サライ.jp

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱
お湯で温めたり、電子レンジでチンするだけで、簡単に食べられるレトルト食品。最近は、種類も豊富で、さらに味のクオリティも高まり、需要が伸びているようだ。
そんなレトルト食品について、リサーチ会社のマイボイスコムがアンケート調査を行なった。今回で7回目となる同調査では、レトルト食品を利用する場面に変化が出たという。早速、詳細な調査結果をみてみよう!

◆レトルト食品の料理での利用頻度

レトルト食品の料理での利用頻度レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱だった。利用頻度のボリュームゾーンは「月2~3回程度」、週1回以上利用者は3割弱となった。レトルト食品の料理での利用頻度

◆利用するレトルト食品の種類(複数回答)

利用するレトルト食品の種類は「カレー」がレトルト食品利用者の78.7%、「パスタソース」が45.6%だった。「料理の素(麻婆豆腐の素など)」「丼もの(牛丼、中華丼など。温めてご飯にかける)」などが各2割強で続いた。男性では「カレー」、女性では「パスタソース」「料理の素(麻婆豆腐の素など)」などの比率が高かった。利用頻度がほとんど毎日・週4~5回程度と高い層では、「惣菜(ハンバーグ、ミートボール、おでん、煮物など)」「ご飯:白米・玄米(温めるだけ)」「丼もの(牛丼、中華丼など。温めてご飯にかける)」などが高い傾向となった。

◆レトルト食品の利用場面(複数回答)

レトルト食品の利用場面は「ふだんの食事のメニューとして」「時間がない、すぐ食べたい」「作るのが面倒」が、利用者の各4~5割だった。過去調査と比べると「ふだんの食事のメニューとして」が増加傾向となった。女性10~30代では「作るのが面倒」「時間がない、すぐ食べたい」などの比率が高くなっており、一方60・70代では「昼食」がやや高くなっている。利用頻度が週2~3回・週4~5回の層では、「昼食」「夕食」の比率が他の層より高かった。レトルト食品の利用場面

◆レトルト食品購入時の重視点(複数回答)

レトルト食品購入者の重視点は「味」「価格」が各70%台、「容量、サイズ」が37.7%、「原材料、成分、添加物」「賞味期限」「メーカー」などが各2割となった。過去調査と比べ「味」が増加傾向となった。週4~5回利用者では、「電子レンジ対応かどうか」などが、他の層より高かった。

◆レトルト食品購入理由(複数回答)

レトルト食品を買う理由は、「すぐに食べられる」「簡単に食べられる」が各6割強、「調理の手間が省ける」「価格が安い」が各4割弱、「長持ちする・保存がきく」「調理をする時間がないときに便利」が各3割弱。「価格が安い」は男性、「調理の手間が省ける」「調理をする時間がないときに便利」「長持ちする・保存がきく」などは女性での比率が高くなった。

◆レトルト食品非利用理由(複数回答)

レトルト食品非利用理由は、全体では「価格が高い」「原材料や添加物が気になる」「身体に悪そう」「おいしくない・味付けが良くない」などが各2割弱。男性40~70代では「自分では料理をしないから」の比率が高かった。「原材料や添加物が気になる」「おいしくない・味付けが良くない」「自分で作ったほうがおいしい」などは、女性での比率が高いという結果になった。

【回答者のコメント】
◆気に入っているレトルト食品とその理由(全3,886件)

・牛丼の素。かけるだけで済むしお腹にたまる。(男性 26歳 月1回程度)
・「新宿中村屋 インドカリー スパイシーチキン」。ルーの味も本格的で、具もゴロゴロ入っていて美味しいから。(男性 33歳 週1回程度)
・ハウスのハヤシライス。個人的には好きなのだが、食卓には並ばないので、1人で食べたい時に作らず食べれるから。(男性 39歳 週2~3回程度)
・麻婆豆腐は良く買います。炒めるだけなので。(男性 41歳 月1回程度)
・カレーとハヤシライスです、自分では絶対出せない味で、調味料を加減しても真似できない。(男性 70歳 週4~5回程度)
・パックの親子丼。お腹空いた時にレンジで温めるだけで簡単に食べられておいしいから(女性 15歳 週4~5回程度)
・パスタソース。めんどくさいイメージだけどかけるだけだから(女性 30歳 週1回程度)
・カレー曜日。具(野菜)が大きく、ルーが辛過ぎず、食べやすいから。(女性 43歳 週2~3回程度)
・生協で買う中華丼(ヤマモリ)。自分で作るには材料や調味料をそろえるのが大変だし、おいしいので。野菜もとれるしあっさりしている。(女性 49歳 月2~3回程度)
・生協の戸配で扱っている三田屋のハンバーグは、ソースが美味しい。(女性 59歳 月1回程度)

今回の調査では、過去調査に比べ、レトルト食品を購入する際に「味」を重視するという人が多かったようだ。味を求める消費者のニーズに応えるため、企業も商品開発や生産ラインの向上を図るだろう。レトルト食品はまだまだ進化しそうだ。

文/鳥居優美

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア