新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

これぞ宮島の味!老舗「うえの」の絶品あなごめし

取材・文/末原美裕

広島県は宮島にある「うえの」のあなごめしは、明治30年に宮嶋駅(当時の表記)の駅売弁当として販売したのがはじまりでした。

その頃、宮島近海では、あなごがよく獲れたそうで、地元の料理としてあなごどんぶりが愛されていました。その様子は江戸時代の『芸藩通史』にも、宮島のあなごの美味しさが書き伝えられています。

「うえの」の創業者である、上野他人吉氏は、この「あなごどんぶり」の白飯をあなごのアラで炊き込んだ醤油味飯にすることで評判を呼びました。それから百十年の時を経た今も、多くの人を魅了しています。

JR「宮島口」にほど近い店の前は土日祝休日・平日問わず、多くの方で賑わう人気店です。お昼時などを少し外して訪れると比較的待たなくてすみます。

「うえの」のあなごは、蒸したり、煮たりする調理はせず、ただひたすらにあなごの脂に頼って焼いています。だから、あなご本来が持っている美味しさがぎゅっと濃縮されているのです。ふっくらとしたご飯の上に乗っかる焼きたてのあなごは脂がよくのり、食感もほくほくとしています。

暑い時には、冷えた地酒とともにいただくと完璧です。

焼きたては脂がのって、ジューシーです(あなごめし(上)2000円・税込)。

店内での一番のオススメは、穴子の白焼き。「これ以上の穴子の白焼きの味には出会えないぞ」という思いで、穴子を吟味されているそうです。あなごめしとご一緒にどうぞ。

そして、創業時と同じく、あなごめし弁当も販売されています。あまり並ばず、手軽に持ち帰ることができるのでおすすめです。

ふっくらとした穴子がふんだんに詰められた玉手箱のようなお弁当は、冷めて行く時間とともに味が染み込み、あなご本来の上品な香ばしさが増しているように感じます。

経木の折箱に詰められたあなごめし弁当は4つのサイズから選ぶことができます。こちらは創業以来の形のレギュラーあなごめし弁当(1944円・税込)。

実は筆者は子どもの頃、夏休みになると父の故郷・広島へ滞在し、恒例のように宮島の厳島神社へご挨拶に行っていました。そして、その帰りに必ず立ち寄って食べたのが、この「うえの」のあなごめしでした。

うな丼は苦手で、似た雰囲気のあなごめしも実は好みではなかった筆者ですが、なぜか「うえの」のあなごめしだけは、自ら「食べたい!」とねだっていたのを覚えています。子どもなのに、いや子どもだからこそ、難しい言葉は介在せず、真っすぐにその美味しさを感じていたのでしょうね。

大人になってからは、改めてこの洗練された味わいに心を奪われました。帰路の汽車旅のお供としても、ぴったりなのです。

「うえの」のあなごめしは、不思議とその時々の“宮島の味”を感じさせてくれるような気がします。そして「また、きんさいね」と広島弁で語りかけてくれるような、あたたかい気持ちにしてくれます。

【あなごめし うえの】
住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
電話:0829-56-0006
営業時間:9時〜19時(無休。毎週水曜日はお持ち帰りの折箱だけの販売日となります)
http://www.anagomeshi.com/

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP