新着記事

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱
お湯で温めたり、電子レンジでチンするだけで、簡単に食べられるレトルト食品。最近は、種類も豊富で、さらに味のクオリティも高まり、需要が伸びているようだ。
そんなレトルト食品について、リサーチ会社のマイボイスコムがアンケート調査を行なった。今回で7回目となる同調査では、レトルト食品を利用する場面に変化が出たという。早速、詳細な調査結果をみてみよう!

◆レトルト食品の料理での利用頻度

レトルト食品の料理での利用頻度レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱だった。利用頻度のボリュームゾーンは「月2~3回程度」、週1回以上利用者は3割弱となった。レトルト食品の料理での利用頻度

◆利用するレトルト食品の種類(複数回答)

利用するレトルト食品の種類は「カレー」がレトルト食品利用者の78.7%、「パスタソース」が45.6%だった。「料理の素(麻婆豆腐の素など)」「丼もの(牛丼、中華丼など。温めてご飯にかける)」などが各2割強で続いた。男性では「カレー」、女性では「パスタソース」「料理の素(麻婆豆腐の素など)」などの比率が高かった。利用頻度がほとんど毎日・週4~5回程度と高い層では、「惣菜(ハンバーグ、ミートボール、おでん、煮物など)」「ご飯:白米・玄米(温めるだけ)」「丼もの(牛丼、中華丼など。温めてご飯にかける)」などが高い傾向となった。

◆レトルト食品の利用場面(複数回答)

レトルト食品の利用場面は「ふだんの食事のメニューとして」「時間がない、すぐ食べたい」「作るのが面倒」が、利用者の各4~5割だった。過去調査と比べると「ふだんの食事のメニューとして」が増加傾向となった。女性10~30代では「作るのが面倒」「時間がない、すぐ食べたい」などの比率が高くなっており、一方60・70代では「昼食」がやや高くなっている。利用頻度が週2~3回・週4~5回の層では、「昼食」「夕食」の比率が他の層より高かった。レトルト食品の利用場面

◆レトルト食品購入時の重視点(複数回答)

レトルト食品購入者の重視点は「味」「価格」が各70%台、「容量、サイズ」が37.7%、「原材料、成分、添加物」「賞味期限」「メーカー」などが各2割となった。過去調査と比べ「味」が増加傾向となった。週4~5回利用者では、「電子レンジ対応かどうか」などが、他の層より高かった。

◆レトルト食品購入理由(複数回答)

レトルト食品を買う理由は、「すぐに食べられる」「簡単に食べられる」が各6割強、「調理の手間が省ける」「価格が安い」が各4割弱、「長持ちする・保存がきく」「調理をする時間がないときに便利」が各3割弱。「価格が安い」は男性、「調理の手間が省ける」「調理をする時間がないときに便利」「長持ちする・保存がきく」などは女性での比率が高くなった。

◆レトルト食品非利用理由(複数回答)

レトルト食品非利用理由は、全体では「価格が高い」「原材料や添加物が気になる」「身体に悪そう」「おいしくない・味付けが良くない」などが各2割弱。男性40~70代では「自分では料理をしないから」の比率が高かった。「原材料や添加物が気になる」「おいしくない・味付けが良くない」「自分で作ったほうがおいしい」などは、女性での比率が高いという結果になった。

【回答者のコメント】
◆気に入っているレトルト食品とその理由(全3,886件)

・牛丼の素。かけるだけで済むしお腹にたまる。(男性 26歳 月1回程度)
・「新宿中村屋 インドカリー スパイシーチキン」。ルーの味も本格的で、具もゴロゴロ入っていて美味しいから。(男性 33歳 週1回程度)
・ハウスのハヤシライス。個人的には好きなのだが、食卓には並ばないので、1人で食べたい時に作らず食べれるから。(男性 39歳 週2~3回程度)
・麻婆豆腐は良く買います。炒めるだけなので。(男性 41歳 月1回程度)
・カレーとハヤシライスです、自分では絶対出せない味で、調味料を加減しても真似できない。(男性 70歳 週4~5回程度)
・パックの親子丼。お腹空いた時にレンジで温めるだけで簡単に食べられておいしいから(女性 15歳 週4~5回程度)
・パスタソース。めんどくさいイメージだけどかけるだけだから(女性 30歳 週1回程度)
・カレー曜日。具(野菜)が大きく、ルーが辛過ぎず、食べやすいから。(女性 43歳 週2~3回程度)
・生協で買う中華丼(ヤマモリ)。自分で作るには材料や調味料をそろえるのが大変だし、おいしいので。野菜もとれるしあっさりしている。(女性 49歳 月2~3回程度)
・生協の戸配で扱っている三田屋のハンバーグは、ソースが美味しい。(女性 59歳 月1回程度)

今回の調査では、過去調査に比べ、レトルト食品を購入する際に「味」を重視するという人が多かったようだ。味を求める消費者のニーズに応えるため、企業も商品開発や生産ラインの向上を図るだろう。レトルト食品はまだまだ進化しそうだ。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP