新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

あなたは平成最後の年賀状を出しますか?「年賀はがき」「喪中はがき」を重視するのは50代以上

あなたは年賀状をだしますか?
今年もあと1か月と少し。そろそろ年賀状のシーズンだ。はがきでの代わりにSNSでの挨拶が多くなったと言われる昨今。メモリアルアートの大野屋(http://www.ohnoya.co.jp/)が実施した「年賀はがきと喪中はがき」についての意識調査をご紹介しよう。

新年の挨拶で「対面での挨拶」を重視すると答えた年代は10~20代(22%)が最多! 喪中はがきをメールなどで代用することについては全体の約8割が抵抗を感じず

【調査概要】
・調査対象: 全国 10代以上の男女
・ 回答人数: 3,473人
・調査期間: 2018年10月9日~10月19日
・ 調査方法: インターネット調査

●あなたには年賀はがきを出す習慣がありますか?

あなたには年賀はがきを出す習慣がありますか?
年賀はがきを出す習慣とその範囲について調査をしたところ、「出さない」(39%)と答えた人は全体の4割。まだまだ年賀状を出している人が多いことがわかった。

また、年賀状を出している範囲で最も多かったのは「プライベートで親交のある人のみ出している」(25%)で、次いで「仕事関係、プライベート問わず出している」(18%)となった。

●新年の挨拶をする手段として重視しているものは何ですか?(複数回答可)
新年の挨拶をする手段として重視しているものは何ですか?

新年の挨拶をする手段として最も重視しているものを聞いたところ、全体では「年賀はがき」を重視している人が最も多く43%、次いで「メールやLINEなどのメッセージアプリ」(27%)、「対面での挨拶」(12%)と、この調査では年賀はがきを重視しているという結果となった。

「対面での挨拶」を重視すると答えた人は年代別で10~20代が最も多く(22%)、他の年代と比べて突出して高い数字となった。50代以上の層では「年賀はがき」を重視する人が最も多く、70代以上では約8割に。若い人たちは、SNSなどのやりとりよりもこういう時こそ「リアル」を感じたいのかも。70代以上が「年賀はがき」というのは、SNSなどに馴染みがない、ということもあるだろう。

●喪中はがきを受け取ったことがありますか?

喪中はがきを受け取ったことがありますか?
喪中はがきを受け取ったことがあるかどうか聞いたところ、「ある」と答えた人は67%で全体の約7割、「ない」と答えた人は33%で全体の約3割。これは、喪中はがきを送る習慣うんぬんよりも、若い人が分母にあるがゆえの結果ではないだろうか。

●喪中はがきを出したことがありますか?

喪中はがきを出したことがありますか?
喪中はがきを出したことがあるかどうか聞いたところ、「ある」と答えた人は46%、「ない」と答えた人は54%でほぼ半数ずつの割合となった。

●喪中はがきを出す際のマナーで、分からないものや自信のないものは何ですか?(複数回答可)

喪中はがきを出す際のマナーで、分からないものや自信のないものは何ですか?喪中はがきを出す際のマナーで分からないものや自信のないものについて聞いたところ、「友人、知人関係のどの範囲まで出すべきか」が最も多く24%、次いで「葬儀に来た人にも喪中はがきを出すのかどうか」(20%)、「はがきを出すタイミング」(12%)という結果に。

●喪中はがきをもらった後のマナーで、分からないものや自信のないものは何ですか?(複数回答可)

喪中はがきをもらった後のマナーで、分からないものや自信のないものは何ですか?
喪中はがきをもらった後のマナーで分からないものや自信のないものについて聞いたところ、「喪中はがきをもらう前に相手に年賀状を出してしまっていた場合の対応」が最も多く25%、次いで「返事を書くべきかどうか」(23%)、「寒中見舞いの書き方」「返事を出す際の文面」「いつまでに返事を出すべきか」(各10%)という結果になった。

●喪中はがきを出す代わりにメールやSNSで済ませることについてどう思いますか?

喪中はがきを出す代わりにメールやSNSで済ませることについてどう思いますか
喪中はがきを出す代わりにメールやSNSで連絡を済ませることについてどう思うか聞いたところ、「普段メールやSNSで連絡する親しい相手なら良いと思う」が最多で53%、「良いと思う」が23%となり、喪中はがきをメールやその他の手段で代用することについて全体の約8割が抵抗を感じていないようだ。

一方、「マナー違反だと思う」と答えた人も24%いた。

●今後も喪中はがきは必要だと思いますか?

今後も喪中はがきは必要だと思いますか?
今後も喪中はがきが必要だと思うか聞いたところ、「必要」と答えた人は全体の約6割(57%)で、不要と答えた人は約4割(43%)。

年代別で見ると、喪中はがきを「必要」と考える人は50代以上の層に多く「新年の挨拶をする手段として重視しているものは何ですか?」という質問で「年賀状」を重視する年代として50代以上の層が最多となったこととの関連性が伺える。

いかがだっただろうか? やはり新年に受け取る年賀状は嬉しいもの。今年送る年賀状は平成最後の年賀状でもある。今まで出していなかった人も、今年は検討してみるのもいいかもしれない。

12月15日から25日までに年賀状を出せば元日に届く。喪中はがきの場合はこの期間以前に出すことが重要だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP