新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

ミルクティーにしても美味しい!ふくよかな香りと味わいの有機ルイボスティー

「RT」(問い合わせ先/0120・781・605)のルイボスティーは有機栽培。インターネットでも購入できる。

「RT」(問い合わせ先/0120・781・605)のルイボスティーは有機栽培。インターネットでも購入できる。

ここ数年、ルイボスティーを愛飲している。カフェインを含まないお茶であるがゆえに、就寝前にのんでも眠りを妨げる心配がないのがよい。最も寛(くつろ)げる時間帯の一杯のお茶は、一日の疲れを労(いたわ)ってくれる。

ルイボスティーの産地は世界でただひとつ、南アフリカである。「ルイボス」とは、現地の言葉で「赤い茂み」を意味する。300年以上も前から「不老長寿のお茶」として飲み続けられてきたという。

その色合いは紅茶を連想させるが、原料の茶葉は全く異なる。学名を「アスパラサス・リネアス」といい、豆科に属する低木の針のような葉。それを発酵、乾燥させると、美しい赤みを帯びたお茶になる。

ルイボスティーは独特な風味が強く、じつはあまり得意ではなかった。しかし、長野県・軽井沢の有機ルイボスティー専門店「RT」のお茶に出会ってから、すっかり宗旨替(しゅうしが)えすることになった。

クセがなく、その代わりにふくよかな香り、深い味わいがある。紅茶の味が産地や作り手によって異なるように、ルイボスティーにもこんなに味の差があるのだと知った。

「ルイボスティーは、紅茶と同じように牛乳を加えてミルクティーにしても美味しいんですよ」

そう教えてくれたのは、「RT」代表の前田るみ子さん。実際に試してみて、納得。紅茶のアッサムのように濃い色のルイボスティーにたっぷりの牛乳を注げば、美しいミルクティー色に変化する。お茶の味わいがさらにまろやかになって、また異なる美味しさを発揮するのだ。好みで、砂糖などの甘味を足してもよい。

前田さんの店では毎年、冬季限定で販売する、スパイスをブレンドした「ルイボス・チャイ」も人気。健康を気遣う相手への贈り物にも、お薦めしたいお茶である。

【RTea room -Rooibos Tea Shop-】
■所在地/長野県北佐久郡軽井沢町追分1739−7
■電話/0267-41-0669
■営業時間/12:00~16:30(LO:16:00)
■定休日/火曜日・水曜日(冬季は変更あり)
*12/27(火曜)~新年1/5(木曜)は休業
http://www.rtroom.co.jp/SHOP/freepage.php?id=41

写真・文/大沼聡子
※本記事は「まいにちサライ『食いしん坊の味手帖』」2013年12月9日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP