1位「給与が上がらない」、2位「仕事と育児の両立」、3位「婚活」

HiClub株式会社が提供する、SNS「GRAVITY」(グラビティ)(https://gravity.place/)がユーザーへアンケート調査を行い、そのデータをランキング化した「GRAVITYランキング」をご紹介します。今回のテーマは、20代〜30代女性が選ぶ!!「ミレニアル世代女性の悩みTOP10」です。

* * *

キャリア・結婚・出産・育児……と様々な選択を迫られ、目まぐるしくライフステージが変わるミレニアル世代。そこで今回は「ミレニアル世代女性の悩み」について調査しました。
「結婚や子供を産んで働き方に悩む」「結婚や子育てを望むと会社員だとキャリアが消える」「痩せにくくなった」「年々友達が減っていく」「仕事も忙しく、体力がなくなって友達と会うことが減った」「仕事ばかりしてたら出会いがない」「見た目の劣化が著しい」と、キャリアアップや育児と仕事の両立、体力の変化や肌の衰えなど悩みが多い様子。悩みは絶えませんが、苦労した分、外見だけではなく内面も磨きがかかり力強く美しい女性へと歳を重ねることができるのではないでしょうか。

※集計期間 2023/9/14~2023/9/17  有効回答数 20〜39歳  女性 546名

第1位 給与が上がらない

働いても成果を出しても給与が上がらない……交渉か転職か悩みますよね。
「給料が上がらないことがストレスで先行きが不安」「もっと上がってもいい仕事をしているのに給料が低い」と、仕事量と求められる成果のレベルだけがあがっていく現状に将来が不安になる方も多い様子。また、「なんやかんや女性が活躍できない環境」「昇進しづらい」と、結婚・産休・育休とステージを選択する機会が多いミレニアル世代にとって、まだまだ働きにくい職場もある様子。現状で我慢し続けるのも限界が近づいている様子が伺えました!

第2位 仕事と育児の両立

キャリアと子育て、両方大事にしたい女性が多いにも関わらず、叶わない環境に苦しむミレニアル世代が後を絶ちません。
「キャリアとプライベートの両立をしていきたいが、できる社会じゃない」「子育てしながらお金稼ぐのはとても大変。保育園入れられないと尚更、バイトでも探すの大変だった」「子どものことを考えるとパートすらも決めるのが難しい」「仕事をしたくても保育園関係でフルで働けない」と、小さい子どもを抱えている方だと正社員での就業はおろか、バイト・パートという勤務体制ですら受け入れて貰える就業場所を探すのに一苦労。また、「両立は疲れるし負担が大きい」「残業があると旦那の機嫌が悪くなる」と女性だけに負担がかかるご家族もいる様子。女性だけが苦労するのではなく、夫婦で育児・家事すべてをシェアしながら、社会全体で子どもの将来を担える環境作りをしていきたいですね!

第3位 婚活

マッチングアプリ戦国時代ともいえる令和。出会いの機会を求めている方が多いですよね!
「30代になると、貰い手が減るらしい」「結婚は相手ありきなので先が読めない」「日本では必ず結婚する風潮がある」「いつか死ぬとき独りだと嫌だ」「出会いを見つけられない」「大失恋してしまって今何も手元になくて途方に暮れてます(笑)」「相手がいない、不安が大きい」「周りがしていくと焦る」との声が。努力したから叶うとも限らない“結婚”、女性も自分で稼ぐ時代なので結婚せずとも素晴らしい人生になることは間違いないですが、やはり家族をもちたいと考えている女性が多いようです。

第4位 情緒不安定

女子は繊細で複雑なんです……!
「気分の浮き沈みが激しく日常生活を送ったり人間関係を円滑にできないことがよくある」「気分変動が激しくてつらい」「自分の年齢、立場など気にしてイライラしたり不安になったりする」「精神的に病んでしまうことが多々あり、これからの未来でもこのようなことが頻繁に起きるのか不安」と、女性特有のホルモンバランスの影響なのか原因は定かではありませんが、気分のアップダウンのコントロールができないとのお悩みの声がよせられました。“自分のご機嫌は自分でとる”ことができると良いのですが、中々難しいですよね! 1人で抱え込まず、周りを頼りにしてみても良いのかもしれません。

第5位 生理痛、PMS

生理前に起こる精神的・心身的な不調PMS(月経前症候群)と生理痛。女性なら誰でも毎月発生する症状であり、腹痛・頭痛・貧血・眠気・肌荒れ・憂鬱・イライラするなど、状況は人それぞれ。
「生活に支障が出ることもある」「PMSのときの仕事がきつい」「あまりにも酷い症状で精神科を受ける予定」「PMSはみんなが苦しんでいる」「毎月悩まされてる」「一生付き纏ってくる」「生理痛がとにかく嫌」「PMSの薬をもらって飲んでる」と悲痛の声が。「男性には痛さ辛さが受け入れて貰えない」と、辛さが周りに理解して貰えないと更にしんどい状況に。我慢せず病院で適切な薬を処方して貰うなど自分の体を一番に考えた生活を送りたいですね。

第6位 肌の衰え

年齢とともに肌も年をとるもの。
「メンテナンスに金がかかる=肌が劣化してきつつある」「安いシンプルなスキンケアだと足りなくなってきた」「ニキビが治りにくい」「肌荒れがすごくてなかなか治ってくれないのがつらい」「肌の質感とかが違くなってくる」との声が。毛穴・しみ・たるみなど、加齢には逆らえませんが、少しでも綺麗にいたいとの思いで年齢とともに美容にお金をかける方が増える様子。若い頃と同じ肌ケアでは衰えを防ぐことができないので努力とお金が必要になってきているようです!

第7位 物価高・増税

連日、ニュースで話題にあがる“物価高”“増税”というキーワード。
「税金や物価の上昇で今まで出来ていた事が、我慢せざるをえない」「明日生きるのも割といっぱいいっぱい」「値上がりしてるのに給料が上がらない」「増税なので生活が困窮してる人が多い」「いくら稼いでも払うもの払ったら残らない」と、生活に貧窮する声が。どれだけ働いても生活が豊かになった実感が湧きませんね!

第8位 疲れやすい

年齢とともに体力も落ちますよね。
「いくら体を鍛えても、やはり、年には抗えない」「何かしてもしなくても疲労感がある」「寝ても疲れが取れない」「25を超えて疲れやすくなった」「歳を感じた」との声が。エレベーターではなく階段を使ってみる、一駅分歩いてみるなど、少しでも毎日の運動を心がけると良いかもしれません。

第9位 貯金がない

「単純に給料が低い、副業がうまくいってない」「老後一人で生きていけるか心配」「美容にもお金がかかり、貯金できない」「貯金を頑張っていても自分にお金をかけたり、付き合いがあると貯金額が減り将来への不安が多くなる」「老後一人で生きていけるか心配」「未来がみえない」と、将来を心配する暗い声が。増えない収入に増える支出……不安は続きますが、より良い生活にするためにもお金や経済に関する知識と判断力“金融リテラシー”を身に付けた方が良さそうですね!

第10位 プライベートな時間がとれない

キャリアを積むため仕事に力を注いでいるため、プライベートな時間が思うようにとれない事態に。
「休みが無さすぎて、身の回りの事が全くできず困っていた」「仕事でお金を稼ぐのも良いが、プライベートも充実させないと、なんのために働いているのかわからなくなる」「スキルも上がり、休日出勤も増えて趣味に没頭できるほどのまとまった休みが取れない」「働いている時間が多すぎる」「平日は仕事と家の往復で他に何もやれない」「休みが週1しかなく、その1日も家事をしていたらほとんどゆっくりできる時間はない」との声が。仕事とプライベート、バランスをとることがポイントになってくるようです。

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店