新着記事

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

エスニックや中華料理と好相性なオーストラリア最古の家族経営ワイナリー『ヤルンバ』の芳醇なワインが発売開始

オーストラリア最古の家族経営ワイナリー、『ヤルンバ』のワインが、この10月6日から日本でも発売されることになり、その試飲会に参加してきました。

IMG_1153 IMG_1149

オーストラリアのワインというと、シラーズなど濃厚な赤ワインのイメージが強いかと思いますが、創業1849年というヤルンバはそれだけではありません。
ヤルンバの拠点である南オーストラリア州(South Australia)のバロッサは、19世紀半ばに欧州からの移民により開拓された最古のワイン産地。その東部のエデン・ヴァレーは冷涼な気候で、白ワイン用の葡萄も育てられているのです。

今回の『ヤルンバ』のラインナップでは、ヴィオニエという品種の白ワインが注目されています。この品種は元々、フランス・ローヌ地方の一部地域でのみつくられていた希少品種。白ワインになると酸味がやさしく、杏や黄桃、キンモクセイの花などの香りがすると言われています。

今回、PRのために来日した『ヤルンバ』の女性醸造家、ルイーザ・ローズさんは、このヴィオニエを強く勧めていました。
「この独特の香りの白ワインは、エスニック料理や中華料理にぴったりです」
実際、甘辛いソースを付けた春巻を食して飲んでみると、食材の香りと旨みがより膨らむ感じがします。

IMG_1150
さらにルイーザさんは、
「牛肉のステーキにブルーチーズのソースを合わせたものでも試してみて」
と、肉には赤ワインという教科書的な発想に対抗する提案をしてきました。半信半疑で試してみると、意外なことにヴィオニエの白ワインが口にやさしく馴染みます。
もちろん、白ワインだけでなく、最高峰の「ザ シグニチャー」をはじめとした赤ワインも洗練されていて、芳醇な味わいで楽しめます。

秋が深まってきて、週末の食卓でワインを開けることもあるでしょう。そんな時、いつもと違うワインを家庭の料理とうまく組み合わせてみるのも楽しいと思いますよ。

■『ヤルンバ』のウェブサイト
http://www.suntory.co.jp/wine/special/yalumba/index.html?fromid=winetop_main

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP