新着記事

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

文/印南敦史

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』
『138億年の人生論』(松井孝典 著、飛鳥新社)の著者は、「惑星科学」という分野を専門とする科学者。

その世界に飛び込んだきっかけは、学生時代にアポロ計画による月の探査に心酔したことだったという。そう聞いただけで共感できる方は、決して少なくないだろう。

いずれにしても、以後も好奇心にまかせて探求を続けるうち、「138億年前に宇宙が誕生してから現代にいたるまでの森羅万象」を研究範囲とするようになったのだというのだから、「好きこそ物の上手なれ」を地で行くような話である。

 さて、長年こうした知的研究を続けてきたなかで、気づいたことがあります。科学者としての私の研究は、私の「生き方」にも大きな恵みをもたらしてくれている、と。
どういうことかと言うと、人生でどんなトラブルが起きても、私はクヨクヨすることがほぼなくなったのです。人生がとてもスッキリしているのです。
私は現在72歳ですから、もちろん肉体的には老いに向かっています。それなりに持病もかかえていますし、胃がんをわずらい、死を覚悟したこともあります。また、過去には科学者としての挫折も経験しています。
それにもかかわらず、歳を重ねるごとに、私の研究活動はますます充実したものになり、人生はますます見晴らしがよく、スッキリとしたものになっているのです。
これは生来の性格と言うより、科学者としての探求生活で培った「宇宙スケールの視座」によるところが大きいと、私は考えます。(本書「まえがき」より引用)

本書は、科学者としておよそ半世紀を歩んできた著者が初めて著す「人生論」。具体的には、「人生」について著者が思索したことが、25の断章形式でまとめられている。

第5章「健康論」で明らかにしている、歳をとることについての考え方を見てみよう。

著者は現在、知的にも肉体的にも老いを感じることはさほどないのだそうだ。しかし興味深いのは、長年勤めた東京大学をあと1、2年で退官するというときのほうが、心も体も元気がなかったという事実である。

定年を迎えたら、どこかの私立大学で教えるだけの教授になって、あとは過去の仕事を整理したり、著作活動を続けたりしながら余生を送っていくのだろうと考えていたということ。

大学の定年を迎えるということは、研究の場を奪われるということである。したがって、手がけてきた研究をさらに深く展開していこうなどとは考えられなかったということ。

普通の会社員なら、嘱託として会社に残るような感覚だろうか。少なくともそれは、前向きな発想ではなさそうである。だからこそ現役生活の最後のころは、研究活動に向かう活力がなくなっていくのを実感したというのだ。

だが結果的には、東大の定年と同時に千葉工業大学から声がかかり、自由に研究を続けられることになった。そして「惑星探査研究センター」を立ち上げ、理学と工学にまたがる分野の研究をすることになる。

しかも自由が与えられ、自分が興味を覚えるものならなんでも研究していいということになっているというのだから、専門職としては理想的な環境であるといえよう。

本当にたまたまですが、もしそういう話がもちかけられていなければ、いまの私の元気さはなかったことでしょう。そうした経験から私は、やはり早く老いるかどうかの境目は、現役を続けているかどうかにあると確信しました。毎日、ワクワクしたり好奇心を働かせたりしていることで、脳が常に活性化しているのだと思います。(本書104~105ページより引用)

なお著者によると、研究にも体力が必要なのだそうだ。

集中してなにかを考えるにしても、執着心を持ち続けるにしても、資料をじっくり読み込むにしても、世界各地の地質や遺跡を調査するにしても、体力が不可欠だということ。

だから研究を行なっている以外の時間はなるべく運動するように心がけているそうで、具体的にはテニスをすることが多いのだとか。研究者には、ただ研究だけしていればいいというような印象があるが、実はそうでもなさそうなのである。

忙しくて月に1、2回しかテニスができないというような時期には、入浴時に鏡に映った自分の姿にゾッとすることがあるのだと明かしている。身体や脚の筋肉が、目に見えて細くなっているのがわかるというのだ。

意識的に鍛えないとすぐに衰えてしまうというわけで、それは老いのせいなのかもしれない。そこで、そんなときには外出時に目的地の駅の1つか2つ手前で降り、長めに歩くようにしているそうだ。

それでも不十分だと感じているとおっしゃるが、そうした心構えが大切であることは間違いないだろう。

たとえばこのように、「人生論」「幸福論」「仕事論」「人づきあい論」「健康論」「教養論」というテーマごとに著者の考え方がコンパクトにまとめられている。

どこからでも読むことができるので、興味を持ったところから読んでみるのもいいかもしれない。

『138億年の人生論』

松井孝典 著

飛鳥新社

定価:本体1000円+税

発行年2018年10月

『138億年の人生論』
文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP