた頃からアイドルではない大人の歌が歌いたくなった。けれど、ファンが求めているのはそんな歌じゃない。人気にも翳りが見え始めました」

世間の流れを受け止めて、華のあるうちにWink活動停止の「センタク」をする。その後の2年間は作詞作曲に打ち込み、テレビに顔を出すことはなかった。

テレビのバラエティ番組への出演は28歳の時。控えめで自然体、時に空回りする会話が“天然キャラ”と人気を博し、司会者にも。30歳で逃げていた舞台にも挑戦。
「舞台は生もので怖かったけれど、演ってみたら楽しかった。覚悟を決めたら一直線。命がけです」

歌手、女優、司会者、声優と幅広く活動してきたが、その原点には歌がある。3年前から始めた年1回のライブがライフワークだ。

 

コットンクラブライヴ20150222←平成27年2月、東京・丸の内の『COTTON CLUB』でライブを開催。自身の原点である“音楽・歌” はこれからも続けたいという。

デビュー当時←デビューしたばかりの18歳の頃。その素人っぽさが魅力だった。

 

 

 

 2011年.Q←趣味は陶芸。陶芸教室には好きな着物で出かけることも。手回しロクロも慣れたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●「Wink」結成後、ヒット曲が出るまでの逸話やテレビのバラエティ番組出演のきっかけなど、ここでは書ききれない話は「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp/anohito/sarai/

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP