新着記事

LGBTQ支援はロンドン、リオ大会のレガシー。東京2020はどうなりますか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編14】

LGBTQ支援はロンドン、リオ大会のレガシー。東京2020はどうなりますか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編14】

コスタクルーズ提供

費用が高い?日数がかかる?憧れる?「クルーズ旅行」の本当のところ

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【私の理想のセカンドライフ】女性は「時間を気にせずゆっくりすごしたい」

中高年のセカンドライフに関する意識調査

新しい時代「令和」が幕を開けた。昭和、平成を生き抜いてきた中高年は、人生の後半(65歳以降)のセカンドライフを、どのように過ごしたいと思っているのか。結婚相手紹介サービス「オーネット」が、45歳~69歳の男女1073人を対象に「中高年のセカンドライフに関する意識調査」を実施した。既婚未婚に関わらず、45歳以上の男女が、現在の自分の幸福感をどのように捉えているのか。リアルな声を紹介する。

中高年男女の73.4%は、今の自分に幸福感を抱いている!?

まずはじめに「あなたの現在の幸福度は?」を尋ねている。その結果、「幸せである」25.1%、と「やや幸せである」48.3%のふたつを合わせた73.4%の男女が、今の自分に幸福感を抱いていることがわかった。性別に注目してみてみると、男性は70.9%、女性は75.8%と、女性の方が男性よりも幸福度が高いと感じているようだ。年代別では、男女ともに65歳~69歳の幸福度が最も高かった。

あなたの現在の幸福度は?

一方で、男女年代別で幸福度が低い割合となったのが、男性は45歳~49歳で65.2%、女性では55歳~59歳で67.5%だった。これらの結果から、男性はこの年代では管理職として仕事に忙殺され、私生活においては子育てなどで支出がかさむ年代であり、現実的に幸福感を味わう状況ではないということが想定できる。女性では幸福度が一番低い年代が55歳~59歳だが、45歳~54歳においても同様に低い割合であることから、男性と同じく仕事や子育てを含めて、50代はなかなか落ち着けない状況のようだ。

中高年がセカンドライフに期待すること:男性編

前出の設問の回答を「幸せである」「やや幸せである」「やや不幸せである」「不幸せである」の4つのグループ・男女別に分け、65歳以降のセカンドライフに望むことについて聞いた。まず、男性のグループにおいて全体的に高い割合を示した項目は、「経済的余裕がある」「ゆったり過ごす」「趣味を満喫する」の3つで、さらに「旅行を楽しむ」を加えた4つが高い割合となった。

また、幸福度の高いグループと低いグループで差異がみられたのは、「家族に囲まれている」「話し相手がいる」「旅行を楽しむ」の3項目となり、幸福度が高い男性の方がセカンドライフに期待する傾向が高いという結果となった。

中高年がセカンドライフに期待すること:男性編

中高年がセカンドライフに期待すること:女性編

続いて女性のグループの回答を見てみると、男性では現在の幸福度の高い低いグループ間で大きな差異がみられなかったのに対して、女性では各グループによって回答ボリュームに大きな差異がみられる結果となった。

まず、「不幸である」と回答したグループがセカンドライフに望むこととして最もポイントが高かったことは、「時間を気にせずゆったりすごす」となり、現時点において多忙な生活に追われている状況であることが想像できる。また、このグループの回答で「趣味を満喫する」「話し相手がいる」「家族に囲まれている」の各項目が、他のグループと比較して回答割合が少ないことから、セカンドライフではとにかく余計なことはせずにゆっくりとしたい、という願望が現れているのかもしれない。そして「やや不幸せ」と回答したグループの回答においては、「経済的余裕がある」状況を望む傾向が他のグループより10ポイント近く高い調査結果となった。また、「趣味を満喫する」という回答ボリュームが他のグループよりも高い結果となっており、今の忙しい生活で趣味を楽しんだりする十分な時間が取れていないことがうかがえる。

中高年がセカンドライフに期待すること:女性編

今回の調査では、特に女性の方がセカンドライフは「時間を気にせずゆっくりすごしたい」と思っている人が多いという結果になった。パートナーがいる方は、相手がどんなセカンドライフを過ごしたいと考えているか、話し合ってみるといいかもしれない。

※結婚相手紹介サービス「オーネット」調査

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP