新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

健康

iPhoneと健康機器の組み合わせで「健康寿命」を延ばす秘策

制限なく日常生活を送れる健康寿命。これを延ばすには、どうしたら良いか? 答えは自分の状態を知ることにある。その際に役立つのが、iPhoneと健康機器の組み合わせ。日常生活を手軽に「数えられる」からだ。

*  *  *

暦の上では、すでに秋。実り多き季節を楽しむには、健康でありたい。その秘訣を、順天堂大学医学部の小林弘幸先生に訊いた。

小林弘幸さん。順天堂大学医学部教授、57歳。日本初の便秘外来の開設に尽力し、自律神経の研究における第一人者。最近は食事法なども積極的に提案し、近著『医者が考案した「長生きみそ汁」』が話題である。

そもそも、健康とは、どんな状態か。小林先生は、こう考える。

「人間の体は60兆個の細胞からできています。その細胞ひとつひとつに、質の高い血液が行き渡っている。これが健康な状態です」

そのためには、早寝早起きなど自然の摂理に近い生活リズム、快適な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動を実践することが良いとされる。けれど、何から始めればいいのか。闇雲にあれこれ試すことを小林先生は諫める。

「まず自分の体の状態や、生活リズムを知る。自分の居場所がわからなければ、地図を見ても目的地に行けないのと同様で、自分の状態を把握しなければ、何が必要かはわかりません。まずは己を知ることです」

日常生活を“数えて”くれる
iPhone+健康機器

たとえば、iPhoneには標準で歩数計の機能がある。持ち歩くだけで、一日何歩歩いたか、適度な運動をしているかがわかる。

「こうしたものは、持っているだけで健康的な生活をしようという意識を呼び起こしてくれるので、継続する励みになります。健康を意識するために、スマホを持つというのもひとつの選択肢ですね」

小林先生がiPhoneを勧める理由には、体重計など健康機器と連携できることも挙げられる。

「体重を測るだけでも、自分の体調はわかります。私は、夕食は21時までに済ませ、きちんと睡眠を取ることをおすすめしています。これを実践すると、朝起きたときの体重は、夜寝る前のそれよりも確実に減る。そういうことを毎日続けると、食べ過ぎなど、生活のリズムが体重からわかるようになります」

タニタの最新の体組成計は計測結果をiPhoneに転送し、日々の体重の推移をグラフで見られる。これを見ていくと、自分の最近の生活が一目瞭然というわけだ。

さらに関心がある人には、こんな機器を紹介してくれた。

「最近は『スマートバンド2』(ソニーモバイル製)のように、手首に着けているだけで心拍数を測ったり、睡眠状態を知ることができるものがあります。私も実際に試用してみましたが、かなり正確です。日々の推移を医師に見せれば、診断に役立つでしょうね」

健康寿命を延ばすために毎日歩こう、と言われても継続が難しい。そんな経験をお持ちの方でも、iPhone+健康機器なら生活の様子を記録、つまり“数えて”
くれる。それが励みになるので、楽しいうえ、意識も高くなる。

こうした好循環が生まれると、この秋、もっと出かけてみたいという気分も盛り上がるはず。

iPhone+健康機器が、新しい生活との出会いを生んでくれるかもしれない。

*  *  *

iPhoneと組み合わせて日々の健康状態の確認・記録・管理が簡単にできるアプリ&アイテム集

腕に装着するだけで、⼼拍や睡眠状態がわかる
ソニーモバイル『スマートバンド2』

ソニーモバイル『スマートバンド2』オープン価格(実勢価格約1万5000円)

ベルト裏に装着された本体(写真の白い部分)が手首に触れ、心拍を計測。このデータからストレスの有無や睡眠の質を知ることができる。

 

毎⽇体重を測り、体調の変化を知る
タニタ『RD-907』

タニタ『RD-907』オープン価格(実勢価格約2万7000円)体重のほか、体脂肪率、推定骨量、内臓脂肪レベルなどが、乗るだけで測れる。データはiPhoneと連携可能。最大4人分の計測情報を各自のスマホで別々に管理できるので、家族で使える。

iPhoneと連携するアプリ「Helth Planet」(タニタ製)。計測結果をグラフで示し、日々の体の変化を確認できる。

計測時はiPhoneから本体を起動する。しゃがまなくていいので、使いやすい。

 

iPhoneを持ち歩くだけで歩数などを計測してくれるアプリ
「ヘルスケア」

iPhoneに備わった加速度計を使い、歩数を知ることができるアプリ「ヘルスケア」。高低も測れるので、何階まで上がったかもわかる。

タニタの体組成計やソニーモバイルの『スマートバンド2』で計測した結果も「ヘルスケア」アプリで一元的に管理可能。記録を続けることが励みになる。

問い合わせ先/
ソニー 0120-777-886、050-3754-9577(携帯電話・PHS)
タニタ 電話0570-099655

【関連記事】
スマホ遣いの古今亭志ん輔さんが「auピタットプラン」に驚いた[PR]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP