新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

昔よりおいしくなったと思う冷凍食品 3位「チャーハン」、2位「からあげ」、1位は?

昔よりおいしくなったと思う冷凍食品毎日の食事やお弁当のおかずに、と何かと便利な冷凍食品。今回、マルハニチロ株式会社(https://www.maruha-nichiro.co.jp/)が、2019年9月18日~9月19日の2日間、全国の20歳~59歳の男女で、月に1回以上冷凍食品を利用する人に対し、「冷凍食品に関する調査2019」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社) さっそく、結果を見てみましょう。

■冷凍食品をどのくらい使っている?冷凍食品をどのくらい使っている?

「月に1回以上」使っている人は63%、日頃お弁当を作る人では82%に

全国の20歳~59歳の男女(2,440名)に、日頃、冷凍食品をどのくらいの頻度で利用しているか聞いたところ、『月1回以上(計)』(「ほぼ毎日」から「月に1回」までの合計、以下同じ)は62.6%となりました。
男女・世代別にみると、月に1回以上冷凍食品を利用している人の割合が最も高くなったのは30代女性(69.7%)でした。また、日頃お弁当を作るかどうかでみると、お弁当を作る人では『月1回以上(計)』は81.7%と、お弁当を作らない人(45.4%)と比べて36.3ポイント高くなりました。

■冷凍食品の利用頻度冷凍食品の食事別利用状況

・冷凍食品の食事別利用状況 朝食4割強、昼食7割強、夕食7割半 お弁当では9割半が調理時に利用

冷凍食品を月に1回以上利用している20歳~59歳の男女1,000名(全回答者)に、冷凍食品の利用状況を食事別に聞きました。

それぞれの食事について、冷凍食品を利用する人の割合をみると、≪朝食≫では41.4%、≪昼食≫では73.2%、≪夕食≫では74.1%でした。昼食や夕食の際に冷凍食品を活用している人が多いようです。冷凍食品の食事別利用状況

お弁当やおやつ、おつまみについてみると、≪お弁当≫では冷凍食品を利用する人の割合は94.2%でした。お弁当を作る人にとっては、冷凍食品はなくてはならないものになっているのではないでしょうか。
また、≪おやつ≫では49.3%、≪おつまみ≫では64.8%となりました。

■冷凍食品の利用実態

・普段、冷凍食品をどこで買う? 購入先TOP3「スーパー」「ドラッグストア」「コンビニ」
・買うときに気になるのは「価格」と「おいしさ」、女性は「調理が簡便」「小分け包装であること」に注目どこで冷凍食品を購入しているか

全回答者(1,000名)に、普段、どこで冷凍食品を購入しているか聞いたところ、「スーパー/店頭で」(90.2%)がダントツで、以降、「ドラッグストア」(23.3%)、「コンビニエンスストア」(22.7%)、「業務用スーパー」(9.7%)、「ネットスーパー」(6.8%)が続きました。

では、実際に購入するときには、どのような点を意識している人が多いのでしょうか。実際に購入するときには、どのような点を意識

普段、冷凍食品を自身で購入する人(966名)に、冷凍食品を購入するときに、気にかけていることを聞いたところ、1位「価格の安さ」(72.6%)、2位「おいしさ」(69.3%)、3位「内容量の多さ」(41.9%)、4位「国内生産であること」(26.0%)、5位「調理が簡便であること」(24.6%)となりました。値段や味を意識して買うという人が多い結果でした。そのほか、「使い切れる容量や個数」(14.3%)や「小分け包装であること」(13.5%)が上位に挙がりました。

男女別にみると、「おいしさ」(男性63.2%、女性75.1%)や「調理が簡便であること」(男性18.5%、女性30.6%)、「小分け包装であること」(男性8.0%、女性18.8%)では男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。

・よく購入する冷凍食品 TOP3は「餃子」「からあげ」「ハンバーグ」
・昔よりおいしくなったと思う冷凍食品 3位「チャーハン」2位「からあげ」、1位は?

 続いて、冷凍食品の具体的な品目について質問しました。
まず、普段、冷凍食品を自身で購入する人(966名)に、よく購入する冷凍食品を聞いたところ、1位「餃子」(49.1%)、2位「からあげ」(44.7%)、3位「ハンバーグ」(39.1%)、4位「チャーハン」(37.8%)、5位「コロッケ」(33.7%)となりました。冷凍餃子が人気のようです。よく購入する冷凍食品

全回答者(1,000名)に、昔よりおいしくなったと思う冷凍食品を聞いたところ、1位「餃子」(28.8%)、2位「からあげ」(26.4%)、3位「チャーハン」(24.6%)、4位「ハンバーグ」(23.7%)、5位「コロッケ」(17.8%)でした。昔よりおいしくなったと思う冷凍食品

 

■冷凍食品にかけるお金

・平均額は2,465円/月 1品にかけられる上限額は?
・冷凍庫に常備している冷凍食品の品数 平均4.7品冷凍食品購入のために使っている金額

普段、冷凍食品を自身で購入する人(966名)に、冷凍食品購入のために使っている金額(1ヶ月あたり)を聞いたところ、「1,000円~2,000円未満」(31.7%)や「2,000円~3,000円未満」(19.6%)に回答が集まり、平均額は2,465円でした。

家事の時短意識の有無別に平均額をみると、家事の時短を意識している人では2,601円で、家事の時短を意識していない人(2,049円)と比べて552円高くなりました。

また、全回答者(1,000名)に、冷凍食品1品にいくらくらいまでかけられるか、1品あたりの最高金額を聞いたところ、「300円~400円未満」(25.5%)や「500円~600円未満」(21.6%)に回答が集まり、平均額は491円でした。冷凍食品1品にいくらくらいまでかけられるか

次に、普段、何品くらいの冷凍食品を冷凍庫に常備しているか聞いたところ、「3品」(22.5%)や「5品」(21.2%)に回答が集まり、平均は4.7品でした。普段、何品くらいの冷凍食品を冷凍庫に常備しているか

■こんな冷凍食品があったら嬉しい! 魅力を感じる冷凍食品

・「パッケージがそのままお皿に」がダントツ
・ママが嬉しいのは「主菜・副菜・汁物がセット」「1週間分のおかずがセット」「子どもがひとりで食べられる」魅力を感じる冷凍食品

全回答者(1,000名)に、魅力を感じる冷凍食品を聞いたところ、「パッケージがそのままお皿になる」(56.9%)がダントツ、以降、2位「レンジだけでできる」(31.8%)、3位「手間がかかるメニューが冷凍食品になっている」(29.9%)、4位「自然解凍ができる」(24.1%)、5位「国産の原材料にこだわっている」(21.7%)となりました。料理を別の容器や食器に移すことなく、そのまま食卓に出して食べられる仕様の冷凍食品が望まれているようです。

男女別にみると、「手間がかかるメニューが冷凍食品になっている」は女性が41.0%と、男性(18.8%)と比べて22.2ポイント高くなりました。

また、子どもがいる人(456名)についてみると、女性では「主菜・副菜・汁物がセットになっている」(23.4%)や「1週間分のおかずがセットになっている」(23.0%)、「子どもがひとりで食べられる(調理できる)」(24.8%)などが全体と比べて高くなりました。ママにとっては、時短を実現できる冷凍食品や、子ども目線でも扱いやすい冷凍食品が魅力的のようです。

■将来、こんな冷凍食品がほしい!

・「1食分のお弁当がセット」「短時間で温まる」「プラスチックごみが出ない」

全回答者(1,000名)に、将来的に、あったらいいなと思う冷凍食品を聞いたところ、≪商品内容≫に関するものとして、「1食分のお弁当がセットになっている」や「ご飯とおかずがセットになっている」、「ワンプレートになっている」といった回答が多く挙げられました。また、≪保存時≫に関するものとして、「小さくコンパクトに保存できる」や「冷凍焼けしない」、≪調理時≫に関するものとして、「短時間で温まる」や「水っぽくならない」といった回答がみられました。そのほか、≪調理後≫に関するものとして、「プラスチックごみが出ない」や「ごみが少ない」といった回答が挙げられました。

■「冷凍食品が軽減税率の対象で嬉しい」約9割、「対象ではなくなっても冷凍食品は買うと思う」8割半冷凍食品が軽減税率の対象で嬉しいか

10月に行われた消費税の増税(8%→10%)では、経済対策として「軽減税率」が導入されました。冷凍食品は、この軽減税率の対象に含まれているため、税率は引き続き8%に据え置きとなります。
全回答者(1,000名)に、冷凍食品が軽減税率の対象で嬉しいか聞いたところ、「そう思う」は49.8%、「どちらかといえばそう思う」は39.0%で、合計した『そう思う(計)』は88.8%、「どちらかといえばそう思わない」は9.0%、「そう思わない」は2.2%で、合計した『そう思わない(計)』は11.2%となりました。冷凍食品が軽減税率の対象となっていることを好意的にとらえている人が大多数という結果でした。

では、軽減税率の対象ではなくなった場合、購買意識に影響はあるのでしょうか。冷凍食品が軽減税率の対象ではなくなっても、冷凍食品を買うと思うか聞いたところ、『そう思う(計)』は84.4%、『そう思わない(計)』は15.6%で、引き続き買うという人が多数派となりました。たとえ軽減税率の対象ではなくなっても、冷凍食品の利便性を優先させたいという人が多いようです。

* * *

いかがだったでしょうか。もうすっかり献立の一品として認知されている感のある冷凍食品。以前よりも味が良くなったり、新製品も数多く登場。調理時間を短縮できるのも魅力です。賢く便利に利用したいですね。

マルハニチロ調べ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP