新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【ビジネスの極意】なぜ日本企業が海外で苦戦するのか?

【ビジネスの極意】なぜ日本企業が海外で苦戦するのか?

日本企業が海外進出するのに重要なポイントとは何か? リーダーシップとマネジメントに悩む、すべてのビジネスパーソンのためのノウハウサイト「識学式リーダーシップ塾」から、日本企業が海外進出する際に検討しなければならないことを学ぼう。

* * *

海外進出するなら「日本式」を捨てるべき3つの理由

グローバル化の掛け声の中、日本企業が海外の顧客をターゲットにすることが、今まで以上に増えています。

東南アジア、私の住むマレーシアにも日系企業が進出してきています。少し前までは、製造業が多かったのですが、近年ではサービス業が目立ちます。

ユニクロ、楽天、無印良品、ダイソー、ファミリーマートなどはもちろんのこと、近年ではブックオフ、吉野家、吉本興業、角川書店など、おおよそ、グローバルとは関係のなさそうな会社も進出しているのが特徴です。

一方、これまでは国内で完結していたような、インバウンドの顧客を狙う地方自治体や、地方の鉄道、伝統工芸、地方の酒蔵なども、アジアへ顧客を求めて出てくるケースが増えています。

並行して、現地企業と協業したり、マーケティングで現地のインフルエンサーに宣伝をお願いする企業も増加中です。

ところが、進出してくる企業には失敗して撤退していく会社も多いです。

2019年1月内閣府がマレーシアで「クール・ジャパンセミナー」を行いました。マレーシアで働く日本人経営者たちが集まり、「なぜ日本企業が海外で苦戦するのか」をテーマにしたシンポジウムを行いました。[1]

ここに限らず、現地でマーケティングをしている人たちの声を聞くと、「日本式にこだわる」「日本式を捨てられない」ことが失敗に繋がるようです。

では、なぜ、日本式にこだわってはいけないのでしょうか。

メイド・イン・ジャパンを過信して失敗する

シンポジウムでは、多くの失敗が「メイド・イン・ジャパン」を過信することから起きているという報告がありました。「メイド・イン・ジャパンだから売れるだろう」と自信満々で日本製品を海外に持ってきたのに、思ったより売れない、というパターンは多いのです。

まず一つが過当競争です。

今やマレーシアでもタイでもシンガポールでも、日本製品は溢れています。マレーシアでも多くの日本食レストランが進出して、その後撤退しています。なぜかというと、数が多すぎるからです。これから進出する人は、日本製品というだけで、過当競争に陥っていることを認識しないとなりません。

次に、メイド・イン・ジャパンを過信するあまり、値段が高くなります。
東南アジアでは特に、日本製品はただでさえ「高い」という印象があります。さらに輸入関税やパッケージの変更などで、どうしても値段が上がってしまいます。ライバルである韓国や中国、台湾などの製品と比べられます。

現地の人はたとえ富裕層でも「高くても買う価値があるものかどうか」を厳しく判断します。「日本ブランド」は人気ですが、そこまでは通用しません。

日本人の好みと現地の好みは異なる

もうひとつの理由として、そもそも現地の人と日本人の感性が大きく異なっているということが挙げられます。

たとえば、マレーシアのダイソーでは甘塩味のおせんべいしか置いてありません。

ダイソーのマネジャーに理由を聞くと、「マレーシア人にはしょうゆ味のおせんべいは、塩辛すぎて受けない」というのです。いろいろ置いてみたが、売れ行きが悪かったと。実際にスーパーなどを見てみても、置いてある日本式のおせんべいのほとんどが甘い味です。

同様に、ラーメン店の多くも、味付けを日本人向けに塩辛くするか、マレーシア人向けに薄味にするかで悩んでいるようです。マレーシアでインスタントラーメンを食べてみればわかりますが、塩味が日本よりずっと少ないです。

パッケージングやPR方法も好みが異なります。
たとえば、日本人は開発秘話とか文字を読むのが好きです。一方、現地の人は長文は嫌われ、読んでもらえないことがあります。また、日本人好みの渋い色使いよりも、原色を使ったはっきりとした色味が好まれることもあります。

テレビやラジオの使い方、広告の見せ方一つ取っても、現地の人々に人気のあるスタイルは、日本のものとことごとく異なります。

つまり、日本人が日本の感覚で売ろうとしても戦えません。

よく考えてみたら、日本に入ってきている中華料理も、インド料理も、中国やインド本国とは違います。同じことなのに、なぜか逆の立場になると「本物の日本料理が喜ばれるはずだ」と思い込んでしまう経営者が多いです。

「プロダクト・アウト」の考え方では戦えない理由

日本企業が海外でものを売る場合、どうしても「日本の既存製品を海外で売る、プロダクト・アウト」方式になってしまうことが多いです。

しかしこの方法だとうまくいきません。現地でそもそも求められていないからです。これを「マーケット・イン」の発想に変えていくことが必要だと言われています。

そもそも、プロダクト・アウトとマーケット・インとはなんでしょうか。


プロダクトアウト(productout、productoriented)とは、企業が商品開発や生産を行う上で、作り手の理論や計画を優先させる方法のことです。買い手(顧客)のニーズよりも、「作り手がいいと思うものを作る」「作ったものを売る」という考え方です。
一方、マーケットイン(marketin、marketoriented)とは、ニーズを優先し、顧客の声や視点を重視して商品の企画・開発を行い、提供していくことです。プロダクトアウトの対義語であり、「顧客が望むものを作る」「売れるものだけを作り、提供する」という考え方です。[2]

マーケット・インの発想に寄せていくためには、現地のローカル社員と一緒に考えていくことが必要になってきます。本社の日本人だけで進出を考えていても、現地の人々のマーケット感覚はなかなかつかめません。

ではどうアピールするのが正解なのか

では、この難しい市場にどうアピールしていくべきでしょうか。

日本で輸入製品を売るときには、日本人バイヤーに品物を選ばせる会社が多いのではないでしょうか。日本のマーケットを知っているのは日本人ですから。

それであれば、海外では逆で、「現地のバイヤーが日本で見つけてきたもの」を売る、という考え方をした方が合理的だ、という意見がシンポジウムでも出ました。

「売ろうとするマーケットを知り尽くした現地の外国人」に日本に来てもらい、売れそうなものをピックアップしてもらう、という意見です。

観光業界はすでにそうなっています。ニセコや白川郷が外国人に大人気になったように、実はマーケットにいる外国人たち自身が「人気が出るもの」を作っていきます。本気でモノを売りたいのなら、頭脳部分に外国人を活用する必要があるのです。

日本企業がこれをやろうとすると、外国人スタッフをどうマネジメントしていくかという問題が出てきます。これもまた、日本式ではうまく行きません。たとえば、日本人はつい相手を怒鳴ったり叱ったりしてしまいますが、人前で相手を怒鳴るのは、東南アジアの多くの国ではNG。下手をすると、現地のスタッフから総スカンになってしまうこともあるので注意が必要です。ここでもまた、日本式を忘れないとならないのです。

まとめ

海外でモノを売る、というのは簡単ではありません。今後日本市場が縮小していく中で、多くの企業に海外進出は避けられない事態となっています。長い目で、マーケティング戦略を立てていくことも必要でしょう。

【参照】
[1]マレーシアマガジンhttp://www.malaysia-magazine.com/news/38404.html
[2]J-marketingnet
https://www.jmrlsi.co.jp/knowledge/yougo/my02/my0227.html

筆者:のもときょうこ
ライター・編集者。マレーシアマガジン編集長。現地で情報発信の仕事のほか、マレーシアでインバウンド(観光)やマーケティングなどの仕事に従事している。最新刊「日本人は「やめる練習」がたりてない(集英社新書)」発売中。
https://note.mu/kyoukn
https://twitter.com/mahisan8181

* * *

いかがだっただろうか。日本企業が海外に進出する際には、まず「日本式」を見直すということの重要性がおわかりいただけただろうか。

引用:識学式リーダーシップ塾 https://leadership.shikigaku.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか? 【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?…
  2. 【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書 【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの…
  3. 【ビジネスの極意】課長のマネジメント力を高める「グーグルの8習慣」 【ビジネスの極意】課長のマネジメント力を高める「グーグルの8習慣…
  4. 【ビジネスの極意】マーク・ザッカーバーグはなぜ「Facebook」を生み出せたのか? 【ビジネスの極意】マーク・ザッカーバーグはなぜ「Facebook…
  5. 【ビジネスの極意】「万学の祖」アリストテレスの相手を納得させる5つの話し方 【ビジネスの極意】「万学の祖」アリストテレスの相手を納得させる5…
PAGE TOP