昨今、男女の“出会い方”が変わっている。かつては同僚、学校、習い事、見合いなどが多かったが、現在はネットが台頭している。国立社会保障・人口問題研究所が1940年から約5年おきに行う『出生動向基本調査』がある。2022年9月に発表された最新データを見ると、夫婦の出会いの項目に「マッチングアプリやインターネット交流サービス」が新たに加わり、13.6%(約7組に1組)が“ネットで出会って婚”していることが報道された。

男女が出会うことを目的としたマッチングアプリ。日本最大と言われており、約1500万人の登録者がいるという『ペアーズ』のリリースは2012年。それから10年、40代以上の男女にもマッチングアプリは広がっている。

今回の相談者である珠子さん(65歳)は、「32歳で出戻ってきて、実家に住む娘(34歳)に彼氏ができたみたいで……マッチングアプリというから心配なんです」と、キャリア10年以上、3000件以上の調査実績がある私立探偵・山村佳子さんのもとに来た。

マッチングアプリで結婚し、すぐに離婚

依頼者・珠子さんは「娘にマッチングアプリでもなんでもいいから結婚しろ、と言ったのが、そもそもの間違いだったんです」とため息をついていました。

珠子さんはグレイヘアのボブショートに、あざやかなグリーンのカシミアのニットを着ています。上品で優しい雰囲気で「いいところの奥様」という雰囲気。夫は鉄道会社を定年退職後、系列企業の嘱託として働いていると言います。

「娘が出戻ってくるまで、夫と悠々自適の老後を過ごそうと思っていたのですが、まさか3歳児を連れて離婚して帰って来るとは思いませんでした」

結婚以前の娘について伺うと、「ただのニートです」と吐き捨てるように言います。そして、不満が溜まっていたらしく、マシンガントークが始まりました。珠子さんの話をまとめると、30歳まで定職に就かず、実家でぶらぶらしており、家事も手伝わず動画配信サイトでドラマばかり見ている生活を続けていたようです。

「娘の上に2人の息子がいます。この子達は優秀で、とっくに結婚し、孫もいます。お嫁さんたちもしっかりした人で、何の心配もない。ただ、この末娘がウチの失敗作。だいたいパパ(夫)が甘やかすのがいけないんです。親ぐらいしか厳しいことを言える人はいないのだから、私が心を鬼にして厳しく育てました」

そこで、珠子さんが「あなたはそのままでは人間のクズ。生きてきたのだから働きなさい。もしくは結婚して子供でも産みなさい」と毎日のように言い続ける。

「すると娘は、わかったよ、とキレて半年後に結婚したんです。出会いはマッチングアプリだったと聞いています。そして、すぐに妊娠し、子供を産む。そこまではよかったんですが、結婚相手もまたどうにもならない人で、浮気はするし、生活費を渡さないし……私たちもかなり援助したのですが、かばい切れなくなったところで、娘は離婚。実家に戻ってきたのです」

結婚生活は約2年。慰謝料はなく、毎月の養育費は3万円。しかしそれも支払いが滞っていると言います。

【離婚後の娘が突然、いきいきし始めた……次のページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店