新着記事

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

お孫さんを連れてドライブに連れていくと、途中でぐずってしまったという経験はありませんか? 本田技研工業株式会社が、2人以上のお子さんを持ち、長男もしくは長女の年齢が3歳以上9歳以下である30代の男女を対象として、家族のドライブ事情について、調査を実施いたしました。おでかけ前、そしてドライブ中における子どものテンションや機嫌はどう変わるのでしょうか? 早速みていきましょう。

■「おでかけ途中に子どものテンションが下がることが多い」家族は65.2%

車でおでかけする前・準備しているときのお子さんのテンションについて尋ねると、「高い」もしくは「やや高い」という答えが89.1%と9割近くを占めており、出発前はほとんどの子どもがおでかけを楽しみにしていることが分かりました。

一方で、目的地までの道中・車の中でお子さんのテンションが下がってしまった体験について尋ねたところ、「よくある」(21.6%)「しばしばある」(43.6%)と合計65.2%の方が、ドライブ中に子どものテンションが下がることが多いと回答していました。

続けて、お子さんの機嫌が悪くなるのはドライブ開始から何時間を超えたあたりかという質問に対しては、「2時間以内」(43.3%)「1時間以内」(22.8%)と、半数以上のお子さんがドライブ開始から2時間以内に機嫌が悪くなっているということが分かりました。また、機嫌が悪くなる原因として当てはまるものに関しては、「中々目的地につかないから」(72.1%)「朝早くから車に乗って疲れてしまうから」(46.3%)「車の中のスペースが充分にないから」(32.4%)といった回答が上位となりました。

印象に残っているお子さんのテンションが下がったエピソードとしては、「渋滞などにハマってしまうと自分たちも多少イライラしてしまい、それが子どもたちにも伝わってしまう」「目的地にはまだ着かないの? と最初は笑顔で聞いてくるのですが、聞いてくる回数が増えてきて、徐々に機嫌が悪くなっていく」「チャイルドシートに乗っていると思うように身動きが取れないため、1~2時間が限界」など、多くの家族がドライブ中に子どもの機嫌を損ねてしまうシチュエーションに悩んでいることが伺えます。

■子どもの機嫌を保つコツは「動画を流す」「音楽を流す」「お菓子を食べさせる」などが上位

上記の調査結果から、多くの家族がドライブ中の子どものテンションや機嫌の変化に悩んでいることが分かりました。そんなご家族のために、ドライブ中にお子さんの機嫌が悪くなりにくい家族の様々な工夫を聞いてみました。
まず、ドライブ中に子どもの機嫌が悪くなることがあるかという質問に「あまりない」「まったくない」と答えた方へ、お子さんのテンションを下げないための工夫について質問したところ、「動画・DVDを流す」(53.6%)、「音楽をかけて、一緒に聴いたり歌ったりする」(49.0%)、「お菓子などを食べさせる」(48.4%)、「子どもに話かけ続ける」(39.2%)といった工夫が上位に挙がりました。
また、他にも子どもの機嫌を悪くしないための工夫としては、「ハンドルのような円形の筒を持たせて車の運転の真似事をさせると、一緒に運転しているような気になって機嫌がよくなった」「着いたら何をするか、何がしたいかや、こういった物がある、など具体的な事を伝え想像させた」「こまめにSAや道の駅などに立ち寄ると、気分も紛れていい」といった回答があり、こどものテンションを下げず、家族での時間を楽しくするために、それぞれの家族に独自の工夫があることが分かりました。

■親も子どもも車でおでかけしたいが、ドライブ中の子どもの機嫌に悩む家族が多数

「家族でのおでかけが多いことは子どもの成長に良い影響があると思うか」という質問に対して、94.4%の親が良い影響があると思うと回答しています。また、「家族におけるコミュニケーション」についての調査では、「家族そろって車でおでかけするのは好きですか」という質問に対して、98.4%の子どもが車でおでかけが好きと回答しています。
これらの調査から分かるように、親も子どもも車でのおでかけをしたいと思っている一方で、おでかけ中に子どもが機嫌を損ねることに関しては、どの家族も悩んでいるようです。

***

いかがでしたか? お孫さんをドライブに連れていくなら、楽しい時間をともに過ごしたいですよね。小さいお子さんはチャイルドシートに座っていると窮屈なもの。こまめに休憩を入れたり、映像や音楽を駆使しながら、車内にいる時間を快適にしてあげることで、ドライブそのものを好きになってもらいたいですね。

 

【調査概要】
■調査名 :「家族におけるコミュニケーションについて」
■調査対象:30代既婚男女442名(男性221名/女性221名)
<条件>・家族で車を所有しており、少なくとも週末は車を利用している
    ・2人以上の子供を持ち、長男もしくは長女の年齢が3歳以上9歳以下であること
■対象地域:全国
※グラフのパーセンテージは四捨五入されているため合計値が100にならないものもございます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」 長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かない…
  2. 福岡・仙台・大阪のドライバー2000名におすすめスポットを質問!| #令和ドライブ アンケート結果を公開 福岡・仙台・大阪のドライバーに聞いたおすすめドライブスポット| …
PAGE TOP