新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

美味

これぞ宮島の味!老舗「うえの」の絶品あなごめし

取材・文/末原美裕

広島県は宮島にある「うえの」のあなごめしは、明治30年に宮嶋駅(当時の表記)の駅売弁当として販売したのがはじまりでした。

その頃、宮島近海では、あなごがよく獲れたそうで、地元の料理としてあなごどんぶりが愛されていました。その様子は江戸時代の『芸藩通史』にも、宮島のあなごの美味しさが書き伝えられています。

「うえの」の創業者である、上野他人吉氏は、この「あなごどんぶり」の白飯をあなごのアラで炊き込んだ醤油味飯にすることで評判を呼びました。それから百十年の時を経た今も、多くの人を魅了しています。

JR「宮島口」にほど近い店の前は土日祝休日・平日問わず、多くの方で賑わう人気店です。お昼時などを少し外して訪れると比較的待たなくてすみます。

「うえの」のあなごは、蒸したり、煮たりする調理はせず、ただひたすらにあなごの脂に頼って焼いています。だから、あなご本来が持っている美味しさがぎゅっと濃縮されているのです。ふっくらとしたご飯の上に乗っかる焼きたてのあなごは脂がよくのり、食感もほくほくとしています。

暑い時には、冷えた地酒とともにいただくと完璧です。

焼きたては脂がのって、ジューシーです(あなごめし(上)2000円・税込)。

店内での一番のオススメは、穴子の白焼き。「これ以上の穴子の白焼きの味には出会えないぞ」という思いで、穴子を吟味されているそうです。あなごめしとご一緒にどうぞ。

そして、創業時と同じく、あなごめし弁当も販売されています。あまり並ばず、手軽に持ち帰ることができるのでおすすめです。

ふっくらとした穴子がふんだんに詰められた玉手箱のようなお弁当は、冷めて行く時間とともに味が染み込み、あなご本来の上品な香ばしさが増しているように感じます。

経木の折箱に詰められたあなごめし弁当は4つのサイズから選ぶことができます。こちらは創業以来の形のレギュラーあなごめし弁当(1944円・税込)。

実は筆者は子どもの頃、夏休みになると父の故郷・広島へ滞在し、恒例のように宮島の厳島神社へご挨拶に行っていました。そして、その帰りに必ず立ち寄って食べたのが、この「うえの」のあなごめしでした。

うな丼は苦手で、似た雰囲気のあなごめしも実は好みではなかった筆者ですが、なぜか「うえの」のあなごめしだけは、自ら「食べたい!」とねだっていたのを覚えています。子どもなのに、いや子どもだからこそ、難しい言葉は介在せず、真っすぐにその美味しさを感じていたのでしょうね。

大人になってからは、改めてこの洗練された味わいに心を奪われました。帰路の汽車旅のお供としても、ぴったりなのです。

「うえの」のあなごめしは、不思議とその時々の“宮島の味”を感じさせてくれるような気がします。そして「また、きんさいね」と広島弁で語りかけてくれるような、あたたかい気持ちにしてくれます。

【あなごめし うえの】
住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
電話:0829-56-0006
営業時間:9時〜19時(無休。毎週水曜日はお持ち帰りの折箱だけの販売日となります)
http://www.anagomeshi.com/

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP