サライ.jp

「男性である以上避けて通れないリスク」といえば何でしょうか? 色々あると思いますが、最たるものが“薄毛”ではないでしょうか? 「40代で薄毛が進行していなきゃ安心!」「薄毛なんて自分とは無縁の世界」と思っていらっしゃる方、その自信ってどこから得ているのでしょうか?
株式会社アルファウェイでは、40代~60代の薄毛の男性を対象に、「あの頃の自分」に関する調査を実施しています。近い将来、後悔したくない男性は、是非参考になさってはいかがでしょうか?

■“薄毛の先輩”は若い頃どう考えていたのか? 今の我が身を想像していたか?

薄毛で悩む先輩たちの本音は、どのようなものなのでしょうか?
「20年前に今の頭皮を想像していましたか?」と質問をしてみたところ、『少しは想像していた(36.8%)』という回答が最も多く、次いで『ある程度想像できた(26.6%)』『全く想像すらしていなかった(25.4%)』『容易に想像できた(6.4%)』『確信していた(4.9%)』と続きました。意外にも、『少しは想像していた』という方が多いようです。

薄毛は遺伝によるものも多いと言われているので、父親や親戚の頭皮の様子から、自分の将来に暗雲が立ち込めていたのかもしれませんね。
ただ、『全く想像すらしていなかった』という方も決して少なくないので、20年という月日はどのようなことを引き起こすか全く読めないことが分かります。
当時の生活スタイルってこんなだった…後悔している人も多いのかもしれませんね。

次に、「当時の生活スタイルを教えてください」という質問をしたところ、『不規則な生活(44.9%)』という回答が最も多く、次いで『喫煙者(42.0%)』『肉中心や脂っこい食生活(41.8%)』『睡眠不足(37.6%)』『ストレスフル(31.6%)』『浴びるほどお酒を飲んでいた(19.5%)』と続きました。
薄毛は遺伝の他にも、喫煙や栄養バランスの乱れた食生活、ストレスなど、不規則な生活スタイルが影響することも分かっています。
現在薄毛でお悩みの方は、若い頃の不規則な生活が原因で薄毛を招いてしまったという場合もあるのでしょうね。

■後悔先に立たず、薄毛を自覚してからの対策は “時すでに遅し”

そこで、「当時の生活スタイルを後悔していますか?」という質問をしたところ、『はい(43.5%)』と回答した方と『いいえ(56.5%)』と回答した方がほぼ二分する結果となりました。
「あの頃あんな生活をしていなければ…」と後悔している方は多いようです。
今は薄毛じゃないからと油断していると、もしかしたら取り返しのつかないことになるかもしれませんね。
20年前の生活を後悔している“薄毛の先輩”も多いことが分かりましたが、実際に薄毛を自覚してからの対策では間に合わないのでしょうか?
そこで、「薄毛を自覚してから対策を講じていては遅いと思いますか?」という質問をしたところ、実に7割近くの方が『はい(67.4%)』と回答しました。
薄毛もシミやしわなどの肌老化と同じで、自覚してから必死に対策をしても“時すでに遅し”と感じる方が多いようです。

■もしタイムマシンが存在して20年前に戻れるとしたら? どのような対策を打つ?

「20年前に戻れるとしたらどのような対策を行いますか?」という質問をしたところ、『規則正しい生活を送る(30.3%)』という回答が『育毛剤やスカルプエッセンスを使う(28.2%)』という回答を僅差で上回り、堂々のトップに上りました。
やはり規則正しい生活をすることが薄毛を防ぐと考える方が多いようですが、それと同時に、育毛剤やスカルプエッセンスで強くたくましい毛髪をキープしたいと考えている方も同等数いるようです。
以降、『食生活を改善する(16.6%)』『禁煙する(9.0%)』『お酒を控える(6.0%)』と続きました。
薄毛を防ぎたい方は、栄養バランスのとれた食生活や禁煙、お酒を控えるなど規則正しい生活と、毛根が元気なうちからスカルプエッセンスなどで対策を講じることが大切ですね。

▷20年前に戻れたらコレやります!

・頭皮のケアと育毛(40代/神奈川県)
・変なスプレーとかを使わず育毛剤(40代/岡山県)
・ストレスを減らし、睡眠時間を充分にとる(50代/東京都)
・20代の頃から薬用の育毛トニックを使用していたが、もっと効果のある育毛剤を使用する(50代/北海道)
・毎日の洗髪と頭部の栄養補給とマッサージ(60代/大阪府)

■薄毛の対策、今は“こんな事”しています。効果はイマイチ!

薄毛となった現在は、どのような対策を講じているのでしょうか。「現在はどのような薄毛対策を行っていますか?」という質問をしたところ、『何もしていない』が63.4%。
それに対して、対策を講じている方は、 『育毛剤・スカルプエッセンス(27.1%)』『AGA治療(4.3%)』『かつら・増毛(1.7%)』という結果となりました。
AGA治療を行うクリニックも増えているようですが、多くの方にとって身近な対策法は育毛剤やスカルプエッセンスのようです。

しかしながら、「現在の薄毛対策に効果を感じていますか?」という質問をしたところ、『不満(22.4%)』『やや不満(40.4%)』『効果に不満』という回答が6割以上に上りました。

薄毛にお悩みで何かしらのケアをしている方の多くが、その効果に満足していないようです。せっかくケアをしているのに、イマイチ効果を感じられないのは残念ですよね。

******

今回の調査で、“薄毛の先輩”からの貴重なご意見を聞くことができました。結論としては、30代や40代でまだ大丈夫でも、油断は禁物と言えそうですね。また、薄毛を自覚してから対症療法を行うのでは既に手遅れ感も否めないことが分かりました。毛根が元気なうちから育毛を心掛けて、元気な毛根と髪が逃げていかないようにしたいですね。
最後に、現時点では毛根が元気という方に向けて、“薄毛の先輩”からアドバイスをいただきましたのご紹介します。

・髪を大事にしてください。ワカメを食べましょう(40代/広島県)
・いつまでもあると思うな親と金と毛(50代/新潟県)
・髪孝行、したい時に髪は無し(50代/福岡県)
・おやっと思ってからは、すぐですよ(60代/京都府)
・注意一時、毛が一生(60代/兵庫県)

調査概要:「あの頃の自分」に関する調査
【調査日】2020年6月4日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,134人
【調査対象】40代~60代の薄毛の男性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア